論説

2017年3月1日号

仏弟子とはどうあるべきか

身延山奥之院の境内に元政上人埋髪塚があります。かつて京都・深草瑞光寺開山元政上人(1623~68)が、病身を顧みず、年老いた母を輿に乗せ身延山に詣で、父親の遺骨と自分の髪を埋葬した塚です。生涯父母への孝養を怠らなかった元政上人。日蓮聖人の御真骨を拝し
「何ゆえに くだけしほねの
なごりぞと おもえば
袖に玉とちりける」
と感涙をこぼした元政上人。今年、第350遠忌の正当を迎えました。
元政上人は出家以来、一部の戒を軽視する風潮を憂い、「仏弟子とはどうあるべきか」を求め持戒堅固に徹しました。教学に通じ、殊に『日本書紀』や漢詩などの文学に天凛を発揮し、石川丈山や陳元贇など当代一流の文化人と深く交わりました。
自坊の京都市常照寺(鷹峰檀林旧跡)には『元政上人二七歳筆一念三千圖之記』があります。慶安2年(1649)元政上人剃髪の翌年に書かれたもので、一念三千について、十如是之事・五●之事・●法蓮華経之事・大覚世尊之事・諸仏出世之事の五項から論述しています。端正な楷書の筆跡から敬虔な信仰の姿が伝わります。文中「末法に本門五字の妙法を以て流通し群類を引導したもう。所謂、意に妙法五字を念じ口に五字を唱え行住坐臥此を怠らず…」と記し、本門の題目は専ら身口意三業で受持すべきと説いています。
元政上人は洛北鷹峰を訪れ『遊鷹峯記』『重遊鷹峯記』などの紀行文を著しました。寛文3年(1663)夏の『常照講寺記』には「今茲夏孟余 偶北峰に来たって常照寺の密邇に僑す。毎に講論を聞くの外、日に読誦の音あり。余人に謂ひて曰く、凡そ談林の風、講習討論、以て之を勤と為して、誦経を兼ねざるを業となす。此の山並び行うことは独り何ぞや。曰く、講主自ら読誦を勤む。其の勤めざる者をば以て吾が徒に非ずとなす。…利養を貪らず。劬労を憚らず、伝燈を得んと欲せば、多く山寺にあり。読経法事並に物の軌となる。此の如き仏恩を報ずと名づくべし…」とあります。
(常照寺を訪ねると講義以外に読経が聞こえた。檀林では講論中心と聞くが、鷹峰檀林では化主が読誦に励み、読誦せざる者は弟子に非ずという。…指導者たるもの利益を貪らず、伝燈のためには山に籠り専心読経すべし。これ仏への報恩なり。…意訳)
また、元政上人は門下のために『艸山要路』を著し「信以って之を立て、疑以って之を定め、戒以って之を制し、衣食以って之を養い、住処以って之を保ち、知識以って之を調え、誦以って之を鼓し、静以って之を正し、学以って之を明かし、指帰以って之を致す」(文中「之」は仏道の意)と仏道の軌範を示しました。瑞光寺第2世慧明院日燈上人(『艸山清規』著者)作と伝わる「寒水白粥・凡骨将死・理懺事悔・聖胎自生」(寒水白粥凡骨将に死なんとす。理懺事悔、聖胎自から生ず)の句に、草山一門の修行精神が伝わります。
生涯、仏弟子としてのあり方を探求し、常に孝養心を忘れず、教養を具えた求道者元政上人。世寿46歳というあまりに短い生涯でした。元政上人一門が伝えた修行の綱領は後に「法華律」と呼称されましたが、それは戒律のための戒律ではなく、あくまで「仏弟子とはどうあるべきか」を純粋に求めた行儀作法であり、私たち日蓮門下にとって貴重な道標です。
(論説委員・奥田正叡)

