全国の通信記事

2018年12月1日号

山梨2 山雅の会が雅楽演奏

山二181205b【山梨2】12月1日、青柳町の「酒造ギャラリー六斎」において雅楽のミニコンサートが開かれ、約60人が来客した。
これは、早川町在住の絵師、映水師の個展に合わせて開催されたもので、同酒造で造られている地酒「春鶯囀」に因み、実際に雅楽の「春鶯囀」を聴いてもらおうと企画されたもの。
訪れた方達は、映水師の作品を楽しんだ後、県内の雅楽有志者「山雅の会」による約1時間の演奏を楽しんだ。

2018年11月25日号

大阪和泉 河内長野市妙長寺で御会式法要とコンサート

SONY DSC【大阪和泉】11月25日、大阪府河内長野市の妙長寺(吉村常妙住職)で御会式法要とコンサートが開催された。「大切な『あなた』へwith KAITO~お会式の桜とクロマチックハーモニカ~」と題し、演奏者の竹内海人(たけうちかいと)さんを招いて奉納演奏を行った。竹内さんは奈良を中心に活動し国内外でも幅広く活躍。法要中には「テルーの唄」を奏し、他にも11曲を披露。堂内はハーモニカの美しい音色に包まれ、また当日限定のご朱印の授与により参詣者は笑顔で溢れた。コンサートを企画した吉村彰史副住職は「お寺に来る人は大切な『誰か』のことを思っている方々である。たとえ今は苦しみや悲しみの中にあったとしても、心地よい音楽とともに神仏へ『祈り』を捧げることで少しでも一歩前に踏み出す力に繋がれば嬉しい」と述べた。

2018年10月21日号

長野 ほうおん音楽会

長野181101【長野】安曇野市一乗寺(千野泰信住職)において、10月21日に「ほうおん音楽会(おんがくえ)」が開かれた。第6回目の開催となる吹奏楽によるコンサートには80名を超える観衆が訪れていた。
この度は千野泰信住職の所属する松本ウィンズ・コンソートに加え、ウインドオーケストラあんこ~るとの合同演奏となった。総勢50名以上による演奏が堂内に響き渡っていた。
演目では市歌や大河ドラマのテーマ曲などの慣れ親しんだものから、仏讃歌や和讃、指揮者の戸田顕さんの作曲した日蓮聖人をイメージした組曲などが演奏された。
また、地元のラジオ局とも縁が出来たこともあり、司会にラジオ局からレポーターを招いていた。
千野住職は「タイトルにある「ほうおん」は平仮名にすることで、法音・豊音・報恩など、様々な意味を持たせることができます。みなさま一人一人のほうおんを感じていただきたい」と話していた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07