全国の通信記事

2019年7月29日号

長崎 西海市大徳寺で燈継承式

長崎190826 (2)【長崎】西海市西彼町大徳寺で7月29日、第8世加藤功承師の法燈継承式と第7世加藤法明上人の本葬が営まれた。
正干与の渡部智文上人から功承師へと払子が渡され、功承新住職は「檀信徒と異体同心にして法華経の広宣流布に努め、師父上人が大切にしていた言葉である『歩み入るものに安らぎを、去りゆくものに幸せを』の言葉を実践していきます。」と決意を述べた。
その後、渡部智文宗務所長を導師に令和元年5月8日に遷化された第7世加藤法明上人の本葬が営まれた。
法明師は、43年間大徳寺住職を勤め、その間、本堂・位牌堂移転建立、納骨堂建築、山門建築等寺観を一新し、地区参事・専任布教師・宗務担当事務長・伝道担当事務長・九州布教師連合会長等勤めた。また25年間保護司として活躍、法務大臣表彰を受けるなど多くの功績を残した。話題の豊富さ、法話の巧みさを惜しむ声が聞かれた。

2019年7月19日号

愛媛 松山市法華寺入退寺式

Exif_JPEG_PICTURE【愛媛】7月19日、法華寺で第26世中臣泰斎師退寺式、第27世嘉田泰幹師入寺奉告式が営まれ、松山門中・愛媛県管内の僧侶並びに檀信徒約120人が参列した。
総代の西川喜一郎氏による新住職の招請、川井公滋師(延立寺住職)、清家静元宗務所長(法円寺住職)による辞令伝達が行われ、その後、中臣泰斎師より嘉田泰幹師へ法燈の証である払子が継承された。
中臣泰斎師は、昭和の51年から43年間、檀信徒の教化に励まれることはもちろんのこと、宗会議員や宗務所長などをはじめ宗門の要職を務められ、幅広い布教活動に取り組んでこられた。また総代の西川氏と共に道後ライオンズクラブで奉仕活動も行っている。
法華寺は、松山初代藩主加藤家奥の局、了覚院殿妙向大姉の発願にて慶長8年、身延山久遠寺より了瑞院日?上人を招いて創建された。
祝辞では関谷泰純師(大法寺住職)より「檀信徒の皆様、本日はおめでとうございます。これから嘉田上人を立派な住職に育て上げていただきたい。住職を育てるというのは檀信徒の力が非常に大きなものでございます。厳しくも温かいご助力をお願い申し上げるところでございます。」と述べられた。
最後に新住職より「本日は皆様、どうも有難うございました。」と感謝の言葉を述べた。

2019年7月7日号

東京西 豊島区真乗院で法灯継承の儀

東西190724①【東京西】豊島区真乗院で七月七日、第三十四世立石正智師から第三十五世加藤晃啓師への法灯継承の儀が施餓鬼会に先立ち執り行われた。
当日は壇信徒約百名が参列し、法燈継承式が厳粛に進められ、僧俗一体となった清々しい読経と唱題の声が堂内に響き渡った。
式中では正干与法明寺近江正典師から法燈継承の証である払子が晃啓新住職に手渡されると共に、真乗院護持の使命が託された。また、加藤正道宗務所副長より辞令が伝達され、その後祝辞が述べられた。
晃啓新住職は「先代住職が病に倒れて住職が不在であった一年の間に、多くの檀信徒の方が離れてしまった。残って頂いた皆様と共に一から山門護持に努めたい。」と抱負を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07