論説

2018年11月10日号

◆世界異常気象時代の到来
今年6月末から7月にかけて降った豪雨は、広島県、岡山県、愛媛県を中心に、西日本に大きな被害をもたらした。200人を超える人びとがお亡くなりになり、多くの方々が家を失った。
それに今年は早くから台風が発生し、例年の倍といわれる台風が日本に接近した。特に21号と24号の台風は日本列島を縦断して、各地に大きな被害をもたらした。
豪雨や台風による雨量は、気象庁始まって以来という記録的なものであったが、雨量だけではない。今年の夏の猛暑も今までに経験したことがなかったというほどの暑さに悩まされた。
これらの現象は日本だけではない。世界各地でも災害級の暑さに見舞われて、多くの命が奪われたという。
アメリカでは、大型ハリケーンが襲来し、多大な被害を出して多くの人びとが命を失い、家を失ったと報道されている。
世界の天災記録によると、2010年以降、異常気象による災害が急激に増えてきていることがわかる。まさに世界異常気象時代の到来といわれる所以であろう。
一方、天災とともに、また今年も大きな地変が発生した。
北海道ではマグニチュード7・5の大地震があり、インドネシアでも同じくM7・5の大地震が起きた。両地とも多大な被害や犠牲者が出たが、特にインドネシアでは津波の被害もあって、大混乱が続いている。
日本では東日本大震災、熊本地震、北海道地震と続いて大地震が起きていて、天災地変の時代に入っていることを誰しも痛感していることであろう。
ここで私たちは、『立正安国論』の問題提議である「旅客来りて嘆いて云く」の文を思い起こさざるを得ない。
◆天地は人類の明鏡
日蓮聖人は、天地は人類の生きざまの鏡であるといわれている。その鏡も単なる鏡でなく、明らかな鏡、明鏡であると言われている。つまり私たち人類の生き方がそのまま天地の鏡に写しだされてくるので、天災地夭は人類の生きざまの誤りが原因だというのである。
たしかに異常気象の原因は、地球温暖化によるものだといわれている。この温暖化は、人類が温室効果ガスの排出量をゼロにするしかないという。まさに人類の努力にかかっている。
しかしこのわく組みを決めるパリ協定から、自国第一主義の米国は離脱することを表明している。私たち人類はこの過ちをどうしても止めなければならない。地球の平安と人類の平和は、世界人類が共に背負わなければならないからだ。立正安国・世界平和運動の意義はここにある。
◆国土は浄仏国土
法華経には、「我が此の土は安穏にして天人常に充満せり。園林諸の堂閣種種の宝をもって荘厳し、宝樹花果多くして衆生の遊楽する所なり」とある。
この私たち衆生が遊び楽しむべき浄仏国土を乱しているのは誰か。それはこの国土世間に生きる私たち人類である。
あくなく戦争をくり返し、人類滅亡・国土破壊の絶対悪の核兵器を一向に廃絶しようとしないこの人類の誤った生きざまが天地の明鏡に写らない筈はない。
核兵器禁止条約が国連で採択され、核廃絶の機運が盛り上がってきた今日、米国と旧ソ連とで結んだ「中距離核戦力廃棄条約」からの離脱を米国が表明すると伝えられている。これは歴史に逆行する行為であり、仏国土の顕現を乱す過ちであることは間違いない。
立正安国・お題目結縁運動を担う私たちの責任は重い。
(論説委員 功刀貞如)

