全国の通信記事

2022年4月22日号

千葉東 本國寺寺庭婦人土屋靖子さん逝去

千東220509②hpのみ【千葉東】4月22日、大網白里市本國寺住職土屋賢泰師のご令室、土屋靖子様が逝去され、

同寺で4月30日通夜、5月1日葬儀が営まれた。世寿は84歳。法号は浄妙院慈修日靖大姉。

通夜・葬儀とも導師は山口裕光師(什師会会長・台東区妙経寺住職)が勤め、

千葉県東部青年会(長谷川雄宣会長)の会員が出仕した。

土屋靖子様は本國寺の寺庭婦人として、仏祖三宝に給仕し、住職を支えて檀信徒の教化に尽力した。

賢泰師は謝辞の中で靖子様との忘れられない思い出として2つの出来事をあげていた。

1つは平成10年から5年の歳月をかけた千葉県指定文化財の本堂の平成大修理。

そして文化財としての本堂の活用と文化の発信を目的として令和元年まで17年続いた、

文化フェスタin本國寺の開催でした。

どちらも檀信徒の協力と靖子様の明るい性格と内助の力なくしては出来なかったと述べた。

多くの檀信徒が参列し、靖子様との別れを悲しんでいた。

2022年4月16日号

京都1 訃報・安藤順冠師

京一220424【京都1】法音寺京都支院前主管、並びに、妙釈院第三十八世安藤順冠(泰見院日保)上人が4月16日に御遷化された。世寿86歳。18日に通夜、19日に葬儀式が執り行われ、管内有縁の僧侶や多くの檀信徒が参列し、増円妙道を祈念した。安藤上人は優しいお人柄で、多くの人に慕われていた。また、寺門の繁栄、檀信徒の教化、法華経弘通に辛苦を惜しまず、まさに法華経色読の上人であった。

2022年4月11日号

京都1 訃報・平尾太淳師

【京都1】去る4月11日、妙見寺第六世 圓乗院妙静日淳法尼(平尾太淳庵主、世寿95歳)が御遷化された。13日に本葬儀が京都市山科区妙見寺に於いて導師石本雄嗣師(玉樹院住職)のもと執り行われ、管内有縁の僧侶や檀信徒等多くの参列者が訪れ増円妙道を祈念した。

平尾太淳庵主は檀信徒と協力を得、妙見堂改修と寺観を整え、平成元年には三十三年に一度の妙見様ご開帳の指揮を執り、天童百二十人に余る大行列を組んでの大法要を営まれた。令和三年に二度目の大法要を迎える前に病に倒れ法要に参加できずも、檀信徒一同と共に、妙見堂内陣改修、永代供養塔建立、境内整備の記念事業を無事完成した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07