全国の通信記事

2017年4月16日号

山梨2 護法団体参拝

山二170419【山梨2】4月16、17日山梨2部宗務所による護法団参が行われ、荻沼要淳所長を団長として、僧侶、檀信徒計100名での京都参拝となった。本山本法寺、教王護国寺(東寺)、三十三間堂に伺い、本法寺では特別の計らいを頂き、長谷川等伯画「仏涅槃図」の実物を拝観。東寺では国宝五重塔内部を拝観させて頂いた。普段目にすることのできない宝物に接する機会となった今回の団参は、大変意義深いものとなった。

2017年3月30日号

秋田県宗務所・東日本大震災第7回忌慰霊団体参拝

秋田170406②【秋田】
日蓮宗秋田県宗務所・伝道会(柴田寛彦所長)主催、東日本大震災第7回忌慰霊団体参拝が3月30、31日に行われ、県内の僧侶・檀信徒24名が参加した。初日は、早朝よりバスで東北教区東日本大震災第7回忌法要が行なわれる、宮城県七ヶ浜国際村へと移動。法要では、東北教区長(阿部是秀師)を導師に、追善供養・復興祈願を祈り、唱題では参加檀信徒が法鼓を打ち鳴らし供養の念を一心に捧げた。
二日目は、震災当日の津波避難場所にもなった石巻日和山公園を訪れ、自我偈・唱題、そして参加者全員で「いのりの言葉」を読み上げた。
また、市内を一望できる当公園から街並みを見た檀信徒からは、「6年が経過した今も尚、復興途中にある現実を見ると、改めて震災の甚大さというのを感じた。ここに避難してきた方々は、津波に飲まれていく街を見てどんな気持ちであっただろうか。心中を察するといたたまれない気持ちになる」と話した。
続いて訪れた陸前高田市では、海岸近くにある道の駅に於いて追善回向が読み上げられた。震災時は14・5メートルもの高さの津波が襲ってきたといい、現在も震災当時のまま建物が残り、その荒れ果てた様子を見て涙する檀信徒も見受けられた。
最後は同市内にある海雲山妙恩寺(風間文静代務住職)を参拝し、慰霊法要が厳修された。堂内の中心には世界平和と犠牲者慰霊の為に作られた悲母観世音菩薩像があり、被災地の希望の灯となっている。全行程を終えた参加者からは「今回は7回忌という事で一つの節目ではあったが、これで終わる事無く、これからも供養する気持ちを持ち続けていきたい」と述べた。

2017年3月11日号

山梨3 身延山輪番奉仕

山三170425【山梨3】一組檀信徒協議会(小林修会長)は三月十一日、身延山輪番奉仕を行った。
毎年恒例になった組寺院檀信徒での身延山輪番奉仕は今回で七回目になるが、僧侶、檀信徒合わせて約二百名が参加した。
行衣と肩章を身に着けた一行は大客殿に集り、まずは村松潮隆身延山布教部長(積善坊住職)の法話を拝聴した。
村松師は『小乗と大乗』の話をわかりやすく解説した。
午後からは輪番の委嘱を受けた大蓮寺望月義仁師(大蓮寺住職)を導師に大本堂にて輪番奉仕の法儀を行った。
望月師は挨拶の中で、「この身も引き締まるような感激をもって、今後とも管内の上人と共にお題目弘通に邁進していきたい」と話し、この日の大勢の参拝に対してお礼を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07