オピニオン

2017年7月20日号

いのちに合掌し、生きる喜び感じる社会に

 地域住民から「丸木さん」と親しみを込めて呼ばれる美術館がある。
 埼玉県東松山市下唐子に在る「原爆の図 丸木美術館」は、1967年に日本画家の丸木位里と洋画家の俊夫妻=ともに故人=によって開設された。
 丸木夫妻は、原爆が投下された数日後に広島に入り、惨状を目の当たりにし、その後、31年かけて「原爆の図」15部の連作を共同制作した。広島は位里の故郷であった。
 創設当初は、展示室2部屋の平屋建てであったが、展示作品が増えるに伴い増改築が重ねられ、今年5月には開館50周年記念の催しが行われた。
 美術館では常に『原爆の図』14部が展示されている。その作品群は、いずれも縦1・8㍍、幅7・2㍍の屏風仕立てであり、ガラスケースに保管されていないため、眼の前で見ることが出来、作品に描かれる人物から強烈なメッセージが伝わってくる。
 また、時に応じた企画もあり数年前には、中沢啓治の被爆体験をもとにした自伝的漫画『はだしのゲン』の原画展が行われ、リアルな彩色原画や関連展示物を通し、戦争の悲惨さを感じ「いのち」の尊さを学ぶ機会に恵まれた。
 5月5日付の『朝日新聞』では、俊の姪で養子となり、晩年の夫妻を知る絵本作家・丸木ひさ子さんのインタビュー記事を掲載していた。
 「生前の俊は制作の合間、見学者に絵の前で解説することもあった。美術館を子どもたちへの教育の場とも考えていたからだという。俊が、『原爆が落ちたらどうなるの?』と尋ねた小学生に『自分で考えてごらん。みんな自分で考えないと死んでしまうんだよ』と言うのを見て驚いたことがあります」。ひさ子さんは、続けて「2人が美術館へ込めた願いは『絵を見て考えてほしい』です」とむすんでいた。
 今日、丸木美術館に原爆を知る語り部はいない。しかし、作品群に描かれる人物1人ひとりが語り部である。作品を描いた俊自身、ガラス片が全身に刺さった少女に対し、余りにも痛々しくかわいそうで、思わずガラス片の数を減らして描いたという。俊は少女の声を聴いたに違いない。
 美術館の横には広島から移した原爆地蔵尊が祀られ、8月盆には慰霊祭を営み、近くを流れる都幾川で精霊流しが毎年行われている。
 哲学者・鷲田清一氏は「教育は、これに精進すればこんな見返りがあるという論法でなされるものではない。次の世代が正しく、そして確実に生き延びられるよう、自らのもてるあらゆる知恵を伝えることにある」(『朝日新聞』5月10日付「折々のことば」)と記している。
 今、宗門では「日蓮宗が1つになって合掌する」ことを提案している。日蓮宗の合掌とは、日蓮聖人が『観心本尊抄』の中に示された「所見の人において仏身を見る」とのみ教えを「合掌」に込めて互いに「いのち」を軽んじることなく、深く敬う菩薩行の実践である。
 梅雨が明け酷暑の季節、7月から8月にかけて夏休みやお盆休暇を迎え、寺院では修養道場やサマーキャンプなどが行われ、夏祭りやお盆行事もあって多くの家族、子どもたちと触れあう機会も多い。
 子どもたちが生まれてきてよかったと感じ、年を重ねる大人たちが、生きてきてよかったと心から思える社会のために、あらためて「いのち」に合掌する尊さを仏祖の教えに学び、先人の労苦を偲び、生きる知恵を磨き伝えねばならない。
(論説委員・村井惇匡)

illust-ronsetsu

世界、とくに北朝鮮の動向がとても心配だ。

 世界、とくに北朝鮮の動向がとても心配だ。核戦争も辞さないと威嚇する姿に、昔の日本の姿が感じられてならない。北朝鮮に限らず中国や韓国、そしてロシアといった近隣諸国との関係に、これまでにない緊張と不安を感じる▼加えてトランプアメリカ大統領の誕生。戦後の日本は良くも悪くもアメリカの核の傘に守られ、平和を謳歌してきた。そんな日本にとってトランプ大統領の誕生は決して他人事ではない。こうした国際情勢に、日本は「国」としてどう対処するべきか。政治家だけでなく国民全員が真剣に考えなくてはいけない重要な問題だ▼こうした国際情勢を背景に「トランプ大統領といかにつきあうか」という内容の講座が企画された。ところがこのテーマに対し、トランプ大統領より法華経や日蓮聖人の教えを学ぶ方が大事、という声が挙がった。「学ぶ」ことは大事だ。しかし学ぶこと自体が目的化し、学んだ法華経や聖人の教えを「生きる」ことを忘れては本末転倒といえよう▼鎌倉時代、当時の蒙古の動向に国家の危機を感じ、迫害を覚悟で『立正安国論』を幕府に奏進した日蓮聖人。聖人は「国」を考えた唯一の宗教者だ。もし、いまこの時代に日蓮聖人がおられたら、どんな『立正安国論』をお書きになるだろう▼トランプ大統領や北朝鮮とどう向き合うかを学び、考え、語り合う。それが聖人の教えを受け継ぐ者の姿勢なのでは。「論語読みの論語知らず」にはならないようにしたい。(義)

illust-kishin

信行の力  

 20年ほど前に授戒した信士が新盆を迎える。先代の信徒として長年夫婦共々の信行を重ね、70歳を前に共に法号をいただく。夫婦は元々の持病と大病のため、治療養生を欠かすことができず、互いを労わりながら、信行を大切に、ご守護を信じ、片道1時間の田舎道を運転して寺の行事に準備から参加、従容として奉仕する。
 6年前の1月、信頼してきた先代が遷化、3月には東日本大震災で自宅は全壊、避難所暮らしとなり体調を崩す。今後の相談の中で、かつて卒寿を過ぎ大腿骨を骨折した信徒が「もう1度、題目講の太鼓を叩きたい」の一念で力をいただいたことを話す。信行の継続を重ね見て選択した道には、湧く力があることを尊く思う。思慮の末、老夫婦は家を再建し、寺へは孫が幼子を乗せて2往復(4時間)し、祖父母の信行を助けた。昨年お会式月に元気に参拝、皆に信行の姿を留め霊山浄土に赴く。
(茨城県布教師会長・長谷川玄應)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07