論説

2017年11月10日号

待ち望まれたこの世での成仏

もともと仏教では、個人が成仏できるか否かは、ただひたすらにそのひと個人の精進努力(修行)の如何にかかっていた。仏教の開祖である釈尊も、当初は個人の修行だけで成仏されたと考えられていた。ところが釈尊の過去世における修行を描いた本生譚(ジャータカ)の探求を通して、釈尊が遥かな過去世においてスメーダという名の修行者(菩薩)であったとき、燃燈仏(ディーパンカラ)という名のブッダから未来世における成仏の予言(授記)を得ていたことを契機に、〝成仏するためには、先達のブッダより授記を得なければならない〟と考えられるようになった。このような考え方を「授記作仏」といい、以降、仏教における成仏理論の中心は、この授記作仏となった。
仏教には大きく分けて、「成仏を目指す・目指せる立派な乗り物(教え、歩み)」としての「大乗仏教」と、「成仏を目指さない・目指せない劣った乗り物」としての「小乗仏教」が存在する。仏教が「ブッダの説いた教え、歩み」であるとともに、「ブッダに成るための教え、歩み」であるならば、仏教は本来的に、全てが大乗仏教であったことになる。そうであるにも関わらず、なぜ小乗仏教が誕生してしまったのであろうか。その最大の理由は、『阿含経典』(いわゆる『小乗経典』)には、仏弟子に対する成仏の授記が示されていないことに求められる。舎利弗や摩訶迦葉に代表される仏弟子たちは、釈尊の弟子としてその声を聞いてはいても(声聞)、成仏できるとの授記を得ていないことから、個人の精進努力だけで到達できる最高の境地「阿羅漢」という位に留まらざるを得なかった。仏教徒たちが成仏するためには、彼らに成仏の授記を与える釈尊の導きがどうしても必要であった。大乗経典が誕生するに至った根本的理由は、この「成仏の授記を与えてくれる釈尊の導き」が切望されからに他ならない。
最初期の大乗経典を代表するものが『般若経』である。『般若経』では、布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧という6つの徳目を完成(波羅蜜)させることを通して、万人が成仏できると説かれ、ここに全ての仏教徒は、「六波羅蜜の修行を通した成仏の授記」を得ることとなった。しかし、いかにそれが万人への授記とはいえ、「歴劫修行して六波羅蜜を完成させること」という、極めて難しい条件が付されており、実際には誰もが実践できるものではなかった。そのため、後続の『無量寿経』では、10回念仏するだけで死後は極楽世界へと輪廻転生(往生)し、そこで阿弥陀仏に導かれて成仏できる、との授記が与えられることとなった。『般若経』と比べるとき、十回念仏するだけというのは著しい易行ともいえるが、この世における成仏は放棄しなくてはならない。仏教徒は、「自分でも実践できる修行で、この世で成仏できるという授記」を待ち望んだ。そして満を持して登場してくるのが『法華経』なのである。
『法華経』はその第2章「方便品」において、万人が、自分に合った修行を実践することで、例外なく成仏できることを保証する。その中にはきちんと題目受持も入っている。第3章「譬喩品」以降、釈尊は舎利弗をはじめとする阿羅漢たちに次々と授記を与え、ついには第10章「法師品」において、この『法華経』を受持し、歓喜する者全員に対し、例外のない成仏の授記(総授記)を与えてくれている。『法華経』、そしてお題目の受持は、仏教史によっても確認される、成仏への大直道なのである。  (論説委員・鈴木隆泰)
(直道=仏道の悟りに到達するのに最も近い道のこと)

