全国の通信記事

2017年3月9日号

千葉西 吉野了榮(俊性院日啓)上人本葬儀

DSC_0775【千葉西】長生村本延寺(吉野了廣代務住職)で3月9日(木)10時より、同寺38世・本養寺47世・陽光寺47世吉野了榮(俊性院日啓)上人の本葬儀が土井了真師(長生村法輪寺住職)を導師に執り行われ、法縁・管内有縁の僧侶並びに檀信徒200人が参列した。
吉野了榮師は大正14年生まれで昭和14年に出家得度、法歴は78年に及び、宗務所では参事、協議員を歴任し平成3年には宗務副長を務めた。また、昭和50年より修法師会長として管内修法師をまとめ、新就学児への交通安全祈祷や、青年会の前身である「無畏の会」の結成に関わり、唱題行脚や読誦会を通じ青年僧と一緒に研鑽した。多くを語らず、常に自転車で移動し護寺丹精に励まれる上人の姿は、便利さや合理性を求める現代の後輩僧への模範となっていた。平成18年に一級法功章、平成22年には権大僧正へ昇叙。3月1日遷化。世壽93歳。

2017年2月15日号

兵庫東 山口龍晋上人本葬儀

兵東170220a (4)【兵庫東】平成29年2月15日明石市妙栄寺(山口顕慎住職)において、第4世中興開基院首山口龍晋上人、泰道院日仙上人の本葬儀が奉行され、檀信徒200名ほどが参列した。
妙栄寺の正干与で宗務所長の釈孝修上人より引導文の中で「泰道院日仙上人は本堂、妙見堂、山門、庫裡、信徒会館と一から建立したが震災でほぼ倒壊したお寺ももう一度再建しなおした。」と功績を讃えた。
山口住職は挨拶の中で「先代は本日の妙栄寺の基礎固めをしてくれた。それは単に院首一人だけで作ったのではなく皆の協力があってこそである。その恩に報いるように自ら益々精進して、妙栄寺を発展させていく所存である。」と志を涙ながらに述べた。

2017年1月30日号

静岡中 則武海園(顕修院日英)上人本葬儀

静中170217 (3)【静岡中】富士市妙蓮寺(則武海源住職)で、本年1月3日に遷化された同寺第二十五世住職・身延山麓坊第四十六世則武海園(かいえん)上人(顕修院日英上人)の本葬儀が、1月30日に遠藤文祥師(富士市妙祥寺住職)を導師に営まれ、僧侶檀信徒約四百人が参加した。
海園上人は昭和30年に同寺住職に就任して以来、管区社会教化事業協会会長や宗務所長、立教開宗七五〇年慶讃会支部長などを務め、宗門の発展に寄与した。また社会的には須津地区の青少年問題対策委員長や富士市青少年保護育成連絡会の理事を務めるなど、青少年の活動促進や育成に尽力した。
海源住職は謝辞で「先代はまじめで厳しい方でした。でもその中に優しさがある、昔ながらの正義漢でした。師父の遺志を継ぎ、お寺を護っていきたい」と決意を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07