illust-ronsetsu

2017年2月20日号

宗教は人を幸せにするためにある

永年、タイガーマスクを名乗って経済的に困難な家庭の子どもたちにランドセルを送り続けていた河村正剛さん(43)が実名で名乗り出た。
本物のタイガーマスクが出場するレスリングのリング上に立った河村さんは「子どもたちはいじめられるために生まれてきたのではありません。抱きしめられるために生まれてきたのです」という素晴らしい言葉を私たちに向けて発信した。最近まれに見る感激する場面だった。親が子どもを虐待したり、死に至るような酷いいじめが友人同士だけでなく教員によって行われたり、という報道が続く中で涙が出るほど嬉しかった。
自身が主宰するNGOが、長い間の外国での活動から国内に目を向け始めたのも、そうした世相が看過できなくなったからである。昨年秋には活動の手始めに静岡大学管弦楽団の学生50人の協力を得て孤児院を訪れ、慰問演奏会を開催したのだが、そこで生活していたのは孤児ではなく、家庭内暴力から避難してきた子どもたちだと知った。
そこには、まだ5歳にもならない幼児もいた。学生たちの配慮で選曲されたディズニー音楽に大喜びしていたが、その幼児を膝に載せていたのは同じ境遇にある年長の少女たちだ。優しい母親の腕の中で聞いていたならもっと幸せだっただろう。
こんなにかわいい幼児たちまでもが家庭内暴力の犠牲になっているのが日本の現実だ。それを知った学生たちにとっては、意義深い活動だったに違いない。彼らの多くが教育学部の学生で教員を目指しているからだ。
河村さんは、活動をこれからも続けると仰っていた。この報道をきっかけに全国で第2、第3のタイガーマスクが出現するに違いない。心が晴れる思いだ。
このランドセルについては本紙の「鬼面仏心」欄にも書かせていただいたが、高価な革製のものにする理由が分からない。満開の桜の下を真新しいランドセルを背負って学校に通う新入生の姿はもはや定番ではない。貧富の差が拡大した今、推定25%の家庭にとっては大きな負担になっているはずだ。新しいランドセルが買えないために入学式に出たくないという新入生もいると聞いた。簡単なリュックサックのようなものですますこともできるはずだ。
服装も負担が大きい。すべての小中学生が制服を着用するようになれば、兄や姉が着たものでも使える。ファッションを競い合うこともない。毎日同じ服を着ているといじめられることもなくなる。商業の活性化による経済成長が大切なのは分かるが、子どもたちを犠牲にしていいとは思えない。
寺の門前を、登校時刻ぎりぎりになって学校に向かう小学生がいることに気づいた。頭を下げ、暗い表情のまま通り過ぎようとしているのが気になって「おはよう」と声をかけた。すると、下を向いていた彼がハッとした表情で顔を上げ、大きな声で返事をしたのだ。彼の目は輝いていた。学校で嫌なことでもあるのだろうが、その一瞬はきっと幸せなのだろうと思い、会うたびに声をかけることにしている。これを道行く人々が皆で始めたらどうだろうか。世の中は良い人たちばかりなのだと安心するに違いない。
宗教は人を幸せにするためにこそあるべきだ。そのために金品はいらない。全ての大人が子どもたちを優しく見守ってあげられる社会こそが仏国土ではないのか。空題目ではいけない。
(論説委員・伊藤佳通)

illust-ronsetsu

2017年2月10日号

高齢者、75歳から

■はじめに
一般的に65歳以上とされている高齢者の定義について、高齢問題の研究者らでつくる日本老年学会と日本老年医学会は1月5日、75歳以上とすべきだとする提言を発表した。65~74歳は「心身とも元気な人が多く、高齢者とするのは時代に合わない」として、新たに「准高齢者」と位置づけられた。
■高齢ドライバー
同9日付け朝日新聞「ひととき」欄に73歳の主婦の「駐車場で染みた親切」という一文が掲載されていた。そこに運転にまごついたために周囲に迷惑を掛けてしまった自身の体験が綴られていたが、この一文は「近頃、高齢ドライバーは肩身が狭い」で始まる。
機械で料金を精算する市営の駐車場を出ようとしたところ、財布には機械では使えない5千円札しかなかったというのだ。あわててバックしようと思ったが、すでに後続車が後ろに。結局、後ろの人に事情を話してお金を借りて精算。
優しく手を差し伸べてくれた女性は熱を出した子どもを保育園に迎えに行くため急いでいたようだ。筆記用具を持っていなかったので、連絡先を聞くこともできず借金も返せず。後日お礼を言うこともできない。支払い用の千円札を用意し忘れたこと、その後の混乱した対応を反省しているが、高齢に起因することなのだろうか。
■准高齢者
65~74歳は、今までは「前期高齢者」とされていた。仕事やボランティアなど社会に参加しながら、病気の予防に取り組み高齢期に備えるという意味で、これからは「准高齢者」に区分、単に社会に支えられる側から、支える側面も捉え直すことで、明るく活力ある高齢化社会づくりにつながるとしている。
一方、現在、日本の平均寿命は83・7歳。世界保健機関(WHO)によると、世界全体の平均寿命は71・4歳で、日本は20年以上連続で世界首位を保っているという。
でも日本人の自殺率は先進国の中では最高で、高齢者のそれは一段高いとも発表されていて考えさせられる。
■後期高齢者
昨年の総務省の推計によると、65歳以上は約3400万人で人口の約27%。高齢者を75歳以上とした場合は約13%とその半分になるという。
日本の国勢調査ではかつて、60歳以上を「老年人口」としていたが、昭和40年(1965)以降は65歳以上となった。いわゆる老人の人口増は基礎年金の支給開始年齢原則65歳や、介護保険のサービス65歳以上などの社会保障制度にも大きく影響を及ぼしている。
ともあれ、私もこの2月20日で満77歳の喜寿。後期高齢者医療制度の対象者である。女優の八千草薫さん(85)の昔からのファンだが、彼女の座右の銘「いつも楽しく、どんなことも楽しく!」をこれからのモットーとしたい。
(論説委員・星光喩)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07