論説

2018年4月10日号

誕生偈「天上天下唯我独尊」

ピッカピカという言葉が一番似合うのは4月、この季節。
寺の前を通る新1年生の顔もランドセルも、ピッカピカ。
「お早う」と声を掛ければ、「お早うございます」と元気な声が返ってくる。
境内の木々や草花も、これに負けじと新芽を伸ばし、花を咲かせ、若葉を繁られている。
いのちの躍動という言葉を実感させられるのが、この季節。
4月8日は、お釈迦さまのお誕生日。私たち仏教徒にとっては、いのちというものについて考えるのに最もふさわしい日ではないだろうか。
この聖日を祝い、各地、各宗、各寺で花まつりのいろんな行事は営まれてはいるものの、クリスマスに関するイベントに較べれば、世間の人びとの関心度には雲泥の差を感じさせられる。
その原因に関しては、いろんなことが考えられるが、お釈迦さまの教えを広めなければならない立場にある私たちの努力不足にも、その一因はあるような気がしてならない。
今、我が日蓮宗は日蓮聖人の降誕八百年を目途として、〈いのちに合掌〉を合言葉に、宗門運動を展開している。
それならば、いのち輝くこの季節に誕生なさった教えの主であり、親でもあられるお釈迦さまを、もっともっとアピールすべきではないだろうか。
そこで、誕生偈と称される、「天上天下唯我独尊」という言葉について、皆さんと一緒に考えてみたいと思う。
この言葉の解説として、国語辞典の権威ともいえる広辞苑には、(釈尊が生まれた時、一手は天を指し、一手は地を指し、七歩進んで、四方を顧みて言ったという語)宇宙間に自分より尊いものはないという意と出ているが、果たして、この説明だけで、人は納得するだろうか。
それと言うのは、同じ広辞苑の「唯我独尊」の項には、①として、天上天下唯我独尊の略と説明しながらも、②には、世の中で自分一人だけがすぐれているとすること。ひとりよがりとの説明も出ているからである。
他人の傲慢な態度を批判するのに、この言葉が、②の意味として使われることが多々ある。
そんなケースに接する度に、お釈迦さまは、そんなつもりでこの言葉を口になさったのではないのにとの思いを強くする。
はっきり言わせてもらえば、日本人は、その程度にしか、お釈迦さまの言葉を理解していないのかと情けなくもなる。
仏教学者ひろさちやさんの著書、仏教の歴史Ⅰ『はじめに釈尊あり』(春秋社刊)には、この誕生偈を意訳して、
「あめがうえ、あめがした
われにまされる聖者なし」
との言葉が記されているが、これでは、広辞苑の解説と余り違いはないように感じられる。
それならば、誕生偈は、お釈迦さまご自身の言葉だと受け止めるよりも、お釈迦さまを渇仰恋慕する人びとによって語り継がれている言葉と考えてみては、どうだろうか。
これは、人びとが、「世の中に、お釈迦さまほど素晴らしい方は、2人といない」と讃嘆した言葉ですと説明すれば、現代人でも、ナルホドと納得してくれるかもしれない。
だけど、この誕生偈には、もっと深いお釈迦さまの思いが托されている気がしてならない。そう考えた時、私は、「天にも地にも、ただ1つ。我がいのちほど、尊きものはなし」との超訳を試みた。「あなたも私も、いのちは1つ、そこに気づいてほしいのですよ」との声が聞こえて来たような気がしたからである。 (論説委員・中村潤一)

