全国の通信記事

2019年6月30日号

愛媛 松山市正念寺で本葬儀と入寺式

愛媛190704①【愛媛】松山市正念寺で第24世山下泰温上人の本葬儀および第25世宮澤圭典師の入寺報告式が6月30日に営まれ、松山門中会・愛媛県管内寺院などの有縁の僧侶ならびに檀信徒約200人が参列した。
13時から、雨上がりの空のもと本堂にて松山市大法寺御院首の関谷泰教師御導師のもと、第24世山下泰温上人(遠持院日秀上人)の本葬儀が行われた。山下上人は、大法寺第29世遠明院日詮上人に師事得度、その後信行道場、大荒行堂と幾多の修行を重ねられ、昭和25年妙宣寺、昭和42年瑞応寺、昭和60年正念寺の住職を経て、檀信徒の教化に精進された。宗内においては修法師会長、布教師会長、社会教導師会長、護法担当事務長の重責を全うし、宗外においても保護司、教戒師、交通安全協会役員など、数多くの役職を受けられ社会に貢献されている。式中、参列した檀信徒が生前の山下泰温師を偲び、静かに掌を合わせていた。本年5月15日遷化。世寿94歳。
入寺報告式では、正念寺檀信徒筆頭総代の今廣勝彦氏から招請の儀、愛媛県宗務所長の清家静元師から辞令伝達、正干与である瑞応寺御山主の川井邦正師から新住職である宮澤師に法灯継承の払子が授与された。祝辞では、上行寺御山主川井泰誠師が「どうか檀信徒の皆様と一緒に笑顔で此の岸より彼の岸へ渡っていける人生を送っていけるようご精進、よろしくお願い致します。」と述べた。最後の謝辞にて新住職の宮澤師から「今後、正念寺を開かれたみんなのお寺にしていきたい。祖父の山下泰温師が支えてくれたこの正念寺をさらに盛り立てて頑張っていきたいと思いますので、今後ともご指導ご鞭撻、ご協力の方をよろしくお願い致します。」と、新たな決意を力強く述べていた。

