ひとくち説法

2021年8月20日号

心穏やかに

 近年はコロナウイルス、自然災害、異常気象などにより、普通の生活ができない人も多いのではないでしょうか。ニュースでは、苛立った人が起こすトラブルが連日、報道されています。人間は普通の生活ができなくなるだけで心は揺れ動き、荒み、不安になりますが、このような時こそ人生を学んでいる時かもしれません。投げやりにならず、思い通りにいかないからと愚痴をこぼさず、前を向くことは容易にできることではありません。心の揺れを止めて無心になるにはどうすれば良いでしょうか。その1つの方法として写経があります。
 写経とは仏教における修行の1つです。心穏やかに墨を摺り、下りた粒子の香りを感じながら、静かな空間でゆっくり丁寧にお経を書写します。
 ただひたすらに写経をすることで冷静に自己と向き合い、心のゆとりを得られることと思います。
 どうぞ皆さまも写経を体験してみて下さい。
(千葉県東部布教師会長・張田富田)

illust-hitokuchi

2021年8月1日号

嘆かず、諦めず

 新型コロナウイルスが発生してから1年半以上が経過し、感染しない・拡散させない、自身のみならず、大事な家族や友人、縁ある人びとの命を守るために緊急事態宣言やまん延防止措置が発令されました。が、しかし、未だに収束の兆しが見えず、予断を許さない状況が続くなか、嘆きや諦めの声を聞くことが多く感じられます。
 日蓮聖人は『富木殿御書』で「一般世間の様子を見ても、賢人といわれるような人は、平安な時であっても常に危難を忘れずにいて注意を怠らず、凡人は危険な状態におかれていても、安楽なことだけを願い、かえって身をほろぼしてしまうものである」と危惧され書き著し、お釈迦さまは法華経の中で「諸願虚しからじ。亦現世において其の福報を得ん」と示しております。
 法華経・お題目にご縁をいただき導かれる私たちに何時如何なる状況でも、嘆き諦める心ではなく「亦、福報を得ん」と祈る心で過ごしましょう。
(神奈川県第3部布教師会長・下津行輝)

illust-hitokuchi

2021年7月20日号

コロナよりこわい人間の心?

 お彼岸のお経周りの最中、あるお寺の掲示板に「コロナよりこわい人間の心」と書かれているのを見てドキッ! としました。
 私が所属している日蓮宗人権擁護委員会では、各委員が市区町村で人権に対する啓発活動やさまざまな相談に対応しています。最近では、自分や家族に対する誹謗中傷や差別的な取り扱いで苦しんでいる人など、新型コロナウイルス感染症関連の相談が多くみられます。ある相談者は「感染症になって苦しかったが、それより今になっても続く差別はもっと苦しい」と話してくださいました。
 お釈迦さまは「自分がされたくないことは、あなたも人にしてはいけないよ」と思いやりを説かれています。「もし自分が感染症になって悪口や差別を受けたら嫌ですよね。だからあなたも人に悪口や差別をしてはいけないよ」ということです。 私たちが、新型コロナウイルスよりこわい存在にならないようにお互いに気をつけましょう。
(神奈川県第2部布教師会長・植坂泰雄)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07