全国の通信記事

2017年5月28日号

大阪市 信徒青年会総会

大阪市170609①【大阪市】五月二十八日(日)午後五時より宗務事務所において、松井英光宗務所長・二ノ丸覚立青年会会長臨席のもと、大阪市管区信徒青年会(藤本英一郎会長)の総会が行われた。
昨年度の活動報告・決算報告、今年度の活動計画・予算などが滞りなく議決された。
藤本英一郎会長は、挨拶で「昨年度は、宗務所行事・各御寺院様の行事において、纏を九回させて戴きました。仕事等などで会員が中々出席できない状況ですが、今年度もより多くの機会で振らせて戴きたい。」と述べ、また三原充久副会長は、閉式の辞において「管内のお上人方、お檀家様など様々な方に支えられて活動を継続することが出来ております。中々思うようにいかないこともありますが、今後も会員やお寺と関わりのある方と集まる機会を増やしていきたいと思っております。」と述べられた。
総会終了後には、信徒青年会会員・宗務所長・日青会員等と親睦会も行われた。

2017年5月21日号

兵庫北 檀信徒協議会総会と研修会

兵北170522 (1)【兵庫北】宗務所(宮﨑英一宗務所長)は5月21日、檀信徒協議会(宿南登会長)との合同総会と、教師・寺庭婦人・総代リーダー研修会を豊岡市出石町本高寺(宮﨑英一住職)で開催した。
午前10時より本堂で法味言上の後、宗務所・壇信徒協議会合同総会が書院で開催され、僧侶・総代合わせて37人が出席し、前年度の事業活動および会計の決算報告と、今年度の会計予算・事業計画等、議題にそって協議を行った。
その後、昼食を挟んで午後1時30分から、佐藤光昶師(兵庫県明石市妙立寺住職)の「・・・つもり違い」 ?立正安国論お題目結縁運動? と題して講演が行われ、僧侶・寺庭婦人・総代合わせて90人が参加した。
講演では、「高いつもりで低いのは?」「答えは教養。教養とは品位・品格を伴う知識であって、知識をひけらかせて自慢する物ではない」などの10の質問とその答えが書かれた資料を使って、「日常の自分たちの行動は、実はしているつもりであって実際にはそれとは違うことをしている」と説明された。また「お寺の本堂にお参りし、法華経を読み、お題目を唱えて、お釈迦様・日蓮聖人と対峙して自分を見つめ、自分の心に問いただし、・・・のつもりや違いがないか反省すること」そして、「講演等で良い話を聴いたなら、それを他の人に伝えるのが大切である」と説明され、参加者はメモを取りながら熱心に講演を聴いていた。

2017年5月13日号

大阪三島 檀信徒協議会定期総会

三島170529b (2)hp【大阪三島】檀信徒協議会定期総会が5月13日に、高槻市内で開催された。例年7月に開催される総会だが、3月末の会長辞任に伴い、本年は2ヶ月繰り上げて開催された。
平成28年度の報告や平成29年度の事業計画と予算は、副会長が代行して議事が進められ、全員賛成で可決された。その後、役員改選が行われ、新しい会長に梶村正俊氏が選出された。
梶村氏は、昨年度より「管内寺院をもっと知ろう」をスローガンに始まった、檀信徒協議会主催の管内寺院参拝をより推進し、宗務所と檀信徒協議会が、今まで以上に密接に連携できるように、積極的に取り組みたいと抱負を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07