全国の通信記事

2018年5月21日号

香川・寺庭婦人寺族研修会開催

香川180521 (3)【香川】5/9~10 香川県JRホテルクレメント高松において、 第1回 平成30年度寺庭婦人・寺族研修会が行われました。当日は寺庭婦人、寺族、僧侶が約40名ほど参加した。
午前は「今さら聞けない仏事の基本」と題して、北海道龍王寺住職・常任布教師 山本光明師が講演をされた。
昼食を挟み午後からは、「お寺に求められる事~寺族・寺庭婦人の役目~」と題して、全国檀信徒協議会会長・池上幸保氏が講演をされた。
意見交換会の際には、寺族・寺庭婦人の方たちが講師先生に熱心に質問されていた。
信仰を継承する大切さを改めて感じ、寺庭婦人・寺族研修会の日程を終えた。

2018年5月19日号

千葉南 安房中部組合報恩講

千南180523①御幼像練行列【千葉南】5月19日、鴨川市高生寺(荻野泰継住職)で『第68回報恩講』が開催され、僧侶檀信徒およそ160人が集まった。この報恩講は昭和26年から安房東部組合の寺院が年番で毎年欠く事無く行なってきた日蓮聖人への報恩法要であり、開催寺院では法要だけではなく様々な取り組みを行なっている。
今回は「日蓮聖人御降誕800年に向かって」とテーマ付け、最寄り駅の安房小湊駅より行なわれた練行列に、大本山誕生寺から日蓮聖人御幼像の出開帳を戴き、御幼像を先頭に檀信徒と共に唱題行脚を行なった。
行脚を迎える高生寺の境内には、地元鴨川市内のパン屋と身延門前から三河屋数珠店が臨時の店舗を出店させており、集まった檀信徒で大いに賑わい、報恩法要では御幼像を御宝前に奉安した後、荻野住職を導師に読経が捧げられ、和讃会による800年慶讃の特別な和讃も奉詠された。
修法師による法楽加持が行なわれた後に、記念法話として誕生寺慶讃布教師の横浜市蓮馨寺住職辻本学真師を説者に招き、『いのちに合掌』と題した法話が行なわれた。時より笑いが起きるなど、終始和やかな雰囲気に包まれた法話となった。

2018年5月14日号

銚子妙福寺ー妙見堂再建竣工落慶式

千東180517 (6)【千葉東】銚子の妙見様 海上山 妙福寺(廣野観匡住職)は宗祖降誕800年慶讃報恩事業として、妙見宮の再建新築工事を行っており、この度竣工したので、落慶式を行った。
妙福寺は銚子の安泰のため、徳川幕府の肝いりもあり、旧八日市場市入山崎より引越した。妙見宮本殿は1716年第25世日逢上人の時に建立され、明治31年第38世日要上人の時代に拝殿が建立された。
平成23年の東日本大震災の余波により損傷を受け、次の震災では倒壊の危険性が高くなり、解体新築せざるを得ない状況になってしまった。
平成28年2月26日解体、同年4月26日地鎮祭、仏具の修復・建物周りの新設などにより、2年3か月の歳月がかかり本年5月に竣工した。また、彫刻・虹梁・木鼻等再利用できうるものは組み込み、威風を保つ事ができた。
建築費用については賛同者からのみ協賛金をいただき、「寄付のお願い」は一切おこなわなかった。それでも「寄付のお願い」をして周った先代住職の本堂新築工事と同額以上の寄付が集まり、廣野住職は妙見大菩薩及び協賛の皆様に感謝申し上げている。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07