全国の通信記事

2019年5月19日号

佐賀 佐賀市の妙玉寺で入寺式

佐賀190521b (3)【佐賀】令和元年5月19日、佐賀市の妙玉寺において、法燈継承入寺式が執り行われた。
妙玉寺31世・石井智俊上人の退任と、32世・石井智康上人の入寺となるこの式典に、多くの檀信徒と佐賀県中の僧侶が集まり、喜びを分かち合った。
かわいい稚児行列に先導されて妙玉寺に登られた智康上人は、
参列者の賑やかな声に迎えられ、本堂に入られた。
妙玉寺は、平成5年の大火によって、
境内の建物全てが焼失した。
そのような逆境の中、31世智俊上人は、わずか3年で本堂・庫裡を再建し、管内役職の歴任や、民生委員などの地域活動も活発に行い、
才気を発揮されてきた。
そのような師匠を手本とし、共に妙玉寺を盛り立て、自らも様々な布教を実践し、朗らかな性格で檀信徒の信頼も厚い智康上人が、32世としての大任を全うされることは疑いない。
元号が変わった節目の時に、法燈を受け継がれた石井智康上人は、令和最初の住職として、妙玉寺を佐賀県を日蓮宗を、より一層盛り上げて行かれることであろう。

2019年5月18日号

東京西 練馬区妙延寺で入寺式

東西190524 (2)【東京西】練馬区妙延寺で五月十八日、第三十四世山田正憲師から第三十五世影山海雄師への法灯継承式が営まれた。
当日は晴天に恵まれ、有縁の各聖、壇信徒約百五十名が参列し、法燈継承式が厳粛に進められ、僧俗一体となった清々しい読経と唱題の声が堂内に響き渡った。
式中では正憲師から法燈継承の証である払子が海雄新住職に手渡されると共に、妙延寺護持の使命が託された。また、茂田井教洵宗務所長より辞令が伝達された。その後茂田井所長、池田順覚宗会議員、立正大学名誉教授渡邉宝陽先生より祝辞が述べられた。
正憲師は「有縁の寺院、檀信徒の皆様の恩おかげで三十六年間お寺を護持することができた。」と感謝を述べ、海雄師は自坊の樹齢四百五十年を越す銀杏の木に譬えて、「歴代の先師が大木の幹で先代住職が大きな枝葉である。自分はその先端のちっぽけな枝ではあるが、皆様のご指導、ご教導を栄養として成長していきたい。」と述べた。

2019年5月12日号

大阪豊能 能勢町妙華寺で入寺式

豊能190524 (1)【大阪豊能】5月12日、能勢町妙華寺で第37世岡宗潤師退住、第38世岡妙摂師法灯継承式が行われ、僧俗200人が参列した。午前10時、式に先立ち真新しい七條袈裟に身を包んだ妙摂師と共に、稚児行列が妙華寺へ向けて賑やかに出発。宗潤師は門前で檀信徒と共に新住職を迎えた。式では終始緊張した面持ちではあったが、御宝前にて奉告文を読み上げる新住職の堂々とした姿に、集まった檀信徒も感心し、安堵の表情で見守っていた。昭和48年より46年間住職を務めた宗潤師は、入寺当時荒れていた庫裏、本堂等の改修、新たに蔵王堂、日蓮聖人銅像建立と不惜身命の活躍で妙華寺を復興。妙摂師は「今の妙華寺があるのも師父と母が必死で護持し、また多くの檀信徒の皆様のご尽力のおかげです。皆様にご恩返しが出来るよう頑張りたいと思います」と謝辞を述べた。若さとやる気に満ちた師の今後の活躍が期待される。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07