全国の通信記事

2018年12月1日号

大阪豊能 第10回能勢門中寺院巡り

豊能181205 (2)【大阪豊能】宗務所(山下正淳宗務所長)が主催する豊能連合立正婦人会の第10回能勢門中寺院巡りが12月1日、能勢町圓珠寺(山下正淳住職)で開催され、檀信徒67人が参拝した。
法味言上後、山下住職から「当寺の山号龍淵山は、能勢地方における数十日間の日照りによる大干魃に際し、御開山の寂照院日乾上人が龍ヶ淵にて読経雨乞い祈祷を行い大雨の顕益を得たという故事に由来している」等の由緒沿革、勧請されている諸仏諸天善神の説明が行われた。
堂内には江戸時代当時の史料等が展示され、参加者は熱心に見入っていた。その後、髙川豊行声明師会長の講義があり、日蓮聖人御一代記を讃えた『能勢の歌題目』の解説が行われた。

2018年11月12日号

神奈川3 日蓮聖人星下り霊跡三ヵ寺団体参拝

神三181205b (2)hp【神奈川3】神奈川県第三部檀信徒協議会(古谷利夫会長)は十一月十二日(月)、神奈川県厚木市の日蓮大聖人ご霊跡である星下り三ヶ寺を巡る団体参拝を檀信徒・教師六十一名参加のもと行った。
午前十時半、一行はまず妙傳寺祖師堂にて御開帳を受けた。ご開帳後、境内にて厚木市の指定文化財になっている木造釈迦如来立像や木造毘沙門天・持国天立像等を拝観した。
昼食の後、蓮生寺続いて本山妙純寺においてご開帳を受けた。妙純寺では境内にて星弘道貫首を交えて集合記念撮影が行われた。
三ヵ寺共にご開帳の後、貫首・住職より佐渡流罪に遭われる直前の日蓮大聖人や星下りの名前の由来になった明星の縁起の話しがあり聴き入る参加者の姿が見られた。

2018年11月3日号

千葉西 檀信徒青年会連絡協議会が七面山登詣

DSC_0263【千葉西】檀信徒青年会連絡協議会(鈴木敏文会長)は11月3日(土)~4日(日)の1泊2日で七面山登詣を行い、教師・檀信徒6名が参加した。早朝6時に茂原市を出発し、11時に七面山に到着。麓の雄滝にて参加の畠山義浄師(茂原市實相寺住職)と田澤裕泰師(茂原市妙弘寺修徒)が水行を行った。見学した参加者も雄滝で顔と手を清めて12時に登詣を開始した。休憩を挟みながら約5時間掛けて全員で登頂し、夕食後に御開帳を受け、午後9時に就寝した。
明朝は残念ながら雲がかかり御来光は遥拝できなかったが、唱題をしながら空全体が明るくなっていく様子を体験する事ができた。朝食後の7時に下山をはじめて10時半に麓の増田屋にて休憩と昼食をとった。12時に身延山久遠寺へ向けて出発し、身延山では御廟所、大堂、釈迦堂を畠山師の説明を受けながらお参りした。午後2時、総務寮にて持田日勇猊下(本山藻原寺貫首)に挨拶し、午後3時に帰路となった。今回は6名と少人数ではあったが、道中では質問や感想を述べ合う等、参加者も気楽に会話が飛び交った。鈴木会長も「参加者が少なく不安ではあったが、感動を共有できた事がうれしい」と、少人数が故の中身の濃い充実した団参となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07