論説

2017年10月10日号

野生のカワウソ対馬で発見!

琉球大学の伊沢雅子教授(動物生態学)らの研究グループは8月17日、国内で38年ぶりに野生のカワウソを長崎県・対馬で撮影したと発表し、それが絶滅したとされる〝ニホンカワウソ〟かもしれないと、日本中にニュースが流れた。
〝ニホンカワウソ〟とは辞典には次のように記されている。「かつては日本全国の河川などの水辺で見られたイタチの仲間の哺乳類で、尻尾を含めた体長は1㍍前後。ヨーロッパやアジアに広く分布するユーラシアカワウソの亜種とされるが、独立した種に分類すべきだとの主張もある。明治以降、毛皮を目的に乱獲されたほか、河川の水質悪化などで生息地が失われ激減した。1979年に高知県で確認されたのを最後に、90年代までに絶滅したと考えられ、2012年に環境省のレッドリストで絶滅種に分類された」。その特徴は、体重4~8㌔、短い脚に「みずかき」がついていて、平らな頭、小さな耳で、胴や尻尾が長いという。
「日本のカワウソをめぐる経緯」の年表には次のように記されている。1965(昭和40年)「国の特別天然記念物に指定」
1979(昭和54年)「高知県で最後のニホンカワウソの生息を確認」・1989(平成元年)「環境庁(当時)が絶滅危惧種に指定」・2012(平成24年)「環境省はニホンカワウソを絶滅種と公表」・2017(平成29年)そして今年「長崎県対馬でカワウソが見つかる」と発表された。
特徴は、体重4~8㌔、短い脚に「みずかき」がついていて、平らな頭、小さな耳で、胴や尻尾が長く、体長は1㍍前後。
環境省は、対馬で7月以降に追加調査を行った際に、カワウソのフンを発見し、DNAを調べたところ、ユーラシアカワウソのものだと判明されたと8月17日に発表した。琉球大学が撮影した個体かどうかは不明だが、今後さらにサンプルを探すなどして、詳しく調べるという。
研究者の意見も興味深い。
①対馬にニホンカワウソが生き残っていた。②大陸に広く分布するユーラシアカワウソが韓国から渡ってきた。③人が持ち込んだ…の3つの可能性があるとみているという。
八王子市のヤマザキ学園大学の安藤元一教授(哺乳類学)は「動画を見た限りでは、ニホンカワウソかユーラシアカワウソかの判断はできない。フンを採取するなどしてDNAを調べるべきだ。韓国にすむユーラシアカワウソは20㌔ほど海を渡ることが知られている。対馬と韓国は約50㌔の距離があり、50㌔も泳いだ例は聞いたことがないが、海流に乗って偶然流れ着いたのかもしれない」と述べている。
特別天然記念物なので、今後は環境省と文化庁が協力して、公的な調査や発見場所への立ち入り制限、密猟の防止などの対応を取ることが大切なのはいうまでもない。
一旦、絶滅種にされたニホンカワウソは「そう簡単に絶滅種にしないでくれよ」といっているに違いない。
環境の悪化や狩猟による圧迫など人為的要因で絶滅したといわれてきたニホンカワウソ。とにもかくにも、野生のカワウソが発見されたというのは明るいニュースと言っていいだろう。この一連の経緯や取り組みを通じ、小さな「いのち」の尊さを考えるきっかけとしてほしい。それが「立正安国・お題目結縁運動」のスローガン「いのちに合掌」や、すべての「いのち」に対する敬いの心へとつながっていくはずだ。一切衆生悉有仏性。1人ひとりの小さな思いが、やがて安穏な社会を築き上げる原動力となっていくのだと信じたい。
(論説委員・星光喩)