illust-ronsetsu

2018年11月1日号

実りの秋に思う

自己の細やかな経験知であるが、少年刑務所の教誨師そして保護司活動を通して、彼らの共通する点の1つに他者への責任転嫁があるように感じる。
また何か事に対して過度の期待を抱いていることにも気づく。私自身がそうであるが、他者に何かをして差し上げた時、ある程度努力した時は顕著で、「こんなにしてあげたのにこの程度しか喜ばれない」「あれほど、努力したのにこんな結果しか出ない」など、いわば勝手に期待して喜びの前借りをしているようなものである。挙句、他人や成果に対し腹を立てる浅ましい小さな己の姿があらわになる。
今年に入り筆者は檀信徒研修道場と僧道林に出向する機会を得た。
檀信徒研修道場とは、宗門運動「立正安国・お題目結縁運動」推進のための信行推進者を養成することを目的に年度中2回開設される。本年度第1回の様子は本紙6月10日号に掲載され、全国から集まった檀信徒が信仰を深め合う信行の姿が報じられた。第2回は10月16~18日の日程で身延山で実施され「報恩~身延の祖師に学ぶ」をテーマに実施された。毎回、実り多い研修が行われリピーターも多く、所管の伝道部では各教区からの新たな参加者を呼びかけている。
他方、僧道林とは信行道場35日間の修行を前に、僧道生活の経験の少ない沙弥が集中して訓育指導を受ける出家の教育機関である。信行講話をはじめ法式声明や読経練習・坐作進退・衣帯の畳み方さらには受食作法の習得を目指す。
檀信徒研修道場、僧道林いずれも「三宝給仕」を信行の基本とする。『拾遺和歌集』にある
「法華経を我が得しことは薪こり菜つみ水汲み仕えてぞ得し」とは、提婆達多品に示される「法の為の故に精勤し給仕」する弟子の師に仕える姿を詠んだものである。
仏宝【久遠実成本師釈迦牟尼佛】、法宝【妙法蓮華経】、僧宝【日蓮聖人】がそなわる大曼荼羅ご本尊に見守られ今の自己があることに感謝し営む報恩のお勤めを「お給仕」という。檀信徒であれば菩提寺に詣で、ご本尊の前にぬかずき合掌礼拝し、花を供え香を手向け、心からのお題目をお唱えする。この1つひとつの行いが、ご本尊に捧げるお給仕となる。
2016年、JTのコマーシャルに「人の想いは見えるものではなく、気づくものでした」(コピーライター米田恵子さん)とあった。私どもはお給仕を通して、み仏やお祖師さまの「生き身」を感じ気づくことができる。
今年9月2日付『朝日新聞』天声人語では、精神科医の宮地尚子さんがエッセーの中で書いている「いいこと日記」を紹介していた。
▼その日の良かったことを三つ、簡単にメモするだけという。悪かったことはあえて書かない。どれほど嫌なことがあったとしても▼そんな日記を続けて宮地さんが見えてきたのは「いいことはたくさん起きているのに、それらを当たり前のように受けとめて、じゅうぶん味わっていなかったなぁということ」。なぜうまくいかなかったのかと不満を持ち、反省することに多くの時間とエネルギーを費やしていたことも分かったという。
(天声人語より引用)
私たちは、日々、生身の仏祖に、「いいこと」を添えた報恩のお題目を唱え、お給仕を重ねる時、おのずと有ること難しの「いのち」に合掌できるのではあるまいか。そして今、生きとし生けるもの全てにも合掌を広げる季を迎えた。
(論説委員・村井惇匡)

illust-ronsetsu

2018年10月20日号

国のあるべき姿

戦後生まれの私は、いつの間にか70歳を越え、そのささやかな人生の歩みの中で、四季折々の風景が回り灯籠のように浮かんできます。春の野に黄色い絨毯を敷きつめたような菜の花畑。初夏の夕暮れとともに田圃に乱舞する蛍の群れ。灼熱の太陽のもとでの川遊び。秋には豊かな稔りの穂波。冬は雪に輝く山脈。
このような情景がつぎつぎと浮かび上がるとともに、その折々に、多くのことを教えてくださった人びと。親しく遊んでくれた人たちの顔や言葉が思い出されるのです。
けれども、いっぽうでは、季節の移り変わりの中で、自然の猛威が私たちの生活を、根底から揺り動がした出来事が思い出され、恐怖心が身をちぢめてしまいます。豪雨によって決壊した大河の流れ。それにともなう人びとや家畜にいたるまでの犠牲。台風による甚大な被害。そして大地震、大津波など。
今年も、季節は春から夏、そして秋が廻ってきましたが、同時に全国各地で大地震、大洪水、猛暑、そして台風の脅威などがつぎつぎと襲い、はかり知れない災害をもたらしています。その中にあって、小さな私のできることは、被災された方々に対するお見舞いのことばであり、安穏なる国土への祈りなのです。
このように私たちは、自然環境と不可分の関係性をもっていると同時に、歴史的・人為的社会、共同体とも切り離せない存在です。
ところで、私がものごころのついたときから、疑問をもち、それが今日まで解決されないままでいることに気づかされることがあります。
分家に育った私は、隣の本家の仏壇を拝むとき、中央にご本尊が祀られ、その下段には、またいとこ(はとこ)の2人の男の子のセピア色をした遺影が祀られていました。2人は、昭和20年(1945)3月下旬の小学校の終業式の帰り、アメリカ軍の艦載機の襲撃によって殺戮された兄と弟です。
当時、村ごとに集団による登下校が義務づけられ、私の集落の小学生20余人は、下校時に空襲警報のサイレンにうながされ、林の中の大樹の根もとに折り重なるようにしてお互いの身を守ったのです。しかし、無残にも、その子どもたちに機関銃は向けられたのです。
集落の氏神さまを祀る神社の境内の一隅には、石像のお地蔵さまが建立され、台座の部分に、死去した子どもたちの名前が刻まれていました。
昭和16年(1941)12月8日、日本は対米英宣戦布告し、戦争へと突入するなかで、日本の所有している軍事力が、どれほどのであるかを、客観的に分析していたのであろうか。そして昭和19年(1944)以降、日本の本土が襲撃されるような状況下でも、なお戦い続けなければならなかった理由とは、いったいどこにあったのであろうか、と今も思いつづけています。
800年前の『方丈記』は、すぐれた為政者は、万民に対する「あはれみ」という、他者を思う心をもって国を治めるものであると断言しています。
日蓮聖人が『立正安国論』を前執権北条時頼に奏進されたのも、まさに為政者のあるべき姿を仏法の立場からただされたものと受け取ることができます。
そのように考えるとき、まさに私たちは、上位者の意見に盲従し、みずからの思考を停止させることなく、この国のあるべき姿を問いつづけることの大切さを痛感しているのです。
(論説委員・北川前肇)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07