全国の通信記事

2022年8月29日号

愛知名古屋・両親や祖父母へ感謝のメッセージカード作成

名古屋220913(修養道場) (4)【愛知県名古屋市】日蓮宗名古屋青年会は令和4年8月29日、第48回「青少年と青年僧の集い」を開催し小学生16人が参加した。
朝、会場となる東区の浄蓮寺に集合し、今回のテーマとなる「わたしのためにみんなのために」のお話を聞き、慣れない正座をしながらお経練習をした。
午後は安城市のデンパークへ移動し、アスレチックや芝生で遊びパン作り体験を行った。作ったパンは両親や祖父母へ普段の感謝を綴ったメッセージカードを作成し、帰宅してから一緒に渡せるようにした。
例年は宿泊で開催しているこの集いだが、本年はコロナ禍であることを鑑みて宿泊を伴わない1日での開催となった。
新しい試みとして10日前からの問診票を配布し各自体調チェック、また申し込みは紙媒体を使用せずGoogleフォームからのネット申し込みに限定する等の対策をして当日に臨んだ。
参加した子供から「楽しかったので来年も参加したい」との声が聞かれた。

2022年8月27日号

香川 修養道場サマーキャンプ

香川220831②【香川】高松市廣昌寺(大道弘喜住職)において八月二十七日、令和四年度 第十六回 日蓮宗香川県宗務所主催の修養道場サマーキャンプが行われ、僧侶檀信徒二十名が参加した。本年も感染対策をとりつつ修養道場開催の運びとなった。午前中、参加者達は自分達で自我偈の経本を作成しお経練習を行い、午後からは講師を招いてのワークショップを開催。前半は身体を整える効果のあるヨガを行った。時より堂内から歌が聞こえ、子供たちには楽しいヨガ体験が出来たのでは。後半は〈ギャラクシーボトル〉を作成。自身が想像する宇宙を実際の形として創造とのことで、子供たちの無限に広がる想像で様々な可愛い宇宙が小さな瓶内に誕生していた。夕勤では団扇太鼓叩きながら元気よくお題目を唱え、焼香をし自我偈をお唱えした。参加した子供達や保護者に対して学業成就・家内安全・身体健全・帰路道中交通安全を祈念して、修法師達による修法が行われた。令和四年度 日蓮宗香川県宗務所主催第十六回修養道場サマーキャンプを締めくくった。

2022年8月23日号

神奈川2 第16回寺子屋

神二220829(修養道場)【神奈川2】神奈川県第二部日蓮宗青年会(立野泰裕会長)は8月23日、佛行寺(鎌倉市)を会場に「第16回寺子屋」を開催した。例年1泊2日で開催していたが、時世を考慮し半日のプログラムを午前の部、午後の部に分けて保護者同伴の形式で行われた。篠田仏具店(三浦市)を講師として招き、「お香作り体験」「匂い袋作り体験」などの体験プログラムを実施し好評を博した。立野会長は「新型コロナの影響で約3年間開催出来ていなかったが、小規模ながらも無事開催出来たことは確かな一歩」だと述べた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07