全国の通信記事

2019年11月23日号

神奈川2 御会式・龍口テラス

神二191202 (2)hp【神奈川2】11月23日、本山龍口寺(藤沢市・本間日恩貫首)の御会式にあわせ、降誕800年・龍口法難750年慶讃実行委員会(委員長=楠山泰道宗務所長・横須賀市大明寺住職)はイベント「龍口テラス・御会式」を開催した。
あいにくの雨天だったが午前9時から境内や諸堂各所で「唱題行体験」「法話とヨガの会」「中華精進料理と法話の会」「藤田優一語りの会」「境内散策」「御朱印帳づくり」「消難お札づくり」「坊主カフェ」「お坊さん紙芝居」とさまざまな催しが行われた。また、地元の飲食店や雑貨店が出店した。
午後1時からの御会式法要は、本間貫首を導師に楠山所長ら管内の僧侶にて厳修した。
参加者は「自分でお札を作り、ご祈祷を受ける事ができ良い経験になりました。」と話した。
次回の龍口テラスは4月5日の花まつりに合わせ開催予定です。

2019年11月16日号

静岡中 富士宮市妙善寺法華経二十八品図絵奉納奉告式

静中191126b (1)【静岡中】富士宮市妙善寺(寺尾是堯住職)で11月16日、お会式法要とあわせて「法華経二十八品図絵奉納奉告式」と一龍齋貞花師匠による講談寄席「日蓮聖人 ご降誕から立教開宗」が開催され、僧侶檀信徒約100人が参列した。
今回奉納された図絵は「妙善寺仏画会」のメンバー約25人が、富士市本蔵寺住職の丸茂湛祥師の著作『法華経二十八品図絵』を参考に、約半年間をかけて和紙に岩絵の具で描いたもの。奉納奉告式にあたり、B4判二十八枚の法華経図絵が本堂内陣の長押に飾られた。この図絵は今後、本の形でまとめられ、寺宝として奉納される。
当日は和讃と法要ののち、寺尾住職が法話で「法華経の教えが皆さまの生活に溶け込んで、豊かに学んで身近な人と喜びを共有する〈慈悲の心〉に導くことが、お寺の役目だと思います」と語った。
その後、一龍齋貞花氏による講演「日蓮聖人 ご降誕から立教開宗」と題した講談が行われた。軽妙な語り口のなかに手を合わせることの大事さや日蓮聖人のエピソードを重ね「信仰を継承することで子孫ときずなで結ばれることができる」と語った。

2019年11月15日号

千葉北 中山法華経寺お会式

千北191125 (3)【千葉北】市川市法華経寺(新井日湛貫首)で11月15日~17日までお会式法要が厳修された。ここ数年、時期を合わせ境内で開催される骨董市を楽しみに遠方からも来場者が増えているが、特に今年は日程が週末と重なったこともあり早朝より駐車場も混雑していた。また17日には天童音楽報恩会が営まれ約30人がお稚児さんとして参加した。、行列開始の午後2時頃には暖かな日差しが降り注ぎ、保護者とともに稚児達は堂々と祖師堂までの道を歩いた。骨董市でにぎわう境内でも行列の様子を笑顔でカメラに収める姿が多く見られた。なかには慣れない装束に疲れたのか眠ってしまい母親に抱かれながら参加する姿も見られたが、参拝者は目を細め温かく見守っていたて。祖師堂での法要後には新井貫首より出仕への感謝の言葉と共に参加者1名1名に感賞状が手渡された。天童をつとめた近隣の幼稚園に通うという女児は「祭文がうまく読めるか心配だったが、お坊さんが優しく教えてくれ、最後まで頑張れました。」と話していた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07