全国の通信記事

2021年12月12日号

愛知名古屋 第4回修養道場

名古屋220107➀【愛知県名古屋市】令和3年12月12日、日蓮宗名古屋青年会は東区浄蓮寺を会場に本年度第4回目の修養道場を開催し、19人の子供が参加した。

新型コロナウイルス感染拡大の懸念から、例年の修養道場とは開催形式を変え、宿泊を伴わない日帰りの寺子屋形式「おぼうさんとてらこや」というテーマで、子供たちにお寺で修行体験をしてもらうことを目的にしている。

今回は12月ということもあり、年末の大掃除はなぜやるのか。正月飾りはなぜ準備するのかについて学んだあと、実際に正月飾りを一人一つずつ作る体験をした。

初めにおもちゃのお金が配られ、手持ちのお金で好きな飾りを選んで買い、好きなように飾り付けをするスタイルに子供たちも夢中になった。作っている時はみんな真剣な顔をしていたが、自分だけの「世界に一つだけの正月飾り」が完成すると、子供たちはとても楽しかったと笑顔をみせた。

次回は令和4年2月に第5回目の「おぼうさんとてらこや」を予定している。

2021年10月24日号

愛知名古屋 第3回目の修養道場 

名古屋211116①【愛知県名古屋市】令和3年10月24日、日蓮宗名古屋青年会は名東区本成寺(天野行淳住職)を会場に本年度第3回目の修養道場を開催した。

新型コロナウイルス感染拡大の懸念から、例年の修養道場とは開催形式を変え、宿泊を伴わない日帰りの寺子屋形式「おぼうさんとてらこや」というテーマで、子供たちにお寺で修行体験をしてもらうことを目的にしている。

3回目のこの日、短い時間の中で参加者の9人は、写仏体験としてプラ板に絵を描き世界に一つのお守りを作ったり、「お釈迦さまとは」というお話を聞いて仏さまについて学んだ。

最初の自己紹介では恥ずかしがっていた子供も、最後には大きな声で返事をし、笑い声が聞こえる明るい雰囲気で幕を閉じた。

2021年8月28日号

香川210830

香川210830(修養道場)②【香川】高松市日妙寺(石倉敬之住職)において八月二十八日、令和三年度 第十五回 日蓮宗香川県宗務所主催の修養道場サマーキャンプが行われ、僧侶檀信徒十名が参加した。

昨年はコロナの影響で修養道場サマーキャンプは中止となった。今年は参加者の強い要望もいただき、感染対策としてスタッフを最小限にして開催の運びとなった。

新しい生活様式を取り入れつつの一日。午前中は、参加者達は自分達で自我偈の経本を作成し、お経練習を行った。

午後からはさぬき麺業において、うどん打ち体験。普段から何気なく食べているうどんを自分自身で作る。参加者たちにとっての夏の貴重な経験となった。

夕勤で本日練習した団扇太鼓と太鼓を叩き、焼香をし、自我偈をお唱えした。

参加した子供達や保護者に対して学業成就・家内安全・身体健全・帰路道中交通安全を祈念して、修法師達による修法が行われた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07