全国の通信記事

2019年7月29日号

長崎 西海市大徳寺で燈継承式

長崎190826 (2)【長崎】西海市西彼町大徳寺で7月29日、第8世加藤功承師の法燈継承式と第7世加藤法明上人の本葬が営まれた。
正干与の渡部智文上人から功承師へと払子が渡され、功承新住職は「檀信徒と異体同心にして法華経の広宣流布に努め、師父上人が大切にしていた言葉である『歩み入るものに安らぎを、去りゆくものに幸せを』の言葉を実践していきます。」と決意を述べた。
その後、渡部智文宗務所長を導師に令和元年5月8日に遷化された第7世加藤法明上人の本葬が営まれた。
法明師は、43年間大徳寺住職を勤め、その間、本堂・位牌堂移転建立、納骨堂建築、山門建築等寺観を一新し、地区参事・専任布教師・宗務担当事務長・伝道担当事務長・九州布教師連合会長等勤めた。また25年間保護司として活躍、法務大臣表彰を受けるなど多くの功績を残した。話題の豊富さ、法話の巧みさを惜しむ声が聞かれた。

2019年7月22日号

山形 佐藤妙順上人本葬儀

【山形】令和元年7月22日、酒田市孝祥寺において第2世佐藤妙順(妙龍院日順)上人の本葬儀が営まれ、孝祥寺有縁の寺院や多くの檀信徒が参列した。式中では参列した檀信徒が妙順上人を偲び、一緒にお題目を唱え、焼香する姿が印象的であった。式の最後で、喪主を務めた住職の佐藤義紘上人は「妙順上人はとても明るく、和やかな人柄で多くの方々から愛されたお上人であった。」と生前の妙順上人を懐かしみ、謝辞を述べた。

2019年6月30日号

愛媛 松山市正念寺で本葬儀と入寺式

愛媛190704①【愛媛】松山市正念寺で第24世山下泰温上人の本葬儀および第25世宮澤圭典師の入寺報告式が6月30日に営まれ、松山門中会・愛媛県管内寺院などの有縁の僧侶ならびに檀信徒約200人が参列した。
13時から、雨上がりの空のもと本堂にて松山市大法寺御院首の関谷泰教師御導師のもと、第24世山下泰温上人(遠持院日秀上人)の本葬儀が行われた。山下上人は、大法寺第29世遠明院日詮上人に師事得度、その後信行道場、大荒行堂と幾多の修行を重ねられ、昭和25年妙宣寺、昭和42年瑞応寺、昭和60年正念寺の住職を経て、檀信徒の教化に精進された。宗内においては修法師会長、布教師会長、社会教導師会長、護法担当事務長の重責を全うし、宗外においても保護司、教戒師、交通安全協会役員など、数多くの役職を受けられ社会に貢献されている。式中、参列した檀信徒が生前の山下泰温師を偲び、静かに掌を合わせていた。本年5月15日遷化。世寿94歳。
入寺報告式では、正念寺檀信徒筆頭総代の今廣勝彦氏から招請の儀、愛媛県宗務所長の清家静元師から辞令伝達、正干与である瑞応寺御山主の川井邦正師から新住職である宮澤師に法灯継承の払子が授与された。祝辞では、上行寺御山主川井泰誠師が「どうか檀信徒の皆様と一緒に笑顔で此の岸より彼の岸へ渡っていける人生を送っていけるようご精進、よろしくお願い致します。」と述べた。最後の謝辞にて新住職の宮澤師から「今後、正念寺を開かれたみんなのお寺にしていきたい。祖父の山下泰温師が支えてくれたこの正念寺をさらに盛り立てて頑張っていきたいと思いますので、今後ともご指導ご鞭撻、ご協力の方をよろしくお願い致します。」と、新たな決意を力強く述べていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07