全国の通信記事

2017年3月29日号

神奈川2 第十二回寺子屋

神二170425②【神奈川2】青年会(石本真教会長)主催、「第十二回寺子屋」が、三月二九日から三十日の間、藤沢市霊蹟本山龍口寺(本間日恩猊下)で開催され、小学生五十四名ボランティア二十五名が参加した。
今年は、来る平成三十一年龍口法難七五〇年に向けて、龍口寺を会場寺院とした。そこで龍口寺のみならず、周辺の歴史や町並み、風景に親しんで貰おうと二日間かけてウォークラリーを行った。龍口寺を守る片瀬八ヵ寺と呼ばれる寺院をチェックポイントにして、合計九ヵ寺でお参りの証しを受け取った。
閉会式では、二日間かけて集めたお参りの証をお守り袋に詰めて、みんなでお経をあげてご祈祷。皆に修了証が授与された。今年中学生になる六年生の子は「自分が住むこの街は、思っていた以上に歴史がある事を知り、誇りになった。中学に上がったらもっと調べてみたい」と語った。

2017年3月27日号

岡山 少年少女の集い

岡山170605 (2)【岡山】立正青年会(藤沢貴文会長)は3月27日~29日の2泊3日の日程で「第27回少年少女の集い」を開催され、会員一同と、子供達25名が参加した。
例年であれば1泊2日で開催されているが、本年は岡山立正青年会創立55周年を記念して、約10年ぶりに身延山久遠寺(内野日総猊下)へとお参りした。
27日の早朝、岡山駅に集合した一行はバスに乗り込み、途中で休憩を取りながら、約9時間を掛けて身延に到着した。到着後はご廟所へとお参りし、藤沢会長導師のもと、今回の少年少女の集いが無事に修了するよう祈願と、無事に身延へと到着出来たことへの報恩感謝の気持ちをこめて、法味言上した。
その後、宿泊先である清水坊(内野光智住職)に到着し、夕食後に会員指導のもとお経練習と仏事作法。初めての子も多かったが、皆一生懸命に取り組んでいた。
2日目早朝、5時に起床した一行は身延山久遠寺本堂と祖師堂の朝勤に参列し、当日は気温0℃という寒さではあったが、前日のお経練習と仏事作法を一生懸命発揮していた。
その後、境内を散策した一行は、9時より藤沢会長導師のもと、輪番奉仕に参列。旧書院にて内野日総法主猊下の法話を拝聴の後、御真骨堂にて法要が行われた。
輪番法要を終えた一行は更に、奥の院思親閣へも参拝し、その後再び清水坊へと戻り、昼食の後、身延の地を跡にした。
2日目、3日目と滋賀県、大阪府にて工場見学等々も体験し、29日の夜、無事に岡山へと到着し、本年の「第27回少年少女の集い」も無事に幕を閉じた。

2017年3月22日号

青年僧主催スプリングスクール

DSC_0927【静岡中部】管内第11区青年僧が主催となり、3月22日に焼津市上行寺(高塚勇延住職)にてスプリングスクールが開催された。9回目となる今回は小学1年生から中学2年生の男女45人が参加した。午前中は書写・法話・読経の3つの修行をし、午後はバーベキューとレクリエーションでメリハリよく遊んだ。法話の時間では杉江祥巨師(法信寺住職)が西遊記の紙芝居を読み聞かせながら、貪瞋痴の三毒について優しく話した。紙芝居が始まると子供たちは食い入るように西遊記の世界に没頭していた。欲張り・怒り・わがままの気持ちを減らしてみんなで仲良くすることの大切さを伝えた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07