論説

2017年7月20日号

いのちに合掌し、生きる喜び感じる社会に

 地域住民から「丸木さん」と親しみを込めて呼ばれる美術館がある。
 埼玉県東松山市下唐子に在る「原爆の図 丸木美術館」は、1967年に日本画家の丸木位里と洋画家の俊夫妻=ともに故人=によって開設された。
 丸木夫妻は、原爆が投下された数日後に広島に入り、惨状を目の当たりにし、その後、31年かけて「原爆の図」15部の連作を共同制作した。広島は位里の故郷であった。
 創設当初は、展示室2部屋の平屋建てであったが、展示作品が増えるに伴い増改築が重ねられ、今年5月には開館50周年記念の催しが行われた。
 美術館では常に『原爆の図』14部が展示されている。その作品群は、いずれも縦1・8㍍、幅7・2㍍の屏風仕立てであり、ガラスケースに保管されていないため、眼の前で見ることが出来、作品に描かれる人物から強烈なメッセージが伝わってくる。
 また、時に応じた企画もあり数年前には、中沢啓治の被爆体験をもとにした自伝的漫画『はだしのゲン』の原画展が行われ、リアルな彩色原画や関連展示物を通し、戦争の悲惨さを感じ「いのち」の尊さを学ぶ機会に恵まれた。
 5月5日付の『朝日新聞』では、俊の姪で養子となり、晩年の夫妻を知る絵本作家・丸木ひさ子さんのインタビュー記事を掲載していた。
 「生前の俊は制作の合間、見学者に絵の前で解説することもあった。美術館を子どもたちへの教育の場とも考えていたからだという。俊が、『原爆が落ちたらどうなるの?』と尋ねた小学生に『自分で考えてごらん。みんな自分で考えないと死んでしまうんだよ』と言うのを見て驚いたことがあります」。ひさ子さんは、続けて「2人が美術館へ込めた願いは『絵を見て考えてほしい』です」とむすんでいた。
 今日、丸木美術館に原爆を知る語り部はいない。しかし、作品群に描かれる人物1人ひとりが語り部である。作品を描いた俊自身、ガラス片が全身に刺さった少女に対し、余りにも痛々しくかわいそうで、思わずガラス片の数を減らして描いたという。俊は少女の声を聴いたに違いない。
 美術館の横には広島から移した原爆地蔵尊が祀られ、8月盆には慰霊祭を営み、近くを流れる都幾川で精霊流しが毎年行われている。
 哲学者・鷲田清一氏は「教育は、これに精進すればこんな見返りがあるという論法でなされるものではない。次の世代が正しく、そして確実に生き延びられるよう、自らのもてるあらゆる知恵を伝えることにある」(『朝日新聞』5月10日付「折々のことば」)と記している。
 今、宗門では「日蓮宗が1つになって合掌する」ことを提案している。日蓮宗の合掌とは、日蓮聖人が『観心本尊抄』の中に示された「所見の人において仏身を見る」とのみ教えを「合掌」に込めて互いに「いのち」を軽んじることなく、深く敬う菩薩行の実践である。
 梅雨が明け酷暑の季節、7月から8月にかけて夏休みやお盆休暇を迎え、寺院では修養道場やサマーキャンプなどが行われ、夏祭りやお盆行事もあって多くの家族、子どもたちと触れあう機会も多い。
 子どもたちが生まれてきてよかったと感じ、年を重ねる大人たちが、生きてきてよかったと心から思える社会のために、あらためて「いのち」に合掌する尊さを仏祖の教えに学び、先人の労苦を偲び、生きる知恵を磨き伝えねばならない。
(論説委員・村井惇匡)

illust-ronsetsu

2017年7月10日号

ことば(誓願)に宿る力

 インドには古来「真実のことばには願いを叶える不思議な力が宿る」という信仰がある。ここでいう「真実のことば」とは、別段〝神が宇宙を創った〟や〝煩悩を滅した涅槃の境地がある〟などという「宗教的真実」を指すのではない。まず最初に「誓い」を立てる。そしてその誓いを実現すると、最初の誓いのことばは「言ったとおりの、誓ったとおりのことば」になる。これを「真実のことば」と呼ぶのである。そのことばに宿る力の大小は、最初の誓いを実現することの難易度に比例する。たとえば非喫煙者が「私は今後タバコを吸わない」と誓ったとしても、それは極めて容易に実現できる誓いであるため、宿る力は限り無くゼロに近い。一方、もし植民地支配に苦しむ人々が「私たちは支配者に対して決して暴力で打ち返さない。しかし絶対に言うことを聞かない」という誓いを立て、それを実行しきれば、そのことばには莫大な量の力が宿ることになるだろう。大英帝国の植民地支配を受けていたかつてのインドの人びとが立てた誓いが、まさしくこれであった。マハートマー・ガーンディー師を精神的支柱とするインドの独立運動では、インドの人々は大英帝国に対する「非暴力・不服従」の誓いを立て、それを実現しきることで「植民地支配からの独立」という願いを叶える力を得ようとした。果たして、多くの犠牲を出しながらも、1947年にインドが独立したことは、何人も疑うことのできない歴史的事実である。
 この、インドに由来する「真実のことばに対する信仰」は、「仏教」という乗り物に載ってシルクロードを東進し、遥か彼方の日本にまで届いている。その代表例が「願掛け」である。「百度参り」や「水垢離(水行)」、そして「茶断ち」のように特定の飲食物を断つ「断ち物」も、元を質せばインド起源の「真実のことばに対する信仰」に遡れる。中でも、春日局による「薬断ち」は有名であろう。徳川3代将軍家光の乳母であった彼女は、家光が大病を患った際に「薬断ち」の誓いを立て、それを一生守りきった。自らが晩年病に伏せった折も、服薬を決して受け入れず、そのまま命終していったという。その行動の裏には、「もし私がここで薬を飲んでしまったら、家光さまを守護している力が消えてしまう」という、彼女の命懸けの思いがあったのである。
 先ほど「仏教という乗り物に載って」と述べたが、実は仏教は単に乗り物になっただけではなく、自らもこの信仰を取り込んでいる。それが「誓願」である。たとえば阿弥陀仏はかつて法蔵という名の修行者であったとき、48(梵本では47)の誓願を立て、それらを全て実行しきって得た力によって、ついには仏に成ったと伝えられている。また、お勤めや法要の際に必ずお唱えする〝衆生無辺誓願度、煩悩無数誓願断、法門無尽誓願知、仏道無上誓願成〟という「四弘誓願」は、仏教における代表的な誓願となっている。そして私たち日蓮宗の人間には、何よりも大切な誓願がある。それは得度式や入信式で立てられる、お題目を「今身より仏身に至るまでよく持ち奉る(南無妙法蓮華経を、今から自分が仏に成るまでずっと持ち続けます)」という誓いである。「私たちは何があっても南無妙法蓮華経の信仰を離しません。私たちは南無妙法蓮華経という光明を、身にも心にも常に灯し続けます」との誓いのもとでお題目をお唱えするとき、私たちは私たちを成仏へと導いてくれる強大な真実のことばの力を得つつあるのである。
(論説委員・鈴木隆泰)

