全国の通信記事

2019年10月22日号

京都1 無名童女50回忌塔婆建立

hp【京都1】10月22日京都日蓮宗青年会の会員4名は東山区にある阿弥陀ヶ峰に無名童女50回忌の塔婆を建立した。
今から49年前、阿弥陀ヶ峰で身元不明の少女のご遺体が発見され、その少女は未だに名前も分からず両親も見つかっていません。このような悲しい事件が二度と起こらないように、また、一人でも多くの子供たちに仏さまの光が届くように、という願いを込めて毎年夏に開催されている「修養道場」が始まりました。いわば修養道場が始まるきっかけとなった霊位。
今年の夏の修養道場で50回忌法要を道場生と共に営んでおり、その時に道場生が書いた水塔婆を建立し、大西会長導師の下、追善の法要を営んだ。
修養道場のメインテーマである「仏さまのひかりを私たちのまわりにひろげましょう」は50回忌を迎えた今でも、変わることなく歴代の京都日蓮宗青年会に連綿と受け継がれている。
会長は「子供たちの取り巻く環境は、当時と比べて益々不安なものになっていると感じる昨今である。これからも「仏さまのひかりを私たちのまわりにひろげましょう」の修養道場のメインテーマを受け継ぎ、修養道場をはじめとした青少年教化に精進しなければならない。そして、このことを次代の青年会員に受け継いでいくことが私たちの使命である。」と語った。

2019年10月12日号

埼玉 東秩父村淨蓮寺が台風被害

埼玉191106【埼玉】 10月12日に、台風19号の影響で、東秩父村淨蓮寺では壁がはがれ、新しく建築中の三十番神堂に木が落ちるなどの被害が出た。今回の台風で、淨蓮寺は、避難所として開設し、地域の人や檀信徒を受け入れた。

2019年10月4日号

香川 日蓮聖人像参道の清掃

香川191021a (2)【香川】香川県宗務所は10月4日に日蓮聖人像参拝道の清掃活動のために、今年2回目の女木島へ教師・檀信徒8名で渡航。かねてより日蓮聖人像の前にお賽銭箱が供えられていたが、日々の雨風に打たれ老朽化が進んでいたので清掃活動で新調した。
新しい賽銭箱を作成したのは日妙寺総代の田中重光氏の心のこもった特製である。
参道も綺麗に賽銭箱も新しくなり日蓮聖人降誕800年に向けて気持ちの良い奉仕活動を行えることができた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07