論説

2017年6月1日号

賢治のさまざまな側面の根底

宮沢賢治が昭和8年(1933)9月21日、今日の岩手県花巻市豊沢町において、数えの38歳の生涯を閉じて、今年85年忌を迎えます。賢治を詩人であり、童話作家と見なすのであれば、文学作品を観賞し、評論を加えることが、最も適した評価方法でありましょう。けれども、38年の生涯は、「文学者宮沢賢治」という枠では、けっして捉えたことにならないように思うのです。また、賢治の万華鏡のような輝きをもった魅力を語ったことにもならないと思うのです。
たとえば、文学者以外の側面をたずねてみますと、賢治は旧制盛岡中学校卒業後、盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)へと進み、また関豊太郎教授の指導を受けています。そして、しばしば教授とともに地質調査に出向いています。それらの研究論文は、今日も岩手大学農学部の農業教育資料館に保存されています。そのことからも、賢治は化学者として地質学、土壌学の才能が豊かであったことが知られます。
幼少年の頃には、彼が育った花巻の豊沢川や北上川の岩石などに興味をもち、のちに彼が地元の教師時代、北上川の西岸の地層がイギリスのドーバー海峡と同じであったことから「イギリス海岸」と名づけていることは有名です。そして、彼の地質学や肥料学等の才能は、地元の稗貫郡の農地研究調査へと展開し、賢治が死去する前日、すなわち9月20日の夕刻(夜7時頃)、農家の人が肥料の相談に訪問したことで、病気を押して1時間ほど対応していることからも、賢治は自己の才能を化他行へと直結させているのです。
このように、賢治の化学者としての地質学の一端を垣間見ても、広くて深いものがありますから、この立場は地球からさらに銀河系の宇宙へと連関していることを知るのです。
以上のことから、賢治には、信仰に生きる面、教師として豊かな人物を育てようとする面、化学者として周囲の人びとに奉仕する面、芸術と日常生活とを融合し、日々の生活が求道の日々であるという菩薩道を実践する面、そして個々人の幸福と世界全体の幸福と乖離することのない安穏なる世界を目指す理想主義者の面が見られるのです。
ところで、小学校の時代から「雨ニモマケズ」や『風の又三郎』などの作品に接してきた私は、今日も彼の生き方をたずねつつありますが、その中で賢治の自制心の強さに驚きを感じるのです。賢治は、昭和6年(1931)9月20日、発病し、2通の遺書を認めています。その一節に、自己がいかに慢心(我慢)に支配されていたかを謝罪しています。また『雨ニモマケズ手帳』には、賢治が国柱会の理事であった高知尾智耀氏のすすめで、「法華文学の創作」に専心することを記した中で、「名ヲアラハサズ、報ヲウケズ、貢高ノ心ヲ離レ」と記しています。つまり、賢治の文学活動の根底には、自己の功名心や名誉欲を満たすことなく、また賞賛や報酬を求めることなく、さらに、貢高の心という思いあがった心から離れることを目指しているのです。
今日、私たちが理想を語り、また未来への道を語る場合、ともすれば、その中に我欲を潜ませ、名誉欲を投入しがちです。けれども、あらためて日蓮聖人の61年の生涯をたずね、近くは賢治の生き方に学ぶとき、仏法への帰依がその根底に存していることに、あらためて気づかされるのです。
(論説委員・北川前肇)

