論説

2021年2月1日号

優しさに火をつけたい

寺の門前に男性が立ち止まり、こちらを見ている。中学校時代の同級生だった。中学校で一緒だったO君ですねと声をかけると境内に入ってきた。
60年近く会っていなかったのに彼のことをよく憶えていたのは、彼の家がある新興宗教の信徒だったということもあるが、寺に遊びに来て一緒に宿題をしたこともあり、そこそこのお付き合いをする仲でもあった。
懐かしくいろいろと話をしたが、彼は小学校や中学校時代の話題に入ることを拒否したのだ。
彼の家はとても貧しく、給食代の納入がいつも遅れ気味だったというのだが、担任教師がその都度クラス全員の前で彼を責めたのだそうだ。どれほど辛く悲しかったことか。
当時は身長の低い、おとなしく目立たないイメージだったが、目の前に立つ彼は170㌢の小生と肩を並べるほどになっていた。しかもその顔には自信が満ちあふれ堂々としている。
辛い少年期を過ごした彼は一念発起して勉学に励み、現在は医療技師として退職後も請われて有名な総合病院で働いているという。新興宗教に入信したのは彼の父親だけで、本人はクリスチャンになっていた。
誰もが彼のように逞しく生きられるわけではないだろうが、良い話を聞いてうれしかった。
さて、年が変わっても主宰するNGOは身動きが取れない状態だ。その間に国内で困窮する人たちが増えている。会員の人たちから預かっている資金の使い道も決まらないままになっていたのだが昨年の秋、以前から参加したいと考えていた母子家庭の支援に使わせてもらうことになった。
「静岡県母子寡婦福祉連絡会」は県社会福祉協議会が管轄する団体で母子と寡婦の生活支援をしている。そこに、ラオスで124校目の校舎を建てるための資金の中から400万円を寄贈したところ、それを会員である290家族への支援に使ってもらえた。
後に届いた200通以上の礼状にはその人たちの困難な生活ぶりが浮かび上がっていた。
「食べ盛りの2人の男の子に米を買ってあげたい」「7㌢も身長が伸びた長男に新しい服を買います」「欲しかった参考書を買いたい」「これで欲しかった部活の道具が手に入ります」などなど。
支援したのは母子家庭に1万円の商品券と5千円の図書券、寡婦家庭には商品券のみだったが、どれほど役に立ったかが痛いほど分かる。
支援元の「仏教救援センター」という会の名称から、多くの人たちが「仏教」による支援を身に滲みて感じているはずだ。うれしかったのは、この活動を紹介した地方新聞を読んだ人たちが連絡会に寄付を送ってくれるようになったことだ。なかには10万円、30万円という金額を送ってくれる人もいるという。
日本人が本来持つ優しさに皆が気づき始めた。今回、火を付けたのが仏教であることも自慢したい。誰もが辛い時だから、誰もが幸せになるための行動が求められている。
生きている人たちがつくる社会が幸せになって初めて、祖先の成仏も叶うというものだろう。(論説委員・伊藤佳通)

illust-ronsetsu

2021年1月20日号

コロナとバーチャルリアリティ

新型コロナウイルス感染症の蔓延の影響で、さまざまな会議や催し物が中止になった。議決が必要な会議は持ち回り書類決済になった。郵便で書類を往復するのではなく、メールで瞬時に情報のやり取りができる。書類のやり取りだけではなく、インターネットを利用したウェブ会議は、直接足を運んで一堂に会さなくても、自宅に居ながら互いの顔を見ながら意見交換をすることができる。便利なものである。
コロナによる休校対応として、高校や大学で、インターネットで配信される教師の講義を自宅の受像装置で受講することが行われている。私自身、宗門の教学研修を受講し、自宅に居ながらに講義を受講することができる便利さを体験した。
コロナ対策のため、病院や施設へのお見舞いが叶わない人にビデオ録画による対面が試みられ、双方にとっていい効果があったとの事例報告がある。同時に双方向に画像と音声がつながるテレビ通信はさらに効果がある。遠距離移動が制限されている中で、ウェブ葬儀やウェブ法要、ウェブ唱題行などが試みられ、効果を上げている。
便利なIT環境に慣れてくると、直接手に触れ、目に触れ、息遣いが感じられる交流から得られるものの大切さを再認識させられる。ウェブ会議で見えている相手の顔や声は、理工学的に作り出されたバーチャルリアリティ、「人工現実感」あるいは「仮想現実」であって、現実の事実であるとは限らない。便利な手段として利用する分には構わないが、そこに真実性を求めるときには、注意が必要になる。
釈尊や日蓮聖人に、直接お会いして声を聞くことは叶わない。いかにIT技術が進歩したとしても、お声や尊容を拝することはできない。しかし、朝勤で法華経を拝読していると、釈尊の存在が感じられる。日蓮聖人のご遺文を拝するとき、そこから聖人の肉声が聞こえてくるように感じられ、紙背に聖人の尊容が浮かび上がってくるような思いさえする。
物理的な現実の現象ではないが真実と感じられる感覚と、目に見え耳に聞こえるのだが真実性に疑念を感じる感覚との間には、大きな違いがある。
法華経の中に、次のようなたとえ話がある。誤って毒薬を飲んで苦しんでいる子どもに、父親である医師が最良の薬を調合して与えたが、心が混乱していて服用しようとしない。そこで医師は自分が亡くなったらこの薬を飲むようにと言い置いて旅に出、旅先から父が亡くなったとの連絡を入れた。それを聞いた子どもは、驚いて父の言いつけに従って薬を服用し、苦しみを取り除くことができた。この医師の父親こそ仏であり、苦しむ子どもたち、つまり私たちを救済するために、本当は亡くなってはいないのだけれども、亡くなったという方便を用いて導くのだというたとえ話である。
このたとえ話の中で、毒のために心が混乱していた子どもたちは、いつでもそばにいると思って安心していた父親がいなくなってしまったというショックで目覚めた。目には見えない耳には聞こえないけれども、確かに感じられる真実に動かされた。
コロナ禍の中でIT技術がもてはやされているが、私たちは目に見え耳に聞こえるように感じられる「人工現実感」や「仮想現実」に惑わされることなく、目には見えない耳には聞こえない真実を見失わない感性を磨かなければならない。会えないことは、むしろ何が本当に大切かを気付かせてくれる。IT技術はあくまで上手に使いこなすべき手段である。
(論説委員・柴田寛彦)

