全国の通信記事

2017年9月14日号

東京西 文京区蓮華寺入寺式と本葬儀

PHG_4381HP用【東京西】九月十四日(木)、東京都文京区白山蓮華寺に於いて、第三十二世橘髙智行師の入寺式及び第三十一世智説院日皇上人(橘髙智光師)本葬儀が営まれた。蓮華寺は天正十五年(一五八七年)に安立院日雄上人により創建され、武家の檀信徒が多く武士寺とも呼ばれた。
秋晴れの爽やかな天気の中、有縁の各聖、檀信徒約四百名が参列し、入寺式、本葬儀が厳粛に進められ、僧俗一体となった清々しい読経と唱題の声が堂内に響き渡った。
入寺式では東京親師法縁を代表し池田順覚師(玉川寺住職)より「私たちの体の中には先代の血が流れています。心の中に師匠が生きています。心に問いかけながら、家族・檀信徒の皆様と手を携えてお寺をお護りしてほしい」と祝辞が述べられた。
本葬儀は松村壽巖貫首(本山貞松蓮永寺)を導師に迎え執り行われ、茂田井教洵宗務所長(東京都西部)、山田日潮貫首(本山堀之内妙法寺)、石川一郎氏(蓮華寺総代)より弔辞を述べられた。山田貫首は涙ながらに故人との思い出を語られ、その恩徳を偲ばれた。
新住職となられた橘髙智行師は「先代は僧侶として自分の出来る事をやり遂げられた住職でした。それも皆様のご協力あっての事と思います。これからも歴代のお上人、師父の事を忘れずに、皆様への御恩を返していきたい。」と謝辞を述べた。
遷化された橘髙智光師は身延山久遠寺布教部長、特別僧風林林長、身延山大学客員教授等を歴任し、常任布教師としても活躍し、また地域社会に於いては民生委員、保護司を務め、各機関より表彰され、遷化後には瑞寶雙光章を授与された。
また長年に渡り西部教化センターの施本に法話を執筆し、「法話はおかゆだよ。小さい子にも分かるように話しなさい」との言葉通り、分かりやすく、多くのことを教えられた。
尚、師の長年の功労顕彰し『橘髙智光上人おぼん施本選集』が東京都西部教化センターから出版された。

2017年9月3日号

千葉西 成就寺・立源寺日蓮宗所属奉告式

千西170914 (1)【千葉西】木更津市成就寺で九月九日、成就寺・立源寺日蓮宗所属奉告式並びに成就寺法燈継承式が営まれ、僧侶檀信徒約二五〇人が参列した。
法要に先立ち、池上本睦会の万灯講とお稚児さんによる行列が、午前十時三十分に、木更津市光明寺(石野晴朗住職)を出発。木更津駅前に、万灯行列の賑やかな音が鳴り響いた。
午後一時より法要が行われ、式中、小林順光宗務総長より、日蓮宗所属承認書が、木村順静師(袖ヶ浦市・立源寺住職)と木村順誠師(成就寺住職)に授与された。
引き続き、第五十世木村順静前住職から、法華経一部、大過去帳、払子を手渡された第五十一世木村順誠新住職が、力強く入寺奉告文を読み上げた。順誠新住職は謝辞で「法燈を継承する責任の重さをしかと受け止め、過去より受け継ぎ来った御心、現在皆様よりの御支援御教導のあたたかき御心を懸命に受け持ちながら、次なる世代にお渡しできるよう精進致します」と述べた。

2017年6月30日号

神奈川3 小田原市長安寺で入寺式

神三170720②【神奈川3】六月三十日(金)小田原市扇町 池蓮山長安寺において第二十九世石塚厳雄上人入寺式が、また第二十七世健朗院日英上人(髙木英典上人)の本葬儀が執り行われた。
当日は管内外有縁の寺院・長安寺寺族・檀信徒、総勢一一〇名の方々が参列された。
入寺式に先立ち、玄題旗を先導に行列が行われ、師父髙木英典上人から法燈を受け継ぐ長安寺に到着。
入寺式では小林順光宗務総長名の辞令が山﨑所長によって住職認証書が伝達、続いて正干与 小田原市光明寺青木正明上人から払子が手渡され、堂内は一層厳かな雰囲気に包まれた。
奉告文で「第二十七世日英上人は昭和二十九年に入山以来六十有余年の長きに亘り寺門発展に尽くされ、本堂大改修、鬼子母神堂の建替えなど境内の整備に努め、一新された。今春、信行道場を修了し、高祖の御弟子として末座を許され、未だ尚早の極みなりと雖も、当山開山上人以来、五百年にならんとする御題目の法灯を今日より長安寺住職の重責を担うことに改めて身の引き締まる思いなり」と述べた。
謝辞では「来賓のお上人から心温まるお言葉をありがとうございます。昨年、英典上人が遷化されてから、無我夢中でした。その間、関係ご寺院に多大なるご支援を頂戴したおかげでここまでやってまいりました。本日からがスタートで、嘗て賑わった長安寺に少しでも近づけるよう、皆様のご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。」と述べた。

午後二時より、第二十七世健朗院日英上人の本葬儀が今井・本光寺住職三宅恵鐘上人を導師に執り行われた。
遺弟・石塚上人は「遷化されても、檀信徒さまから英典上人の話題に触れられる機会が多く、檀信徒と親しくされていたのではないか。英典上人がまもなく九十歳という年齢ではあったが、一緒に清澄寺での度牒に参加したことと、上人が楽しそうに参加してくれたことが思い出として強く残っている。」と思い出を述べた。
法要後、境内歴代にて納骨・墓参を行い、参列者全員で線香を手向け英典上人の御遺徳を偲んだ。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07