illust-ronsetsu

2017年5月20日号

「オートファジー」と自浄作用

昨年、大隅良典教授の「オートファジー」に関する研究がノーベル医学生理学賞に選ばれた。オートファジーというのは、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの1つで、細胞内で異常なタンパク質の蓄積を防いだり、タンパク質が過剰になった時や栄養環境が悪化した時にタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞内に侵入した病原微生物を排除することで生体の恒常性維持に関与している。
最近注目されている、無駄なものの排除や有益な資源のリサイクルの本家本元の機能を、1個1個の細胞がもともとの機能として持っていることを知って、驚かされる。
必要のないものをいつまでも後生大事に持っていても、負担が重くなるだけである。例えば、家を建てる時には外周に足場を組み立てて目的の建物を作り上げるが、建物ができてしまえば足場は解体する。家を建てるのに大変お世話になった大事なものだからと言って足場をそのままにしておくことはない。そんなことは誰もしないと笑うかもしれないが、似たようなことを私たちは日常よくやっている。ここにオートファジーが必要なのである。
また、用件が済んだからと言って必要のなくなったものをどんどん捨ててしまっては、ごみが際限なく増えてその処理に困ることになる。可能な限りリサイクルすることが生活環境を快適に守るために必要である。ここにもオートファジーが必要になってくる。
私たちは、時々大きな勇気をもって、無駄なものを捨てる必要がある。一度捨てて身ぎれいになったところで、必要なものをリサイクルするのである。
一方、生物学者の福岡伸一氏は「組織の硬直化や衰退、人口減少や過疎化による地方都市の不活性化やインフラの劣化は、すべてエントロピー増大の危機といえる」と述べている。エントロピーとは「乱雑さの尺度」で、「エントロピー増大の法則」とは、「世界は常にエントロピーが増大する方向に、すわなち『秩序から無秩序へ』という方向に進む」というものである。自然も社会も、秩序化への努力を怠ると、必ず無秩序化し混乱するというのがこの法則である。
人間の体は、細胞の中にたまる無秩序化の要素(エントロピー)を常に外部に捨て続けることによって(エントロピーを減少させることによって)恒常性が維持される。つまり、新しいものを取り込むと同時に、古くなったもの、無駄なもの、害になるものを体内に貯めこまず、常に排出し、またはリサイクルすることが、健全な体を維持するために必要な条件なのである。ここで、先のオートファジーとエントロピーを減少させることとが結びつくことになる。
同じことは、体の健康を保つことだけではなく、社会にも、国にも、国際社会にも当てはまる。本当に大切なものを変わらずに健全に保ちつづけるためには、常に不要なものを排出し変わりつづけなければならないという、極めて逆説的なことを示唆している。逆説的ではあるが、よく考えてみれば首肯せざるを得ない真実である。
ところが、不要なもの、無駄なものを捨てることはなかなか難しく、そのためには大きな勇気とタイミングが必要である。
お題目受持という肝心かなめの中心は堅固に保ちながら、移り行く社会情勢には臨機応変に対応してこだわらないという姿勢を維持するためには、オートファジーによるエントロピー減少を追求する基本姿勢が求められる。
(論説委員・柴田寛彦)

illust-ronsetsu

2017年5月10日号

軍事開発と科学研究

科学者たちによって形成されている日本学術会議では、「軍事研究を行わないとの過去の声明を継承する」と発表した。
科学の進歩は、人類の生存をより良くするためにあらねばならない。過去から現在に至るまで多くの場合、科学技術がもたらした力は、私たちの生活を向上させ便利にし、私たちはその恩恵を享受してきたことは事実である。
しかし、こと武器などの軍事に関することは、進歩すればするほど大量殺戮・大量破壊につながり、私たちの不安を増大させてきた。今世紀はもちろん、第2次世界大戦以降から武器の発達は急速に進歩し、このままでは人類の生存にも影響を及ばさないとは限らないのではと危惧もされている。
太平洋戦争では、多くの科学者が戦争に加担させられた。武器の作製のため強制されて従事したのである。
戦後その反省から、日本学術会議において、ノーベル物理学賞受賞者の湯川秀樹博士、朝永振一郎博士、益川敏英博士を中心とする科学者たちは、科学技術を戦争のために利用することは科学者の良心に反することであり、今後軍事には一切協力しないことを申し合わせ、これを守ることに決めたのである。
近年になって、防衛省はより高度な武器を開発するために新しい助成金制度を導入した。そして、有望な技術を研究している国立大学をはじめ各大学や研究機関に対して応募を呼びかけたのである。
防衛省が新たに設けたこの助成金制度は、「安全保障技術研究推進制度」という。中身は防衛装備品開発などであり、今日では最新鋭の戦車やヘリコプターには、高度な技術が整備されてきている。応募のあった大学から有望な研究を選び、採用した研究者に助成金を付与するというものであるが、その助成金は、軍事研究費として一昨年度は3億円、昨年度は6億円になり、なんと今年度は110億円と大幅に増額されている。そして、この研究費制度への応募を禁じる大学もある中、制度は着々と拡充しているというのである。
科学者の中からも、表面的には純粋な科学研究とあるが、結果として武器に応用されてしまうのではないかという疑念が残るとの意見が出ている。名古屋大学の池内了教授も「科学が軍事に加担していっていいのか、危険な道へ踏み出したことが気になる」と心配する。
研究した科学技術が、人の命を奪う武器になる恐れが十分考えられよう。
このたびの日本学術会議において、「軍事研究は、学問の自由と緊張関係にある。科学技術が軍事に使われたことを反省し」「軍事には加担しないとの初期の決定を承継する」との声明が出されたが、科学者たちの良心を見た思いがする。
戦後70年を経過した今日、広島・長崎の悲惨な状況は、科学の研究成果が悪魔に魅せられた結果であり、多くの人びとの命を奪い、今なお後遺症で苦しんでいる人びともいる事実を決して忘れてはならない。
(論説委員・石川浩徳)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07