illust-ronsetsu

2020年12月20日号

コロナ元年のおわりに

 この令和2年はまさしくコロナに振り回された1年でした。まだまだ先の見通しが立たないことが更なる不安を煽っています。だからといって自粛してばかりはいられません。地元での感染者が出ていないことをいいことに、私の寺では例年通り、粛々と活動してきました。結果良しとはいえ、幸いにしてコロナ禍の被害は受けておりません。よって、来年のコロナ2年度も変わらず伝道教化に勤しんでいこうと思っています。時間が取れたコロナ元年に学べたことは、深い洞察力と正しい視点を持って、歴史や過去を見直し、信仰の糧の栄養価を高めていくべきだと考えたことです。
 今年は、日本書紀が編纂されて1300年、神話に託された日本の歴史や宗教史を考察するために、先月24日、出雲の「神在月神事」を参観しました。大社側の参拝自粛の呼びかけにも関わらず、多数の参拝客で賑わっていました。旧暦の10月10日の夜、全国から八百万の神々が集まられる神事です。出雲神話に秘められた大和朝廷の成立と仏教伝来の由来とを再学習できました。
 日蓮聖人の龍ノ口法難、佐渡流罪から750年、由緒寺院への団体参拝を昨年から計画し、5月実施予定でしたが、10月に延期し、東京、鎌倉を避けて、佐渡、身延参拝を決行しました。17人の小人数での旅行になりましたが、行く先々での歓待は有難く、とくに身延山の輪番奉仕では、法主猊下をはじめ皆さまのおもてなしに一同大感激しました。「コロナのおかげでこんないい参拝ができた」と少々不謹慎な声もありましたが、行動することで得ることができる喜びを知ることになりました。
 先月25日は文豪三島由紀夫と楯の会のメンバーが市ヶ谷の自衛隊駐屯地へ乱入し、自決した事件から50年でした。青臭い同世代の若者と同様に反体制、反権力で粋がっていた自分を恥ずかしく思い出します。体制側の三島の壮絶な死に驚愕し、心情的な共感も抱きました。東大全共闘や自衛隊、戦後日本人の偽善に満ちた生き方に幻滅し、将来の日本に警鐘を鳴らした三島の「憂国の情」は青年期の脳裏に刻み込まれたのです。しかし、50年の歳月は瞬く間であり、自身の無為な人生を含めて、三島のいう自衛隊や憲法に何の変革もなく、私たちの行く末は文字通り憂国に満ちています。日蓮聖人の「立正安国」の意志を継ぐためにはこのままでいいわけがありません。
 先月17日は雲仙普賢岳が200年ぶりに噴煙を上げてから30年目でした。200年前は「島原大変、肥後迷惑」といわれ、1万5千の人命が奪われました。その歴史を受け、当時はマスコミが押しかけ大騒ぎになり、世間は能天気に噴火景気に沸いていました。そんな中、警察は200年前の大災害を想定して、遺体収容数の調査など着々と準備を進めていました。そして、半年後に大火砕流が襲ったのです。当寺は遺体検視、安置所に指定されました。派遣された市役所の職員は右往左往するばかりで役に立たず、反面、警察、自衛隊の規律ある支援活動には頭が下がりました。かねてからの想定や訓練、準備がいかに大切であるかを切実に知らされたのです。存続の危機に晒されている寺院や宗教界は将来の想定ができているのか、継承するための人材を育てているのか、正念場に立たされているのです。
 コロナ2年は日蓮聖人生誕800年に当たります。その報恩のためにも、私たちは過去と歴史に学び、国家社会に対する宗教家としての自覚とそれを実践できる人を育成し、その人材を残すことに尽力すべきでしょう。(論説委員・岩永泰賢)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07