オピニオン

2017年4月1日号

「聴く力」を育もう

最近、若者の「聴く力」が低下しているのではないかとの指摘がある。これはスマホの普及により、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)といわれるツイッターやフェイスブックなどの、いわゆる文字コミュニケーションが主流となり、生の人間関係とは異なるコミュニケーション世界が展開されていることによる危惧である。
はたして、無言で指先を走らせることに集中する姿から生まれる人間関係は、どれほどのリアリティを持つものだろうか。たしかにこれらは現代社会においては非常に便利で有益なものではあるが、そこでは自分勝手な理解や誤解が生じることも多い。それがいじめや自殺、傷害事件、そして社会的混乱へと発展してしまうことも現実に起こっている。もちろん、この文明の利器を否定するものではないが、それに埋没することで、生の人間関係が希薄となり「聴く力」が低下しているとすればゆゆしき問題である。
この「聴く力」とは、ただ単に相手の話を「聞く」ということではない。目の前の相手に向かってしっかりと耳を傾け、そのことばの奥底にある心根を感じられるように、その話を「聴く」ことが重要である。「聴く」の字の旧字である「聽」の字を分解していくと「耳を突出し、真っ直ぐな心でよくきく」という意味から成立していることが理解される。「聴くこと」は相手をよく理解し、人間関係を作っていく時の基本ともいえる。
表面的なことばを少し聞くだけでは、なかなか相手の心の内まではわからないし、誤解も生じやすい。特に私たちは自分の思い込みや先入観を持って相手の話を聴くこともある。これは人生経験豊かな人ほど陥りやすい傾向もあるが、私たちは常に法華経寿量品の「質直にして意柔軟に…」の如く、いつも柔らかい心を持ち続ける必要がある。
もちろん加齢とともに「聴力」の低下は誰にでも起こり、人の話が聞きづらくなるのは当然であるが、心はいつも相手の心へと開いておきたい。あらためて私たちおとなを省みれば、子どもの言い分に対してどれだけ真剣に耳を傾けているだろうか。また、認知症の人の繰り返される話を、どれだけしっかりと受け止めて聴いているだろうか。そして、自分とは異なる意見に対して、どれだけ心を開き、真摯に耳を傾けているだろうか。
これらは、いずれも「聴く力」が必要とされるが、これには現実の人間関係の体験が不可欠といえる。進化し続けるゲーム機器は、多くの子どもや若者を虜にしており、その世界に埋没する者も少なくない。もちろんゲーム機器もスマホもその使い方しだいであり、熱中した者がすべて「依存症」となったり、「聴く力」が低下してしまうわけではない。しかし、人と人が出会い、相互の交流の中で他者を知り、理解しあって社会が構築されていくことを考えると、昼夜の別なくスマホを離さず、黙々と熱中する多くの若者の光景を目の当たりにして、少なからず危惧の念を抱くのである。
自己の主張ばかりが強調される現代社会では、相手の話に耳を傾けることが少なくなりがちであるが、まず相手の声に耳を傾け、それをしっかりと受け止めて、自己の主張を述べることも必要だろう。私たちはあらゆる意見、対立する意見もしっかりと受容しなければならないが、そのためにこそ、若い時からしっかりと人間関係を重ね、「聴く力」を育んでいかねばならない。(論説委員・渡部公容)

illust-ronsetsu

最近実施されたアンケート調査で、

最近実施されたアンケート調査で、小生が住む県民の貯蓄額が都民に次いで第2位だという結果が出たそうな。都との差僅かに50万円。第3位に100万円もの大差をつけているとも▼回答者が正直に答えたとすれば、順位はともかくとして誰もが1千万円以上の平均貯蓄を持っていることになる。平均ということはそれぞれがかなりの貯蓄を持っているか、あるいは最も気がかりな貧富の差がここまで拡大したかのどちらかだろう。当然、後者が正解だ▼世界にはとんでもない金持ちがいるらしい。NGOオックスファムが発表した最近のデータでは、世界のわずか62人の金持ちが持つ資産が、36億人の貧しい人たちの資産合計と同額という。その中には日本人の名もある。きっと東京や静岡にはそういう大金持ちが住んでいるに違いないと考え、平均以下でもいいんだと安心することにした▼宗祖の「蔵の財より身の財、身の財より心の財優れたり」というお言葉を色読しているはずの僧侶がこんなことで混乱してはいけないと反省もする▼が、長い間発展途上世界には、その日の食事や飲用水にも不自由している人たちで溢れている。幼い子どもが藻の生えた緑色の池の水を飲む姿も見ている。濾過されていない浅い井戸や川の水を飲むことなど日常茶飯事だ。このままでいいのか。「人に食を施さぬ者は短命の報を受く」これも宗祖のお言葉だ。  (寮)

illust-kishin

一生懸命

武士が賜った領地を命がけで守り生きたことに由来した「一所懸命」が「物事を命がけでやる」という意味に転じて「一生懸命」とも書かれるようになったそうです。今では「一所懸命」よりも「一生懸命」と表記・表現される場合が多くなっています。私たちは文字通り、一生命懸けで生きています。私たちの命は仏さまからいただいた尊いものです。その尊い命を懸ける一生とはいったい何でしょうか? 勉強も仕事も「命懸けの一生」の意味や目的を見出すためにするものではないかと思います。自分の「命懸けの一生」がどういうものか承知していれば、道に迷ったときにも出口を見つけられることでしょう。もし道なかばで倒れたとしても、あなたの足跡は後続の役に立つことでしょう。日蓮聖人は一生命懸けで法華経とお題目を弘められました。日蓮聖人の「一生懸命」に学び、ご自分の「一生懸命」を見失わずに生きていくためにも、日々のお題目修行に励みましょう。

(東京都南部布教師会長・吉田尚英)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07