全国の通信記事

2022年9月29日号

静岡中 寺庭婦人会が祖山登詣

静中221004①【静岡中】日蓮宗静岡県中部寺庭婦人会は令和4年度の研修として9月29日、総本山身延山久遠寺への祖山登詣を行った。橋爪玲子会長をはじめ寺庭婦人29名が行衣に身支度を整え内野日総法主猊下に面会した。静岡県を襲った先の台風による水害で被害を受けながらも参詣した寺庭婦人らに法主猊下から労いの言葉をかけられた。面会後、一同は輪番奉仕として塚本智秀静岡中部宗務所長を導師に御真骨堂拝殿において宗祖報恩の祈りを捧げた。終了後には豊田慈ちょう(言偏に登)布教部長より「寺庭婦人の為になるお話」と題して講話があり、法華経の分かりやすい説話に耳を傾けた。引率した橋爪玲子会長は「コロナ禍で開催可否が不透明な中、水害で残念ながら来れなかった会員さんたちの思いも合わせて覚悟を持って身延山にお参りできた事、大変嬉しく思っております。」と述べられた。

2022年9月1日号

神奈川3 オペラ鑑賞と本山団体参拝

神三220914①【神奈川3】9月1日(木)、宗務所(山﨑浩道所長)は堀之内妙法寺・オペラ鑑賞団体参拝を行った。コロナ禍に関わらず、教師・檀信徒合わせて100余名が参加。バス3台に分かれて移動した。

参加者は8:30より大磯・伊勢原・小田原等に集合し、まず、本山堀之内妙法寺を目指した。到着後、記念写真を撮影し、厄除け祖師像のご開帳・諸堂の案内を受けた。一同は若い僧侶の力強い読経の声に聞き入り、奇跡的に東京大空襲を免れた江戸時代以来の建造物を堪能した。

その後のオペラ鑑賞は、新国立劇場にて上演。「初めてのオペラで台詞の聞き取りに苦労した」という感想がありながらも「日蓮聖人のご一代記を振り返ることができ楽しい時間を過ごせた」「うまく言葉で説明できないが感動的だった。芸術の力はすごい」という感想が挙がった。

新型コロナウイルス感染症の流行により、宗務所主催の団体参拝は3年ぶりである。一行は久しぶりの団体参拝を満喫し、帰路、思い出話に花を咲かせた。

2022年8月30日号

千葉東 清澄寺旭が森銅像建立100年記念法要へ

千東220906③【千葉東】8月30日、清澄寺旭が森銅像建立100年の記念法要に、日蓮宗千葉県東部宗務所(冨永観瑞宗務所長)より檀信徒協議会役員と区役員および宗務所事務局総数20名にて参列団参を実施した。はじめに清澄寺の宮崎雅宣執事長による銅像の縁起説明があり、その後新たに出来たスロープを登り、旭が森日蓮大聖人立教開宗銅像の前にて整列した。法要は、菅野日彰管長猊下大導師のもと、副導師には清澄寺別当猊下と千葉県4管区宗務所長が出仕して銅像建立100年の記念法要が営まれた。その後、研修道場講堂にて身延山久遠寺の豊田慈證布教部長による記念講演を拝聴した。参加した檀信徒や教師は意義深き日に参拝できた喜びで満足されていた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07