全国の通信記事

2021年11月15日号

千葉北 中山法華経寺でお会式

千北211119【千葉北】市川市法華経寺(新井日湛貫首)で11月15日~17日までお会式法要が厳修された。昨年度は境内で時期を合わせ実施する骨董市がコロナ禍により中止されたが、今年は2年ぶりに開催され多くの来場者でにぎわった。また17日には天童音楽報恩会が営まれ約10人がお稚児さんとして参加した。こちらも昨年度は中止され2年ぶりとなったが、かわいらしい装束で法要に華を添えた。行列開始の午後2時頃には暖かな日差しが降り注ぎ、保護者とともに稚児達は堂々と祖師堂までの道を歩いた。骨董市でにぎわう境内でも行列の様子を笑顔でカメラに収める姿が多く見られた。なかには慣れない装束に疲れたのか眠ってしまい母親に抱かれながら参加する姿も見られたが、参拝者は目を細め温かく見守っていたて。祖師堂での法要後には新井貫首より出仕への感謝の言葉と共に参加者1名1名に感賞状が手渡された。天童をつとめた近隣の幼稚園に通うという女児は「祭文がうまく読めるか心配だったが、お坊さんが優しく教えてくれ、最後まで頑張れました。」と話していた。

2021年11月14日号

京都1 本山本満寺工事円成奉告式

京一211126①【京都一部】11月14日、京都市上京区本山本満寺(伊丹日章貫首)で、宗祖御降誕八百年慶讃鐘楼堂保存修理工事円成奉告式並宗祖日蓮聖人第740遠忌報恩御会式法要が行われた。

鐘楼堂前で行われた奉告式では、冬空の下、風が吹く中の寒い日であったが、野外にも関わらず僧侶・檀信徒・関係者約50名が参加し、当山総務の伊丹瑞栄師(大阪市雲雷寺住職)が伊丹日章貫首の名代として導師を勤められた。

式中には、修理をされた鐘楼堂に檀信徒を代表し総代役員が上がり、梵鐘を撞き境内は下より近隣にまで響き渡らせた。

導師の回向文中にも「梵鐘と申すは法華経の文に佛音甚稀有とあり梵鐘の音は佛音なり。また佛音とは神聖にして清浄なる浄音なり。此の浄音の響きを聴聞する者一切の苦しみから悟りを開く功徳あり。近隣に住まうる諸人もまた現世の苦しみを和らげ何時しか悟りを開ける佛縁となるようにと。これ梵鐘を鳴らす由縁なり。」と、梵鐘が建立当時から現在に至るまで、更には未来にまでも続く、多くの人々が悟りを開き佛縁を結ぶ大切な役割であると力強く読み上げられた。

この鐘楼堂についての歴史については資料が残されておらず、保存修理に関わった株式会社匠の桃井繁也代表取締は、瓦には宝永との記録が残されていた為、三百年以上の歴史はあり、現在は京都府暫定文化財に指定されているとお話いただいた。

奉告式後には、本堂にて伊丹日章貫首が導師を勤められ、宗祖日蓮聖人第740遠忌報恩御会式法要が行われた。

奉告文では、報恩の誠を捧げるとともに、平成30年9月に発生した台風21号によって、鐘楼堂の屋根・瓦が大きく破損したことに対し、宗祖御降誕八百年の慶讃に当たり、「自らの思いを仏祖三宝に捧げ奉る為」にと保存修理工事を決心したこと等が読み上げられ、参拝者一同は伊丹貫首の本山本満寺更には宗祖日蓮聖人に対する思いを拝聴し感銘を受け、異体同心の思いで静かに手を合わせ、法華経を読誦しお題目を唱えた。

法要に参加した檀信徒は、「伊丹貫首の姿を久しぶりに拝見できとても嬉しかった。お元気そうで安心しました」「記念品で戴いた著書「仏法」を帰宅後楽しみに読みます」と笑顔で帰路につかれた。

伊丹貫首は、宗祖御降誕800年慶讃に合わせ、著書「仏法(苦しみを喜びに変え本当の得るための法たった一つの人生の目的とは 本当の幸せを得るための法)」を有限会社逢人舎から出版された。初めて仏教に触れる人、もう一度仏教についておさらいしたい人、そして今を生きるすべての人に贈る仏教入門の決定版として執筆された。

2021年11月12日号

佐賀 本山光勝寺でお会式

佐賀211124【佐賀】11月12・13日(金・土)小城市鎮西本山松尾山護国光勝寺(貫首 松島日應)に於いて、日蓮大聖人第740遠忌報恩御会式が貫首松島日應御導師の元に厳修された。12日午後7時に小城市内を約1時間かけて報恩の万灯行列が行脚し、その後午後8時から報恩御会式大法要を修め、13日にも引き続き御正当の御会式法要を営み、県内各聖・檀信徒併せて300名以上が参列した。

法要に先立ち、小城の夜町を万灯行列が照らし、お題目の声が町に響いた。今年は特別に鎮西身延山本佛寺御山主佐野前延僧正率いる本佛寺の万灯も参列、万灯の光明や纏の演舞が加わり例年にない盛大かつ厳粛な報恩の万灯行列となった。

引き続き法要が営まれ、佐賀県寺庭婦人会・本佛寺婦人会合同による和讃奉納に始まった。

本年は第740遠忌の節目なる法要であり、日蓮大聖人を慶讃し御報恩に謝すべく県内各聖・檀信徒の読誦・唱題の声が広い堂内に響き渡った。

一方松尾山内には、地元の小城高校生による竹灯籠の温かい光がともり、境内地を明るく照らしていた。これは、先9月に急逝した同級生の岩永航河さん(享年17歳)の竹灯籠のイベントを復活させたいという遺志を引き継ぎ、同級生らによって挙行されたものであり、思いがこもった一万基の灯明を松尾山へ奉納した。参拝者からは、「幻想的な光の中でお参りができてありがたかった」と感想があり、寺院・檀信徒共に日蓮聖人への思いを深めた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07