illust-ronsetsu

2018年4月1日号

人の心根に流れるもの

2月25日、韓国平昌冬季オリンピックが閉幕した。日本人が獲得したメダル数が、長野オリンピックのそれを超えた。選手たちの健闘を大いに讃えたいと思う。
なかでも、スピードスケート女子500㍍で、小平奈緒選手が見事に金メダルを獲得した。オリンピック3連覇を狙った韓国選手を抑えての優勝である。
そんな小平選手が金メダルとは別のところで世界から賞賛されている。オリンピック新記録を出した自分のレース直後にライバル選手のレースがあるため、口に人差し指を当てて、オリンピック新記録に沸く会場に静粛を求めたのである。そしてその後、1位が確定したところでウイニングランをしつつ、2位の韓国選手を抱きかかえ、「あなたをリスペクトしている」と健闘を讃えたという。このことが、世界、特に地元韓国の人びとの感動を呼んだようだ。
話題が急変して、しかも個人的な話で恐縮だが、昨年暮れに宗門の役職が任期満了となったのを機会に、寺庭婦人(お寺の奥さん)の負担を少しでも軽減しようと、自ら進んでごみ出しをすることにした。寺庭婦人の指導を受けつつ、月曜日から木曜日まで、ごみ出しのカレンダーに従って行っている。しかしこれがなんとも難しい。
ひとり暮らしをしていた40年ほど前は、「燃えるごみ」と「燃えないごみ」だけだったのに、今は、「燃やせるごみ」「燃やせないごみ」以外に、リサイクル上の観点から、「ガラスビン」「ガラス類」「カン類」「段ボール」「厚紙」「新聞」「雑誌」「ペットボトル」等々、細かく分別して、決められた日に出さなければならない。
こんなに難しいのだから、さぞかし間違う人も多いだろう、守らない人もいるだろうと思っていたが、あに図らんや、間違って出しているのをほとんど見たことがない。間違って出すと、「違反ごみ」のラベルを貼られた上に回収してもらえないから、すぐに分かってしまうのだ。一度だけ、段ボールの日に新聞を出して、「違反ごみ」のラベルが貼られているのを見たことがあるだけである。
このことを寺庭婦人に言うと、時々間違って出されてしまうものがあるが、他人のものではあっても、その都度引き取って正しい日に出しているという。ここでまた感心してしまった。その上、同じところにごみを出す近隣の人たちも同様のことをするというから、感心を通り越して感動すら覚えたのである。そして、ラベルを貼られた新聞を持ち帰らなかった自分を恥じることになった。
オリンピックの話とごみ出しのそれとでは、全く次元が違うようにも見えるが、私には、両者に共通する「思い」が感じられる。
それは、他者を大切に思う心であり、見知らぬ他者であっても優しく包み込む心である。人間の心根には常にこのような思いが静かに流れているように思われてならない。
現在、日蓮宗で展開中の「立正安国・お題目結縁運動」では、常不軽菩薩の但行礼拝の精神にならい、全ての人に対して敬いのこころを以て接することを勧奨している。このことは、上述の「思い」と見事に共鳴するに違いない。言い換えれば、人びとは、但行礼拝の精神、敬いのこころを受け入れるだけの土壌をすでに持っているということだ。
我々は、もっと自信を持って、確信を持って、運動を推進するべきだと思う。人びとが敬いのこころを自覚して、その精神を発揮できるよう、思いやりの土壌への下種結縁に励みたいものだ。  (論説委員・中井本秀)

illust-ronsetsu

2018年3月20日号

子どものいじめ

平成24年8月、内閣府は人権擁護に関する世論調査を実施。「子どもに関し、現在、どのような人権問題が起きていると思いますか」との問いに以下の結果が出た。
①いじめを受けること
【76・2%】
②虐待を受けること
【61・0%】
③いじめ、体罰や虐待を見て見ぬふりをすること
【55・8%】
④学校や職場先の選択等のこどもの意見について、大人がその意見を無視すること
【31・9%】
⑤児童買春・児童ポルノ等の対象となること
【28・4%】
⑥体罰を受けること
【24・8%】
⑦特にない・わからない
【5・5%】
(法務省人権擁護局『平成29年度版・人権の擁護』参照)
今日、学校に於けるいじめの事案は多く発生し、家庭内の児童虐待も増加している。共通してこれらの事案は、周囲の眼に付きにくい所で起こっている。
特に被害者である子ども自身が、身近な人に相談することをためらったり、相談できないことも多く、重大な結果になって初めて表面化する例が少なくない。
学校のいじめ認知数が年間1万件に迫る埼玉県の地元紙『埼玉新聞』の「さきたま抄」(今年1月18日付)では、脳科学者・中野信子氏の著書『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館新書)を取り上げた。
中野氏は、いじめは種を残すため脳に組み込まれた機能であるとし、いじめが起こるメカニズムを脳科学的観点から解説。さらに人間の生物学的な本質の分析を重ね、「子どものいじめ」「大人のいじめ」への対応や回避策を提示しており、いじめの防止・抑止にひとすじの光を見る思いがした。
仏教評論家・ひろさちや氏は学校からいじめをなくしたいのであれば、学校を競争原理から解放することが急務であると警鐘を鳴らす。
かつて、ひろ氏は一般紙の中で『生物から見た世界』(岩波文庫)に記される猛禽類が巣と猟場の間に中立地帯を設け、そこでは捕食活動をしないことを例に、義務教育の在り方について論述していた。
猛禽類のヒナは巣立ちの後、しばらくは親鳥の近くで過ごすため、親鳥が巣の近くで獲物を捕らえると、自分の子を襲う危険が生ずるため、彼らは中立地帯を作り、そこでは一切の狩りを行わない。中立地帯は、いわば他の小鳥にとっては安全地帯となり、さまざまな鳥がここに集まり子育てを行うという。
ひろ氏は、日本社会に於ける中立地帯は、ヒナである子どもが育つ義務教育の場、小中学校であると記す。そして、現代日本は競争社会となり、経済活動の場である職場のみならず、教育の場である学校までもが、学力を競う場となり、猛禽類でいう猟場となっていると述べる。
今や教育行政という社会システムの変革を待ってはいられない現実が私たちの眼前に在る。
日蓮聖人が今、ここに在しなば、どうなされるであろうか。我等は、法華経・ご遺文から人間の多様なあり方を学び、さまざまな取り組みができる。
世間智と呼ばれる現今の価値観、あるいは科目としての道徳ではなく、日蓮聖人の眼を通した法華経のみ教え、すなわち仏智で人びとと接することが肝要であろう。
仏祖が人身を仏身とご覧になられたように、私どもも仏眼をいただき、眼前の仏身に寄り添い、つながり続けねばならない。
(論説委員・村井惇匡)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07