論説

2017年8月10日号

法界万霊の供養とともに平和祈願も  ー お盆と終戦記念日を迎えてー

間もなく旧のお盆と8月15日終戦記念日を迎える。
 お盆には、我々は先祖の霊、祖父母、父母、兄弟の霊を精霊棚に迎え、家族皆で故人の回想をし、僧侶を迎えて供養し、菩提を弔う。
 夕方になると迎え火を焚き、灯籠に灯を点す。ロウソクの火は風に揺れる。そんな折には、根源的感覚が働き、先祖の霊の存在を感じるのである。
盆中に施餓鬼を行う寺も多い。
 檀家各家先祖の諸霊魂供養の他、檀信徒各家親戚縁者ばかりでなく、法界万霊の菩提を祈る行事である。
 施餓鬼壇の上を見ると、一番中心に「法界万霊」、横に「戦死病没之霊位」「当山檀方中一切之諸精霊」「当山歴代之諸上人覚位」等の位牌が並んでいる。「法界万霊」とは、この世に命を授かった生き物全て、即ち人間、動物、植物等生命あるあらゆる存在を供養する位牌である。
「戦死病没之霊位」とは、戦死病没した日本の人たちはもちろん、過去から第2次世界大戦、その後中東、アフリカ、東南アジア等の戦争で亡くなった人々全ての霊を供養する位牌である。
 日蓮聖人が『盂蘭盆御書』で示しておられるように、自分の縁者ばかりでなく、近隣の人々に供養することが、先祖供養になるのである。更に、この世に存在した人の霊魂だけでなく、この世に存在した動物植物全ての存在の菩提をとむらうのである。
 日本ではお盆と、第2次世界大戦終戦に至る広島・長崎原爆投下、ポツダム宣言受諾の時期が重なる。
 8月に入ると、旧盆の棚経が始まる。精霊棚がしつらえられ、先祖が戻ってくる準備が進む。盆提灯が下げられ、火が点されると、不思議と先祖がこの家に戻ってきているような感じがする。
 やがて8月15日がやってくる。この日には、国主催の戦没者慰霊祭が行われる。天皇、皇后両陛下、内閣総理大臣をはじめ多くの人々、遺族等が集まり、軍人・軍属・民間人の戦死病没した方々の慰霊をする。
 今次大戦では広島・長崎の原爆投下、沖縄戦への米軍上陸、東京大空襲、地方都市の無差別爆撃等で、多くの民間人が直接の被害者となった。 
 軍人といっても、職業軍人よりは招集軍人が多かった。民間人が招集され、にわか仕立ての軍人として参戦し、多く戦死していった。
 戦争末期には子どもが3人も4人もいる父親が招集され、満州や南太平洋で参戦、戦死して遺骨も帰ってこなかった。子ども・老人も爆弾・焼夷弾の攻撃に晒され、家族は食物が無く飢えた。
第2次大戦は、航空機の性能が向上、原子爆弾を始め、想像を絶する大量破壊兵器を運ぶことが可能になり、多数の人命を奪った。
この大戦では犠牲になった人の数が、概数ながら算定されている。統計の取り方が均一でないので、概数で見てみる。これは軍人・民間人を合計した死者数である。
世界では6000万~8500万人、当時の世界人口の約2・5%が犠牲になったといわれている。
各国の犠牲者をみると、日本は260万~312万人、日本とともに枢軸国であったドイツは700万~900万人で日本の約3倍もの人が犠牲となった。
中国では、共産軍と国民軍の内戦、食糧不足による餓死を含めて、700万~900万人が亡くなったと言われている。
最も多くの犠牲者が出たのは、ソビエト連邦で、2180万~2800万人が犠牲になったといわれている。 ここにあげたのは、ほんの数ヵ国である。他にもヨーロッパ、アジアの国々は多くの犠牲者を出した。
このような大量殺人という地獄の業を人類が犯したのである。その中心にいた日本、ドイツの責任は重い。日本は第2次世界大戦の原因、誤りを国家として総括したのであろうか。
 お盆には、自家の祖先を供養するだけではなく、生きとし生けるもの全て、もちろん戦病死した世界の人々の霊も、供養し、平和を祈りたい。
(論説委員・丸茂湛祥)