illust-ronsetsu

2017年7月1日号

宗門運動で、「伝える日蓮宗」へ

 日蓮宗では平成19年~34年まで「社会の平和と幸福な生活を実現するにはお題目しかない」とし、宗門運動「「立正安国・お題目結縁運動」を展開している。目標として「現代社会の諸問題への対応」「お題目こそ成仏の種」「心の平和・社会の平和・世界の平和」「世界の仏教徒と共に」「人こそが法の担い手」等が提案され、最終的に「敬いの心で安穏な社会づくり、人づくり」と決められた。
 「敬いの心」とは、宗門運動をお題目信仰に根差した信仰運動に昇華させる宗教的信条で、法華経常不軽菩薩品第21に説かれる常不軽菩薩の「但行礼拝」の精神に根源がある。但行礼拝とは常不軽菩薩があらゆる人々に「わたしは深く汝等を敬います、皆さんは仏様になるのですから」と語り、合掌礼拝した行為を指す。謗られ石を投げられても合掌礼拝を続けた常不軽菩薩。日蓮聖人はこの但行礼拝こそ末法におけるお題目結縁の軌範と受け止めた。「安穏な社会づくり」とは、お題目信仰による安穏な社会の実現のこと。「人づくり」とはお題目を広める人材育成を指す。「敬いの心=但行礼拝の精神」「安穏な社会づくり=立正安国の樹立」「人づくり=お題目を弘める人材育成」と理解できる。
 元来、宗門運動とは各寺院・教会・結社の宗教活動を支援し布教現場を活性化させ、宗門の一員として同一方向にお題目布教することを目的としている。そのため「宗門あっての各寺院・各寺院あっての宗門」という連帯感が求められる。
 日蓮宗の布教は「年度布教方針」に準拠し、宗門運動を推進する形で行われてきた。宗門運動を推進し活性化するための方策として「三大聖年慶讃事業」が組み込まれる。三大聖年とは日蓮聖人の降誕・立教開宗・遠忌を50年ごとに慶ぶ行事で、今回は平成33年の「宗祖降誕800年慶讃事業」だ。
 前回の立教開宗750年事業が施設建設というハード面重視だったのに比べ、降誕800事業は①宗門の社会的認知度を高める事業②布教現場活性化のための資料提供、③僧侶檀信徒の次世代育成などソフト面を重視している。現在「夢さがし作文大賞」や「災害支援いのちの井戸」登録、「スーパー歌舞伎日蓮」上演など準備され、今後は唱題行全国展開、寺フェス、祖山霊跡史跡寺院の顕彰、青少幼年教化800寺構想など諸事業が進行されようとしている。
 ところで一般社団法人「寺の未来社」が昨年末に行った「寺院・僧侶に関する生活者の意識調査」は興味深い結果だった。無為作に選んだ全国成人男女1万人対象のアンケート調査で「僧侶・寺院への期待度は」の問いに①全く期待してない13%②あまり期待していない21%③どちらでもない41%④比較的期待している18%⑤大いに期待している5%だった。「僧侶にどのような話を聞いて欲しいか」の問いに(複数選択可)①生き方60%②世間話、雑談40%③人間関係30%④仕事20%⑤仏事全般20%だった。
 僧侶・寺院への社会からの期待度はかなり低く、仏事全般より人生観や雑談など仏教以外の法話内容が求められているという結果だった。「社会性のない宗教は信頼できない」と指摘されるように、複雑化する現代社会にあって、一般社会の目線に立って社会の苦悩を宗教とりわけ日蓮宗がどのように受け止め、教化するのかが問われている。ストレスから自分の限界を感じた人達が宗教セミナーなどで個人的修行を行っているという。そのような人たちに宗門レベルで何ができるのか、いかに間口を広げた対応ができるのか、社会情勢、社会変化に対応した宗門の組織化が求められている。「伝える日蓮宗・受け止めてくれる日蓮宗」を今回の宗門運動でいかに社会に見せられるか期待したい。
(論説委員・奥田正叡)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07