全国の通信記事

2022年12月10日号

三重 訃報・松井如伸上人

【三重】12月10日、松井如伸上人(三重県菰野町 泰平寺)が遷化された。世壽81歳。泰平寺で12月13日に葬儀がいとなまれた。

松井如伸上人(如伸院日祥上人)。

昭和43年、第一期信行道場を終了。

昭和56年、泰平寺住職に就任。

昭和47年、宗務所参事に就任。

昭和62年、宗務所会計監査に就任。

昭和54年、三重日蓮宗青年会会長に就任。

平成5年、開宗750年身延山奉行本部推進委員を委嘱。

平成15年、協議員副議長に就任。

2022年11月16日号

静岡東 訃報・河合精一師

【静岡東】河合精一師(静岡県三島市妙泉寺第41世)11月16日遷化法寿94歳。

法号は本秀院日徳上人。本葬儀は11月24日、本山玉沢妙法華寺貫首小池日恩猊下を大導師に営まれた。

師は長年学校教員として奉職し教え子も多く、本堂庫裡客殿を新築し寺観を一新した。

また通夜法要は、信行道場以来親交のあった鶴田龍聖師(三島市蓮久寺院首)を導師に営まれ、

導師による追悼の辞にて語られた思い出話は参列者の涙を誘った。

2022年10月22日号

新潟西 平山要秀上人本葬儀

新西221031【新潟西】十月二十二日、柏崎市の萬福寺四十六世 遠徳院日祥上人(平山要秀上人)の本葬儀が、執り行われた。葬儀の導師は大本山清澄寺の別当の齊藤憲一僧正(市内東城寺住職)が務め市内の日蓮宗寺院が出仕し、多くの檀信徒が参列した。

上人は平成四年から30年にわたり同寺の住職をつとめ、修法道の研鑽に励み平成十八年には日蓮宗大荒行の五行成満し檀信徒教化に尽力し柏崎地域のみならず多くの檀信徒に慕われた。

宗内では、修法師会長、協議員議長などの要職を努め修法師として活躍した。

喪主を努めた萬福寺の副住職の平山要輝上人は謝辞にて「日祥上人は豪快な人物と知られていると思います。私もその姿に憧れを懐き目標としていましたが、一方とても繊細なところがあり、その姿勢から多くの事を学ばせて頂いきました。これから僧侶として師父を越えられるよう精進したいと思いますのでどうか見守って下さい。」と師匠であり父である日祥上人への思いを語った。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07