ひとくち説法

2017年7月20日号

信行の力  

 20年ほど前に授戒した信士が新盆を迎える。先代の信徒として長年夫婦共々の信行を重ね、70歳を前に共に法号をいただく。夫婦は元々の持病と大病のため、治療養生を欠かすことができず、互いを労わりながら、信行を大切に、ご守護を信じ、片道1時間の田舎道を運転して寺の行事に準備から参加、従容として奉仕する。
 6年前の1月、信頼してきた先代が遷化、3月には東日本大震災で自宅は全壊、避難所暮らしとなり体調を崩す。今後の相談の中で、かつて卒寿を過ぎ大腿骨を骨折した信徒が「もう1度、題目講の太鼓を叩きたい」の一念で力をいただいたことを話す。信行の継続を重ね見て選択した道には、湧く力があることを尊く思う。思慮の末、老夫婦は家を再建し、寺へは孫が幼子を乗せて2往復(4時間)し、祖父母の信行を助けた。昨年お会式月に元気に参拝、皆に信行の姿を留め霊山浄土に赴く。
(茨城県布教師会長・長谷川玄應)

illust-hitokuchi

2017年7月10日号

合掌で非認知能力アップ

 私たちが子どもの頃、「そんなことをすると、バチが当たるぞ」とか「ご先祖さまが見てるよ」などと周囲の大人からよく注意されました。現代では「子どものすること」として、親がいても注意もせずに自由奔放に飛び回る様子が見受けられます。もちろん子どもの活動を制限したり、「あれはダメ、これもダメ」とするのが良いとも思いませんが、ちょっと疑問を持つ時もあります。最近幼少期に獲得すべき能力として非認知能力が言われています、これは物事を成し遂げるために自分自身を自制する力と言われています。今懸命に子育てをされている方、そのおじいちゃんおばあちゃん、その非認知能力を育てるためには、菩提寺のご本尊さま、家庭にあるお仏壇、ご先祖さまのお墓に、お子さんと一緒にお参りしましょう。非認知能力がアップします、功徳…その拝む後姿が、その合掌が「そんなことをすると、バチが当たるぞ」を実感できるからです。
(群馬県布教師会長・田代経量)

illust-hitokuchi

2017年7月1日号

真にたよるもの

 将来の生活や健康への不安、北朝鮮の核開発や戦争への不安、IT・AIなど社会環境の急速な発展からとり残されるのではという老いへの不安とさまざまな不安を感じながら生きています。
 そのような人びとに日蓮聖人の次のようなお手紙の一節を送ります。「苦をば苦とさとり、楽をば楽とひらき、苦楽ともに思い合わせて、南無妙法蓮華経とうち唱へ居させ給へ。これあに自受法楽にあらずや。いよいよ強盛の信力をいたし給へ」(『四条金吾殿御返事』)。「苦しいことは苦しいこととしてそのままに受けとめ、楽しいことは楽しいこととして受けとめて、そのたびに嘆いたり、ぐちったり、あるいは喜んで浮かれたりせずに、苦しい時も楽しい時もすべては仏さまのはからいと受けとめて、ただ南無妙法蓮華経とお題目を唱えていけば、毎日毎日が苦しかろうと楽しかろうといつでも晴れ晴れとした気分で生きていける。だから一層の信心にはげみなさい」。
(埼玉県布教師会長・齋藤純孝)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07