全国の通信記事

2017年12月2日号

大阪豊能 第8回能勢門中寺院巡り

豊能171206 (1)【大阪豊能】宗務所(山下正淳所長)主催の豊能連合立正婦人会第8回能勢門中寺院巡りが12月2日、能勢町法華寺(服部厚志住職)で開催され、48人が参拝した。
同寺は真言宗香法庵として始まる。慶長10年(1605)寂照院日乾上人の巡錫に際し帰依改宗した由緒沿革や、同寺が所在する稲地地区の名所を服部住職が紹介した。なかでも、境内に立つ仏教詩人坂村真民の「念ずれば花ひらく」の大詩碑が参加者の関心を集めていた。
その後、髙川豊行声明師会長が日常の仏事作法を講義。声明の説明があり、「難しいかもしれないが上手に行うことが本義ではない。内にある信仰心が所作に表れることを目標に精進してほしい」と説いた。

2017年11月21日号

東京西 檀信徒団参・本山瑞輪寺へ

東西171208④【東京西】十一月二十一日(火)、立正安国・お題目結縁運動の一環として、東京都西部宗務所(茂田井教洵所長)は本山谷中瑞輪寺・上野博物館・浅草方面の檀信徒団参を行い、僧侶檀信徒七十名が参加した。
当日は新宿駅と八王子駅にそれぞれ集合し、バスで本山谷中瑞輪寺に向かった。井上日修貫首(身延山久遠寺総務)御導師のもと御開帳を受けた後、寺中拝観、寺歴の説明を受けた。
拝観後、バスで上野博物館へ移動し、興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」を見学。全国より運慶をはじめとし、父である康慶、息子の湛慶、康弁ら家族三代に渡る作品が集められ、運慶の作品に至っては生涯の作品の約三分の二が集められた過去最大規模の運慶展。門外不出のお像も展示されており、檀信徒の方々、教師も興味深く観覧した。
その後、昼食は両国にてちゃんこ鍋を頂き、浅草に移動し、浅草寺周辺の自由散策を行い、帰路についた。

2017年11月18日号

山梨3 二組檀信徒協議会が身延山輪番奉仕

山三171121 (2)hp用【山梨3】二組檀信徒協議会(荻野由則会長)は11月18日、身延山輪番奉仕を行った。
毎年恒例になった組寺院檀信徒での身延山輪番奉仕は参加寺院が14ヵ寺で今回54回目になるが、初参加の方も増え165名もの檀信徒が参加した。
一行は行衣に肩章というお揃いの姿で大客殿に集まると、まずは本部の局員より1日の日程の説明を受け、その後、教師が合流すると、内野日総法主猊下より委嘱を受け、ご挨拶を頂戴し、大本堂にて本覚寺住職・板倉本諭師を導師に輪番奉仕の法要を行った。
法要の中では今回で10回目の輪番を迎えた本覚寺檀信徒の上野京子さん、20回目を迎えた泉能寺檀信徒の河西佳枝子さん、法源寺檀信徒の澤登伴子さん、沢登紀久子さんの合計4名が表彰を受け、
受賞者の4名は身延山のお祖師様の前での表彰とあって緊張しながらも、長年の信仰と努力の賜である表彰状を拝受出来たことに喜びの表情を浮かべていた。
今回の輪番導師を努めた板倉師は挨拶の中で、「私は平成12年に身延山高校に入学し、本山の在院生として7年間僧道生活をし、時の法主猊下の下で随身給仕を学ばせて頂きました。7年間この本堂で、朝勤時には侍者としてお導師様の脇に付き礼盤の横に座り妙経読誦をしていたあの頃が目に浮かんできます。今卒業をして10年が経ち、この礼盤に座して三宝様に正対し面奉させていただく事、又、自分の発声で皆様と大きな声でお題目を唱えられたことは身に余る勧喜です」と感謝の挨拶をし、参加者に、今後も変わらぬ信仰を持っての祖山参詣をすることを願った。挨拶を聞いていた当寺の檀信徒は、真剣な面持ちで菩提寺住職の小僧時代の話に耳を傾けていた。
毎年11月の寒い時期で行われる2組輪番奉仕だが、法要の中でお題目を一心にお唱えした檀信徒の方々は、奉仕が終わる時には寒さで険しかった表情が、安穏で温かな表情に変化し、釈尊、お祖師様より頂いた妙法五字を大事に持ち帰った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07