2019年6月2日号

北海道南 函館市妙心寺で入寺式

北南190628 (2)【北海道南】令和元年六月二日日曜、午後一時、八雲町法榮寺住職 三田隆憲上人の司会により、当山本堂に於いて、第三世法燈継承式が厳かに執り行われました。大導師には青柳町常住寺住職 鈴木曦寬僧正。副導師には当山正干与人、札幌妙心寺住職 若松宏泉僧正。当山副干与人 椴法華妙顕寺住職 木下恵徳僧正の御出仕を賜り、式衆には、若松誨泉上人の大学時代に宗立学寮で寝食を共にした同期のお上人が遠方から駆けつけられ、山梨県富士川町蓮華寺副住職の齊藤義慧上人の高らかな声明により法要が始まりました。
また本日の法要に際し本堂内陣左側には、当山第二世若松知泉僧正の大学時代の御友人であります本山堺市妙國寺貫首 岡部日聡猊下、本山京都市頂妙寺貫首 田中日淳猊下。昨年の知泉僧正本葬において大導師をお勤めになられました岩内蓮華寺住職 野田泰亮僧正。若松知泉上人、誨泉上人と裕泉上人、親子共々、千葉県の中山法華経寺へ詣でると、何時も温かくお世話下さる茂原市髙谷正之僧正、香取郡妙蓮寺住職 清野公昭上人が御遠方から御来席を賜り、続いて道内に於いても、日蓮宗北海道南部宗務所長 小樽市妙龍寺住職 土屋大乗僧正にはじまり、当山有縁の各お上人の御来席を賜りました。
法要は次第に沿って進み、読経のお自我偈が終わると、「辞令伝達」として、土屋大乗宗務所長より日蓮宗から送られてきた「住職の認証」「権僧正の認証」がそれぞれ読み上げられて順番に誨泉上人に手渡されました。次いで、開山上人より受け継がれてきた払子を大導師より先代 知泉上人に代わり誨泉上人に継承され、新住職となった誨泉上人により御宝前に於いて入寺奉告文が読み上げらた。
その後、大導師をお勤めになられました鈴木?寬僧正、南部宗務所所長 土屋大乗僧正より入寺の御祝辞を頂戴し、新住職となった誨泉上人から本日お集まり下さった皆様へ謝辞が述べられ、開山上人のお言葉「私が仏のことを考えるのではなく、仏に見られている私を考えてみよう」を引用し、開山上人そして師父知泉上人が常に自分自身の行動をご覧になられている。そのことを常に念頭に置いて、第三世として恥ずかしくない行動、お題目修行に精進して参りたいと話されました。
臥牛山妙心寺第二世・松法院日信上人 一周忌法要
午後三時、寺族・親族が着座をし、入寺式同様に当山有縁の各お上人の御来席を賜り、当山本堂に於いて、第二世松法院日信上人一周忌法要が執り行われました。新住職となった若松誨泉上人御導師の元、副導師に当山正干与人、札幌妙心寺住職 若松宏泉僧正。当山副干与人 椴法華妙顕寺住職 木下恵徳僧正の御出仕を賜り、式衆には三山妙心寺修徒の若松裕泉上人、若松希泉上人、若松良泉上人、安達慧修上人、正根明泉法尼、福田黎泉法尼の御出仕を頂き法要が始まりました。寿量品が読経される中、副導師をはじめ各お上人が御宝前にてお焼香をされ、次いで当山寺庭婦人若松英子様から寺族・親族のお焼香が行われました。
法要が荘厳かつ厳粛に進められると、当山蓮の会と札幌妙心寺和讃会合同による「追弔和讃」がしめやかに奉唱され、亡き知泉僧正へ報恩感謝を献げられました。
そして法要最後には、札幌妙心寺住職 若松宏泉僧正より御挨拶を賜り、一周忌法要は無事に終了致しました。
また、午後六時、函館国際ホテルを会場に入寺祝賀会が営まれました。
開宴の御祝辞を本山堺市妙國寺貫首 岡部日聡猊下に賜り、親友であった若松知泉僧正の思い出話から話され、師父の思いを息子に託す気持ちを込めて、誨泉上人への激励のお言葉を述べて下さいました。
次に祝盃の御発声を岩内蓮華寺住職 野田泰亮僧正が務められ、これからの妙心寺の寺門隆昌と本日お集まり頂きました皆様のご健勝を祈念申し上げ祝盃を挙げられました。
本日の入寺、一周忌、祝賀会に御出席下さいました方々への謝辞を若松誨泉上人が述べられ、師匠との対話の中でお寺という場所の在るべき意味の教示や師匠の言葉「仏はいつも語りかけているそれが良心である」にふれて、様々な悩みから救えることが出来る妙心寺にしたいという決意を話されました。。

2019年5月26日号

三重 四日市市安楽寺で法灯継承式

三重190610【三重】令和元年5月26日、三重県四日市市の現當山安楽寺において、第6世西片寛慈上人の法灯継承式、ならびに一昨年の8月にご遷化された第5世西片元證上人の3回忌法要が行われ、僧侶檀信徒合わせて約90人が参列した。
5月にしては暑すぎるぐらいの快晴に恵まれ、午前10時より稚児行列が行われ、10時半より法灯継承式が行われた。
三重県宗務所長 高島行勝上人(三重県四日市市妙延寺住職)より辞令の伝達、安楽寺正干与 山口裕光上人(東京都台東区妙経寺住職)より払子の授与が行われた。
西片上人は奉告文で安楽寺の歴史に触れながら、先師先哲の意志を継ぎ新住職として一層精進する事を誓った。
次に西片上人の師父、西片元證上人の友人である身延山久遠寺共栄部長 浜島典彦上人(東京都荒川区修性院住職)より祝辞が述べられた。
同じ学寮、同じ管区で元證上人と共に過ごしてきた浜島上人は、多くの思い出を語り教学や研究に励んでいた元證上人を偲ばれた。そして、「師父のように立派になった寛慈上人が居れば安楽寺は安泰である、どうか支えてあげて欲しい」と励ましの言葉送られた。
結びに新住職、西片寛慈上人から祝辞が述べられた。西片上人は歴史の浅いお寺であるからこそ、開山上人である近代の名僧 本多日生猊下や開期檀越の意志や素晴らしさを色濃く受け継いでいる。そういったものを大切にしながらも宗門やお寺の為に尽力したいと力強く語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07