illust-ronsetsu

2017年11月1日号

墓じまい? ちょっと待って

今年8月東京ビッグサイトで「第3回エンディング産業展2017」と「ジャパンストーンショー2017」が開かれた。エンディング産業展は葬祭業・墓苑・寺社仏閣・宗教用具業界など「終活」に関連する産業展、ストーンショーは石材専門産業展のこと。参加した320社中、特に注目されたのが袈裟をまとった人型ロボット僧侶「ペッパー導師」だった。ロボット僧侶が木魚を打ちながら読経や法話する姿に人が集まる。何とも言えない光景だった。菩提寺を持たない人、檀家制度に縛られたくない人のニーズに応えたもので、各宗派の読経が可能。ANNによるロボット僧侶の賛否を問う調査(男女50人)では「賛成」17人、「反対」33人だった。
供養部門では「バルーン宇宙葬」や「ダイヤモンド葬」が目を引いた。バルーン宇宙葬とは直径2㍍ほどのバルーン(気球)に全遺灰を入れ、地上35㌔㍍の成層圏で散骨する方法。全国どこでも好きな場所や時間が選べ、法律上の問題もクリアし特許も取得済とのこと。ダイヤモンド葬とは、全遺骨を粉末化し炭素以外の成分を薬品で取り除いて造った人工ダイヤモンドによる手元供養。指輪やネックレスなどの装飾品が展示されていた。自然環境に恵まれた国スイスで制作している。会場には様々な最新終活情報が溢れていたが、信仰的に違和感を覚えるものが多かった。今後は仏教的・教義的な判断も必要になると感じた。
ところで同時期、全国20~70代の男女1千人を対象に葬祭業者・大野屋が「供養に関する意識調査」を公表した。「日常的な寺院・神社・教会等へのお参り」の質問に「大切に思う」26・6%、「大切だが何をしていいかわからない」18・4%だった。これに対し「墓参り」について「大切に思う」57・8%、「大切だが何をしていいかわからない」15・4%、「葬式」について「大切に思う」52・4%、「大切だが何をしていいかわからない」27・5%という結果だった。また「自分に対して葬儀する」の質問に41%が賛成だったのに対し、「両親に対して葬儀する」は70%と高く、「自分の墓を建て墓参を希望する」42・9%、「両親に対して墓を建て墓参を希望する」67・8%と同様の結果だった。このアンケートから宗教心や信仰は低いものの、葬儀や墓に対する意識は失われておらず、自分の葬儀や墓参りは望まなくても両親に対しては70%の人が積極的だった。
最近、継承者の不在や将来子どもたちに迷惑かけたくないという理由から墓じまいを希望する人が増えたと聞く。確かに少子化などにより墓の後継者が困難な時代となったが、先祖代々の墓を継承したり墓を建て次世代に残すことが本当に「迷惑」なことなのだろうか。墓の継承という負担の代償に、それ以上に大切な何かを失わないだろうか。
今、生きる意味や目的が持てない若者が増えているという。その原因の1つに「人生の終焉」を考えないことが指摘されている。私たちは「死」というゴールを考えた時、初めて「いかに生きるか」の答えが導き出される。墓は故人の供養はもちろんのこと、死者と対面して死を感じ「自分が生きていることを実感できる場所」でもある。また先祖と対面することで子孫として自分の存在を実感できる場所でもある。葬儀・墓に対しては親子間で互いに思いやるあまり意識のズレがあるというアンケート結果だった。安易な墓じまいは控えて欲しい。それでもという場合は住職に相談してから決めていただきたいと願っている。  (論説委員・奥田正叡)

illust-ronsetsu

2017年10月20日号

魂への供養をどう説くか

最近、霊園墓地と称する施設が増え、週末ともなると見学を促す広告が新聞に挟まれたり、テレビのCMに流れる機会も増えた。それらは、永代供養をうたっているものもあれば、墓地分譲を宣伝するものもある。いずれも一般的な寺院の金額よりずっと格安であるようだ。
地方に出かけても驚くのは、人口に見合わないほど多くの葬儀社が点在していることだ。
同時に、これは大都会の寺に限るようだが境内墓地を拡張したり整備するなどして檀家の増加に備える寺も多い。これらは、近々団塊世代にお迎えが来るのを見越してのことのようだ。
ところが一方で、正反対の動きがこれは一般の方々にある。その最たるものが墓じまいだ。出入りの石材店主は、最近では墓を作る仕事より解体する仕事の方が多いと嘆いていた。
身近で墓じまいをした方々にその理由を尋ねると、口をそろえたように「子孫に負担をかけたくないから」とのことだった。寺に墓があることによる、主に経済的負担を苦にしているのだ。
こうした墓じまいに至る一連の動きに、檀信徒の方々の半数は共鳴しているのではないだろうか。これらはすべて価値観の変化から来ているのだと思う。70歳以下の方々は戦後の価値観の中で生まれ、過ごしておられる。その方々が抱く寺への期待は(あるとすればだが)、明治・大正・昭和初期生まれの方々のそれとは違うはずだ。残念ながら僧侶に対する尊敬の念も薄れてきている。僧職にあるというだけで信用していただいた時代はとっくに過ぎた。
小生が寄住する寺の門前に住んでおられた老人男性が無宗教のまま亡くなり、葬儀もせずに遺骨を駿河湾に散骨した。彼とは近所づきあいもしていたが、小学校長まで務めた立派な紳士であった。昨今の散骨や墓じまいのブームに乗って無宗教になったのではなく、かなり以前から決めていたという。熱心な日蓮宗信者だった奥さまが結婚以来日蓮宗への帰依を勧めていたが、最期まで応じなかった。
その方のご子息は先進的な研究で有名な大きな企業に勤めておられる。即ち、後継者が金銭的に不自由というわけではないにもかかわらず、子どもたちに負担をかけたくないというのが理由だった。
供養する立場の遺族ではなく、これから供養を受ける立場になる人が自らそれを拒否しているのである。ここに、墓じまい、寺離れの深い根を見つけることができるのではないだろうか。
おおよそ先祖供養は仏教本来のものではない。大乗仏教が中国に入った時に儒教の影響を受けて始まったものだ。とはいえ2千年近い歴史があれば、仏教の儀式として定着している。今さら、先祖供養を見直すことなど不可能だろうが、僧侶の側にはできることがあるような気がする。
愛知県以西では、遺骨の一部のみの埋葬で供養が済んでいることを考えれば、供養とは魂に対して行うものであることが理解できる。それを僧侶がまず確認することだ。少なくとも墓は故人を偲ぶ場所として存在すればいいわけで、負担になるほど立派なものである必要はない。
そのことを伝えるだけでも、遺族は安堵するだろう。それは葬儀や年忌法要についても同様で、あくまでも魂への供養を勧めることだ。
国内の貧困率が高くなっているという報道に接するたびに、少なくとも僧侶はその人たちの側に立つべきだと痛感している。寺の運営という舵取りをしながらも、社会や檀信徒に期待していただける寺、僧侶でありたいものだ。
(論説委員・伊藤佳通)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07