illust-ronsetsu

2017年8月1日号

核兵器禁止条約と被爆国日本

 今春、国連本部での「核兵器禁止条約」の交渉会議で、日本政府の代表は「核兵器保有国の理解や関与が得られない」と、交渉への不参加を宣言し、これまでの「核保有国と非核保有国の橋渡し役」という立場を放棄した。被爆地広島出身でもある岸田文雄外相は、昨年10月には「積極的に参加し、主張していきたい」と訴えていたにも関わらず、一転して「核兵器国と非核兵器国の対立をいっそう深めるという意味で逆効果にもなりかねない」と交渉への不参加を表明した。その後、7月の「核兵器禁止条約」の交渉会議では、120ヵ国以上が参加し、ついに採択へと至った。しかしそこには核兵器を保有する米国、英国、ロシア、フランス、中国、そして米国の「核の傘」に入る日本などの姿はなかった。
 日本政府としては「現実の安全保障問題の解決に結びつくとは思えない」と表明し、5核保有国などと歩調を合わせる道が妥当と判断したのである。
 しかしこのような日本の姿勢に対して、被爆者や多くの国民から落胆や憤りの声が出ている。
これまで日本政府や多くの政治家は「世界で唯一の戦争被爆国として…」ということばを繰り返し述べ「核兵器廃絶に向けて世界をリードしていく」という決意を示していたはずである。ところがこれでは「被爆国としての責任放棄」という声が上がってもやむを得ない。
 核兵器は世界の平和のための「必要悪」などではなく、人類にとっての「絶対悪」であり、またそれは道徳に反するものであり、法律にも反するものであるという被爆者のことばは重い。
核兵器の非人道性は言うまでもないが、それが一旦使用されれば、地球規模で重大な環境破壊を引き起こし、人類の生存を脅かし、将来世代の命までを危険にさらすことをあらためて自覚しなければならない。
 今回、条約の前文に「核兵器使用の犠牲者の苦難を心に留める」として、「Hibakusha(ヒバクシャ)」のことばが入ったことはせめてもの救いであった。
 これについて広島市の松井一実市長は「被爆者を『サバイバー(生存者)』とせず、『ヒバクシャ』と記述した点は、被爆者として生き延びた人という英訳以上の、書ききれない意味をこの一語に込めてもらった」と述べている。
 しかし、今後核保有国がこの条約に加盟する見込みは立っていない。核兵器廃絶ということは、今日の世界情勢から考えれば一朝一夕で成し遂げられるものではないことは容易に想像でき、日本政府の立場も一面的には理解もできる。しかし、この道が「橋渡し役」を担う「唯一の被爆国」としての最善の選択であったのか大いに疑問が残る。今後の日本政府の方向性をしっかりと見守りたい。
 日蓮宗では、これまでも原水爆・核兵器廃絶を訴え続けてきた。また今年三月の日蓮宗定期宗会において小林順光宗務総長は「戦争を知らない世代には、その悲惨さを伝え続け、核兵器廃絶を目指し、いかなる戦争にも反対し、世界立正平和活動を続けていく」と述べている。
 昭和34年、千鳥ヶ淵戦没者墓苑(東京都)が建立されて以来、日蓮宗では毎年八月十五日に戦没者追善供養と世界立正平和祈願法要を営んでいるが、筆者も毎年参列し、その度に不戦の誓いを我が身に刻んでいる。
「世界唯一の被爆国」ということばは、単なる枕ことばであってはならない。その背後から聞こえる「ヒバクシャ」の悲痛な叫びをしっかりと受け止め、核なき世界の実現へと歩みを進めていかねばならない。
(論説委員・渡部公容)

illust-ronsetsu

2017年7月20日号

いのちに合掌し、生きる喜び感じる社会に

 地域住民から「丸木さん」と親しみを込めて呼ばれる美術館がある。
 埼玉県東松山市下唐子に在る「原爆の図 丸木美術館」は、1967年に日本画家の丸木位里と洋画家の俊夫妻=ともに故人=によって開設された。
 丸木夫妻は、原爆が投下された数日後に広島に入り、惨状を目の当たりにし、その後、31年かけて「原爆の図」15部の連作を共同制作した。広島は位里の故郷であった。
 創設当初は、展示室2部屋の平屋建てであったが、展示作品が増えるに伴い増改築が重ねられ、今年5月には開館50周年記念の催しが行われた。
 美術館では常に『原爆の図』14部が展示されている。その作品群は、いずれも縦1・8㍍、幅7・2㍍の屏風仕立てであり、ガラスケースに保管されていないため、眼の前で見ることが出来、作品に描かれる人物から強烈なメッセージが伝わってくる。
 また、時に応じた企画もあり数年前には、中沢啓治の被爆体験をもとにした自伝的漫画『はだしのゲン』の原画展が行われ、リアルな彩色原画や関連展示物を通し、戦争の悲惨さを感じ「いのち」の尊さを学ぶ機会に恵まれた。
 5月5日付の『朝日新聞』では、俊の姪で養子となり、晩年の夫妻を知る絵本作家・丸木ひさ子さんのインタビュー記事を掲載していた。
 「生前の俊は制作の合間、見学者に絵の前で解説することもあった。美術館を子どもたちへの教育の場とも考えていたからだという。俊が、『原爆が落ちたらどうなるの?』と尋ねた小学生に『自分で考えてごらん。みんな自分で考えないと死んでしまうんだよ』と言うのを見て驚いたことがあります」。ひさ子さんは、続けて「2人が美術館へ込めた願いは『絵を見て考えてほしい』です」とむすんでいた。
 今日、丸木美術館に原爆を知る語り部はいない。しかし、作品群に描かれる人物1人ひとりが語り部である。作品を描いた俊自身、ガラス片が全身に刺さった少女に対し、余りにも痛々しくかわいそうで、思わずガラス片の数を減らして描いたという。俊は少女の声を聴いたに違いない。
 美術館の横には広島から移した原爆地蔵尊が祀られ、8月盆には慰霊祭を営み、近くを流れる都幾川で精霊流しが毎年行われている。
 哲学者・鷲田清一氏は「教育は、これに精進すればこんな見返りがあるという論法でなされるものではない。次の世代が正しく、そして確実に生き延びられるよう、自らのもてるあらゆる知恵を伝えることにある」(『朝日新聞』5月10日付「折々のことば」)と記している。
 今、宗門では「日蓮宗が1つになって合掌する」ことを提案している。日蓮宗の合掌とは、日蓮聖人が『観心本尊抄』の中に示された「所見の人において仏身を見る」とのみ教えを「合掌」に込めて互いに「いのち」を軽んじることなく、深く敬う菩薩行の実践である。
 梅雨が明け酷暑の季節、7月から8月にかけて夏休みやお盆休暇を迎え、寺院では修養道場やサマーキャンプなどが行われ、夏祭りやお盆行事もあって多くの家族、子どもたちと触れあう機会も多い。
 子どもたちが生まれてきてよかったと感じ、年を重ねる大人たちが、生きてきてよかったと心から思える社会のために、あらためて「いのち」に合掌する尊さを仏祖の教えに学び、先人の労苦を偲び、生きる知恵を磨き伝えねばならない。
(論説委員・村井惇匡)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07