論説

2018年10月10日号

人間の存在意義を考える

「オッケー○○―電気を消して」「わかりました」「オッケー○○」と話しかけ、利用者の要求にほとんど応えてくれる便利な機械(スピーカー)のコマーシャルを、一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか? 家族の団らん風景、一人暮らしの会社員の帰宅時、恋人たちのデート中など、そばに置かれたこの無機質な機械とのやり取りを見ながら、日常生活の中にもAI(artificial intelligence=人工知能)と共存していく時代になったことを、人間の存在意義とともに考えたい。
AIとは、人間にしかできなかったような高度に知的な作業や判断を、コンピューター中心とする人工的なシステムにより行えるようにしたもので、例えば、温度の変化に応じて機能するエアコンや冷蔵庫、将棋のプログラムや掃除ロボットなど、すでに市場でポピュラーに販売されているものと、最近ではもっと巧みな人間の思考に適応する技術の開発が進んでいる人工知能をいう。
英国オックスフォード大学の学者と野村総合研究所が、2015年に共同研究を発表した。それは、国内601種類の職業について、それぞれのAIやロボットなどで代替えされる確率を試算したところ、10年~20年後に日本の労働人口の約49%が就いている職業において代替え可能であるという結果報告を出した。裏を返せば、これから生まれる新たな職種と残った51%の職種が、人間に託されるということである。
この結果に、経済界のみならず私が関わる教育界は非常に揺れた。具体的な職種が挙げられる中で、抽象的な概念を整理するための知識が要求される職業、他者との協調や理解、説得やネゴシエーション(意見や方向性の不一致が発生した際に議論によって合意や調整を図ること)、サービス志向性が求められる職業は代替えが難しい傾向があると示されたからである。この研究結果も影響してか、本年度4月から幼稚園、保育所の教育要領、保育指針が大幅に改定された。この目的は、「すべての幼児に質の高い教育を施すことは、将来の人間性に大きな影響があり、社会にどう関わるのかという基盤となる」という裏付けからである。戦後の学校教育がしてきた「知識をどれだけ知っているか」という暗記とマニュアル化教育から、「何ができるか」さらに「どのような問題解決を現に成し遂げるか」1人ひとりの対話的で深い学びと資質、能力の育成が教育の目標となっていく。これは、人間の尊厳を守るための人間教育が始まったと言ってもいいかもしれない。しかし、ここで進む方向を間違えてしまうと取り返しがつかない危険性も強調したい。
教育要領改定で、幼児期の終わりまでに育みたい10の姿として具体的に示された子どもたちの姿に「生命尊重」がある。これは、AIではできないことである。命ある人間として生きていく中で、とってかわることのできない大切な存在としての自分や、他者に出会うこと。生きがいややりがい、失敗、挫折や葛藤からの学びなど、目には見えない心のありようや揺れ動きに価値を持ち、どう行動にしていくか。自分が、宇宙の微塵な存在として謙虚になることも含めて、釈尊の教えが重なる。人間力とは何か? 人間が存在する意味を、教育に携わる者としての自覚と共に考え続けて行きたい。
(論説委員・早﨑淳晃)

illust-ronsetsu

2018年10月1日号

臨床宗教師

檀家であるT家の奥さんから電話があった。ご主人がガンに罹り、しばらく入院していたが自宅に帰ってきたとのことだ。ご本人が会いたがっていると仰る。
20歳の時に末寺の住職を務めてから50年になるが、末期ガンの方から会いに来て欲しいと言われたのは過去にも数回しかない。
もちろん快諾してご自宅に向かった。大工であるご自身が自ら建てたというお気に入りの部屋で静かに休んでおられたのだが、小生の顔を見て心から喜んで下さったのがよく分かった。
枕元に座らせていただくと「伊藤さん。よく来てくれたね」と手を出してこられた。臨終間際のTさんは、親しい友人としてどうしても会いたいと声をかけてくれたのだ。
Tさんご夫妻は、寺で開催する法話の会の熱心な会員だった。毎月必ずご夫婦揃って出席され、その後の懇親会にも欠かさず出てこられた。いうならば小生とは飲み仲間とでもいう間柄になっていたのだった。
病院から帰ってきたのは快復してのことではなかった。それはご自身もよく理解しておられる様子だった。臨終が間近に迫っている方に、病気を治して元気に、などとは言えない。「早く生まれ変わって一緒に酒が飲めると良いね。その前に僕もそちらにいくからそこで飲むのも良いかな」と笑いを誘うと、にっこり笑って「そうだね」と頷かれた。
死は、生の後に誰にでも訪れる。死そのものはけっして不幸なことではない。不幸な死があるとすれば、社会の一員としての自覚のないまま死を迎えたときだ。それを実践されたから、Tさんは穏やかにしておられたのだと、四十九日忌を迎えて思った。
同じ頃、東北タイの大学病院で我々のプロジェクトの責任者として働いていたタイ人看護師のSさんがやはりガンに冒された。まだ50歳になったばかりだ。末期だという。さっそく現地に出かけたのだったが、そこには親族だけでなく、多くの仲間たちや元学長、病院長までもが集まっていた。
信じられないだろうが、その夜、彼女の心の安穏を願うパーティが開催され、彼女に勇気を与えようと全員で歌まで歌ったのだ。
儒教の影響が少ない彼らは、悲しみは口にしても、だれにも必ず来る死を不幸だとは思っていない。貧しいことで有名な東北タイの農村で続けられたガンの早期発見プロジェクトで、先頭に立って活躍していた彼女の人生には、ひとつの後悔もない。不幸な死を迎えるはずがないことを誰もが知っていた。
最近、臨床宗教師という資格が、決められた単位を修得した宗教者に与えられるようになった。末期患者に寄り添い、話を聞き、安心(あんじん)を与えてさし上げるという大切な仕事をする。近い将来には衣を纏った僧侶たちが病院にあふれるようになるだろう。
遅ればせながら、仏教本来の活動が始まるのだ。その日を待っているのは小生だけではないだろう。臨終に檀那寺の僧侶を呼ぶ事ができるのは、生きている人に法を説く本当の仏教の姿を理解しておられるからだ。
葬儀もまた大切な儀式だが、そこに至る生き様の部分で僧侶にできることは多い。それを実践しての臨床宗教師であろう。宗門内でも臨床宗教師への関心が高まることを望む。
(論説委員・伊藤佳通)

