全国の通信記事

2017年5月17日号

埼玉・和光市妙典寺で入寺式並びに本葬儀式

埼玉170620 (1)【埼玉】5月17日、和光市長光山妙典寺において第五十世永長正典上人入寺式。
並びに、去る平成29年2月7日に遷化された第四十九世永長海晃(慈妙院日典)
上人の本葬義が行われた。
午前11時より、正典上人の入寺式が行われ僧侶・檀信徒約250名が参列した。
法要に先立ち、小林順光宗務総長名の辞令が三枝泰英埼玉県宗務所長によって
正典上人に伝達され法要が進められた。
新住職謝辞では「歴代のお上人が、脈々と当山の法燈を受け継ぎ新倉(にいくら)子安の霊場が今日にいたっています。この由緒深き妙典寺の法燈を、本日多くの皆様の前で継承させていただき誠に光栄なことであるとともに、大変な重責を感じています。これからも精進と努力を重ね当山の護持発展に努めてまいります」と述べた。
午後2時から、前住職第四十九世永長海晃(慈妙院日典)上人の本葬義が、外岡信昭北足立布教会会長を導師に営まれ、前住職の長きに渡る功績と人柄をあらわすように僧侶・檀信徒約300名が参列した。
葬儀委員長を務めた妙顕寺住職・齋藤純孝上人は挨拶のなかで「慈妙院日典上人は、小学校五年生の時に師父を亡くされて、度々卒塔婆を書いてもらうため和光から戸田までの道のりを卒塔婆を持ち徒歩で行き来していたそうで、そのような大変なご苦労をされた日典上人であったからこそ妙典寺様への熱い思いをもって約60年に渡り護持丹精なされたのだと思います」と話した。
遺弟、正典上人は謝辞で「師父は、晩年体調がすぐれず一人では本堂に来ることも出来なくなり、それでも法務をこなそうとしたり、寺の行事を常に気にしていたりと、最後まで勤めを果たそうとしていました。これも60年近く住職をした妙典寺への強い思い、皆々様への感謝の気持ちがあったからだと思います。これからも、皆様方への報恩感謝の気持ちを忘れることなく師父が守り続けた妙典寺を護持できるよう努めて参ります」と述べた。
法要後、本葬儀の導師を務めた外岡会長は参列した僧侶を前に、海晃前住職の無口でとてもシャイな性格であった思い出を話し海晃前住職を偲んだ。

2017年5月3日号

善立院 第28世 杉山佳裕師(瑞鳳院日裕上人)本葬儀

京一1705015③【京都1】 京都市善立院第28世 杉山佳裕(瑞鳳院日裕)上人が5月3日御遷化された。世寿50歳。
7日午前11時より本葬儀が、新林錬昭師(京都市眞福寺住職・達師法縁京都支部長)を導師に営まれ、杉山上人の遺徳を偲び僧侶、檀信徒、近所の方々等多くの参列者が訪れ増円妙道を祈念した。
杉山師は、昭和43年生まれ。立正大学仏教学部仏教学科卒業。平成17年12月善立院第28世住職に就任。就任後は、寺門丹精・寺檀和融に精進。宗務所では京都日蓮宗青年会会長、参事、会計、協議員、選挙管理委員長を歴任。また、本山頂妙寺執事として責務を全うされた。宗外では、学区の市政協力委員を務め大いに社会に貢献された。
最後に善立院院首・師父杉山学章師が声を絞り出し参列の御礼を述べられた。

2017年4月29日号

山梨2 海沼啓文上人本葬儀

【山梨2】4月29日、市川三郷町宮澤寺第33世海沼啓文上人(世寿92歳、法号啓文院日顕上人)の本葬儀が、導師に本隆寺岡義通上人、式集に山梨県第2部声明師会を迎えて行われた。
参集した檀信徒、近隣寺院の面々は、在りし日の海沼上人のお姿に思いを馳せ、別れを惜しんだ。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07