全国の通信記事

2019年11月11日号

大阪豊能 能勢町圓珠寺で入寺式

豊能191118 (2)【大阪豊能】11月11日、能勢町圓珠寺で第28世山下正淳師退住、第29世山下義識師法灯継承式が行われた。前住職の正淳師は、新住職の義識師へ法灯の証として圓珠寺の過去帳4冊を授受。続いて新住職が、御宝前において奉告文を読み上げた。式中、唱題やお自我偈の太鼓を叩いたのは、正淳師が立ち上げた圓珠寺檀信徒有志「天鼓会」の面々。その一糸乱れぬ太鼓の響きに参列者は感心し、心一つにお題目を唱え祝った。また、正淳師は住職在任中、圓珠寺の寺観整備と檀信徒教化に邁進するのみならず、宗務所役員や所長を歴任。内外数々の功績に対し、桑木茂光豊能宗務所長から記念品が贈呈された。義識師は謝辞で「先師や師匠に恥じることのないよう精進して参ります」と決意を新たにし、満堂の檀信徒は新住職の晴れ姿を頼もしく見守っていた。義識師の今後の活躍が期待される。

2019年11月10日号

京都2 宮津市経王寺で入寺式

京二191115 (2)【京都2】令和元年11月10日京都府宮津市経王寺において、三十五世、故藤原良雄(廣唱院日界)上人から三十六世若園純永師への法灯継承入寺式が営まれた。法要には僧侶檀信徒約100人が参列した。式では髙野寛義宗務所長から辞令伝達、御宝前より沸子を手に取り法灯を継承された。若園師は岐阜県大垣市実相寺の住職をしていたため先代の藤原上人が遷化されてより26年間、経王寺代務をされ寺院を護持してきた。若園師は「これまで長年代務住職として護持してきたが、経王寺檀徒からの推挙を受け住職になりました。これからも檀信徒と共にお寺を盛り上げていきたい。」と抱負を述べた。檀信徒代表からは「長い代務住職の期間があったが、三十六世として入寺されとても喜ばしい。本当にありがとうございます。よろしくお願いします。」と大変喜んだ様子であった。

2019年11月4日号

静岡東 三島市受法寺で瓜島常泰師入寺式

静東191106 (6)hp【静岡東】三島市受法寺で11月4日第29世瓜島常泰上人の入寺式が行われ、多くの檀信徒が参列した。
宗務所長より辞令が伝達、本山玉沢妙法華寺貫首、小池日恩猊下より拂子が授与された。
奉告文では仏祖三宝、諸天善神、歴世への報恩と、先代住職の突然の遷化に戸惑いと不安を感じつつも、新住職としての決意を述べていた。
その後、座を改め、お会式法要を組内寺院出仕のもと厳修。檀信徒は、新住職の初々しくも頼もしい姿に安堵した様子だった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07