illust-ronsetsu

2018年9月20日号

法味考

一般に、お客さまをもてなすために四方に食材を求めて奔走しておいしい食べ物を準備することを「ご馳走」というが、それでは、恐れ多いことではあるが、私たちにとって最も尊い存在であるお釈迦さまをもてなすための最良の「ご馳走」は何であろうか。
お釈迦さまや菩薩さま、諸天善神は、「仏法=仏の教え」を味わうことを唯一最高の楽しみにしているとされている。お釈迦さまは、仏法という自らの悟りの境地を法味として満喫して安住し、広く衆生に施しておられるし、菩薩さまは仏法をもって衆生の教化に当たっておられる。そして諸天善神は法味を味わうことによって威光勢力を増して衆生救済の力を発揮する。
ところで、「仏法=仏の教え」といってもいろいろな内容がある。「涅槃経」では、お釈迦さまの説法を、牛乳が次第に発酵して熟していく過程に例えて五段階に分類している。初めが牛の乳そのもので(乳)、酪(らく)、生酥(しょうそ)、熟酥(じゅくそ)、そして最後が最上の醍醐(だいご)であり、この醍醐を味わえばどのような病でも癒えるとする。
このように、お釈迦さまの説かれた教えとしての「法味」にはさまざまなものがあるが、法華経こそがお釈迦さまの教えの最上のもの、すなわち醍醐であり、そのエッセンスがお題目に他ならない。従って、私たち日蓮聖人の門下が「法味」と言った場合、それは法華経及びそのエッセンスであるお題目をさすことになる。
日蓮聖人は、諸天善神が「法味」を十分味わうことができないと、本来持っているエネルギーが衰退し、守護の力が発揮できなくなる。それが社会の活力を失わせ、混乱が起こる源であるのに、ほとんどの人がそのことに気づいていないと、多くのご文章やお手紙で指摘している。このことは、現代にも当てはまることである。
私たちはお釈迦さまから既に最高の「ご馳走」を受けていることになるので、その「ご馳走」に私たち凡夫の作る「ご馳走」でお応えすることは全く不可能なことである。法味を受け取ることができた感謝と敬いの気持ちを、心と行いと言葉で供養することによって、お釈迦さまに捧げるしかない。
ところで、時に誤解があるのではないかと思うことがある。先に触れたとおり、超熟醍醐の法味である法華経とお題目は、本仏釈尊から日蓮聖人を通して慈雨として常に私たちに降り注いでいる。それを受け取った私たちは、自分自身がありがたく味わうだけではなく、独り占めすることなく周りの人々におすそ分けするのである。この流れの方向を十分弁えなければならない。
太陽の慈光の恵みを私たちは受け取って生きている。お釈迦さまの教えはあたかも太陽の光のように私たちに恵みをもたらしている。私たちが鏡となって光を反射し、光の当たらないところに光を行き渡らせることはできるとしても、私たち自身が太陽と同等の光を発することは難しい。また、慈しみの雨は天から私たちに降り注ぎ、私たちはその滋養をそれぞれ力量に応じて受け取るのであるが、私たち自身が慈しみの雨を降らせることは至難の業である。
つまり、私たちの唱えるお題目や法華経を、どうぞ味わい下さいとお釈迦さまや日蓮聖人にお返ししようとすることは、方向が逆になり、僭越の謗りを免れ得ないのではないかと思うのである。(論説委員・柴田寛彦)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07