illust-ronsetsu

2017年10月1日号

宮沢賢治の故郷を訪ねて

方十里 稗貫のみかも
稲熟れて み祭三日
そらはれわたる
この短歌は、宮沢賢治(1896~1933)が昭和8年9月21日、満37歳をもって死去する前日の、9月20日辞世の歌を半紙に墨書した2首の中の1首です。
彼の故郷は、今日の岩手県花巻市豊沢町ですが、ふるくは稗貫郡里川口村川口町と称しました。父は政次郎、母は同じ鍛冶町の出身のイチです。
この稗貫の人々の氏神さまは、鳥谷崎神社に祀られている天照皇大神・大国主命・豊玉姫命等をはじめとする六柱の神々です。この神社の祭礼が9月17・18・19日の3日間でありました。
病床にある賢治は、鳥谷崎神社の祭礼が盛大に行われていることを、近郷近在から集まる農家の人びとの声や、御輿の渡御、そして山車の練り歩きの中に強く感じ取ったのです。そのことを、自己が寄属する十里四方の稗貫の大地に稲がにわかに稔り、人びとの喜びがはじけるように、鳥谷崎神社の祭礼が3日間晴天のもとに奉行されたことを、短歌に記したのです。
言うまでもなく、祭礼の中心は御輿の渡御にあります。この祭礼では、御輿の中心は鳥谷崎神社のものだけではなく、それぞれの町で保存されている町々からくり出されるのです。ついで、奉納の舞が、神社の境内だけでなく、町の大通りにおいて、それぞれの地域の人々によって「神楽権現舞」や「鹿踊」の乱舞がなされるのです。
さらに、それぞれの町内では、故事や伝説や物語をもととした山車が、1ヵ月以上もかけて造られ、みごとな装飾がほどこされるのです。そして、灯りがともされると、町中を練り歩くことになります。
当然のこととして、これらの神事につきものは、屋台、露店、夜店がところせましと往還に構えられ、往来の人びとを魅き寄せていることです。
これらの祭りは、大地に生きる人びと、氏子の人びとに支えられていることは言うまでもありません。
賢治は19歳の4月、岩手大学農学部の前身である盛岡高等農林学校農学科に入学。この学校は明治35年(1902)、日本最初の農業専門学校として創立されたのです。賢治は関豊太郎教授のもと、土壌学を専攻。賢治の願いは、この大地が豊かになり、飢餓からの脱却にあつたと思われます。
たしかに、岩手県(南部藩)の歴史においては、江戸時代に限定しても、元禄や享保、文政や天保の時代に大きな飢饉があり、多くの餓死者があり、村人の逃散がみられたのです。また、賢治の生家のすぐ裏にある双葉町の浄土宗松庵寺の一隅(当時は参道)には、無縁となった人びとへの供養石が安置されています。
もちろん、これらの飢饉や災害は、江戸時代にとどまるものではありません。明治・大正・昭和の時代に入っても、飢饉に加えて、大地震や大津波等が襲来しているのです。
私は、このたび立正大学仏教学部主催の国内仏教文化研修旅行に参加し、賢治ゆかりの盛岡市、花巻市を訪れる機会を得、9月8日・9日・10日の花巻祭(鳥谷崎神社・花巻神社祭礼)に遭遇し、そのありさまを目のあたりにしました。
その体験を通して、賢治が死を迎えるに当たり、いかに故郷の人びと、さらに農家の人びとの真の幸福を願っていたのかを、あらためて感じたのです。
(論説委員・北川前肇)

illust-ronsetsu

2017年9月10日号

慈悲と平等と平和で立正安国を

文明開化と共に富国強兵が叫ばれ、やがて戦争へと向かっていった明治から昭和にかけて、国民も政府の動きに同調して協力、官民一体となって進んできた。昭和に入って軍隊の力がより強力になり、宗門もまた国家を最優先とした軍国主義の国策に、法華経や日蓮聖人の教えまで都合のいいように解釈し、僧侶檀信徒に対してもそれに従うように指示してきた。僧侶も檀信徒も国家の方針を宗門のあるべき姿であると受け入れ、国家神道をも何ら疑うことも許されなかったのである。
 こうした状況は本宗に限らず、どの既成教団もほぼ同じであった。宗門の指導者たちは、戦争への道をひた走る国家体制を全面的に受け入れ協力した。宗門人の中にそれを危ぶむ者がいなかったわけではないが、そうした意見はまったく無視され、時には教えに背く者として責められた。実に暗黒時代が戦争終結の日まで続いてきたのである。
 そして昭和20年8月15日を境に状況は一変し、悪夢から覚めたかのように本来の教えに立ち返ったのである。軍国主義から民主主義日本を目指す国の方針に沿って歩むようになった。法華経の教えと日蓮聖人の教えを正しく理解し、「立正安国」の理念を実践するため「世界立正平和」を掲げ、宗門連動として全国に奨励し展開していった。戦争の罪悪を糾明し犠牲者を追憶し、正しい法華経の信仰は立正平和運動にあり、核兵器廃絶と被曝者援護を目的に、管長自ら先頭に立ち全国的に動員をかけて大会が開催されていった。「立正安国」と「立正平和」は言葉として活字として、また常に基本的な信仰理念として活動の中心となってきたのである。
 しかしながら、戦後台頭してきた新興教団の急激な跋扈が、昭和40年頃から目立つようになった。そこで宗門は、檀信徒が日蓮宗の宗徒であるという自覚を深めるようにと、各地で統一信行会を実施するようになった。立正平和運動の名は総弘通運動へと移行し、檀信徒の正しい信行の確立と仏子たる自覚と使命感を目指したのである。その後、何度か運動の名称は変わったが、理念とするところは「立正安国・世界平和」であることには変わりはない。スローガン「合掌で光を」も「いのちに合掌」も、世界の人類全てが平和であることを祈っての行動規範である。
 最近、世界の動きは平和とは言いがたい状況にある。日本もそうした世界の情勢の中にある。戦後72年たってまたぞろ戦争中を思い起こさせるような状況が見え隠れしてきたが、決して再び戦争が起こるようなことがあってはならない。法華経は慈悲と平等と平和が説かれており、日蓮聖人の目指す「立正安国」も国や人々が安穏であることを願っての教えである。
 平和のシンボル「合掌」を忘れず、2度と政府の意志によって信仰の本旨が変えさせられることがないように、戦後歩んできた本宗の足跡を今一度見つめ直したいものである。(論説委員・石川浩徳)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07