全国の通信記事

2021年12月4日号

千葉西 茂原市妙弘寺法燈継承式

千西211207②【千葉西】十二月四日、茂原市妙弘寺で第二十四世田澤元泰師退任、第二十五世田澤裕泰師入寺の法燈継承式が行われた。前住職は昭和六十三年に法燈を継承してから三十余年、庫裏客殿の新築、境内整備に尽力され、一方で宗会議員、現代宗教研究所所長等、宗門の要職を歴任された。新住職は既に管内外で活躍され、全国日蓮宗青年会の要職を任される他、地域にあっては様々な行事に参画し地元には欠かせない存在であると近隣住民に期待されている。

コロナウイルス感染拡大防止の観点から、限られた参詣者によって行われた式典であったが、万灯行列によって堂々と本堂に至る新住職一行の姿は厳粛かつ荘厳さを漂わせていた。最後に挨拶をした新住職は、行列・式典と普段見慣れた風景ながら、重々しく感じ、「歴代住職も同じ道を進み、同じ光景を拝したのか」と、護法護寺の決意を述べられた。

式典終了後、古今亭園菊さんが落語を奉納し、新住職就任に花を添えた。

千葉南 大多喜町光善寺で法燈継承式

千南211316③【千葉南】12月4日、千葉県夷隅郡大多喜町光善寺で法燈継承式が行われ、第三十九世荻野泰継師が代務住職を退任し、第四十世に荻野泰貴師が新住職として法燈を継承した。

泰貴師は法要に先立ち、檀信徒約40名とともに団扇太鼓に合わせて力強くお題目を唱えながら光善寺本堂まで練り行列を行なった。

法要では前住職より払子の継承が行われると、新住職の荻野泰貴師は御宝前にて奉告文を読み上げ、仏祖三宝と檀信徒へ寺門興隆の誓いを述べた。

前住職荻野泰継師は22年間にわたって光善寺の法職に務める中で、本堂の再建、また自らの手で参道の石垣を作るなど、境内の整備に尽力した。

新住職荻野泰貴師は「前住職と檀信徒の皆様のお力によって護持発展してきたこのお寺の法燈を継承させていただいたことに感謝するとともに、より一層精進して参ります。」と謝辞を述べた。

法要後、歴代廟へと参詣し、住職交代の奉告をした。

2021年11月27日号

静岡中・円久寺に中山大誠上人が入寺

静中211206 (2)【静岡中部】静岡県長泉町円久寺では令和3年11月27日、中山大誠上人の法燈継承入寺式が執り行われた。

中山大誠上人は堀之内妙法寺で修行、立正大学卒業してまもなく円久寺へと入寺した。静岡中部管内寺院、小西函南法縁寺院、修行を共にした学友や檀信徒が見守る中、若き新住職の力強い読経と奉告文に参列者は一様に感銘を受けた。

新住職は「日蓮大聖人御降誕800年、開基行学院日朝上人御生誕600年のこの年にコロナ禍の中、無事に入寺式を執り行うことができ、大変有難い御縁と御加護を頂戴しました。今後は檀信徒の皆様方の期待に応えられるよう日々精進して参ります。」と誓いを述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07