オピニオン

2021年2月1日号

優しさに火をつけたい

寺の門前に男性が立ち止まり、こちらを見ている。中学校時代の同級生だった。中学校で一緒だったO君ですねと声をかけると境内に入ってきた。
60年近く会っていなかったのに彼のことをよく憶えていたのは、彼の家がある新興宗教の信徒だったということもあるが、寺に遊びに来て一緒に宿題をしたこともあり、そこそこのお付き合いをする仲でもあった。
懐かしくいろいろと話をしたが、彼は小学校や中学校時代の話題に入ることを拒否したのだ。
彼の家はとても貧しく、給食代の納入がいつも遅れ気味だったというのだが、担任教師がその都度クラス全員の前で彼を責めたのだそうだ。どれほど辛く悲しかったことか。
当時は身長の低い、おとなしく目立たないイメージだったが、目の前に立つ彼は170㌢の小生と肩を並べるほどになっていた。しかもその顔には自信が満ちあふれ堂々としている。
辛い少年期を過ごした彼は一念発起して勉学に励み、現在は医療技師として退職後も請われて有名な総合病院で働いているという。新興宗教に入信したのは彼の父親だけで、本人はクリスチャンになっていた。
誰もが彼のように逞しく生きられるわけではないだろうが、良い話を聞いてうれしかった。
さて、年が変わっても主宰するNGOは身動きが取れない状態だ。その間に国内で困窮する人たちが増えている。会員の人たちから預かっている資金の使い道も決まらないままになっていたのだが昨年の秋、以前から参加したいと考えていた母子家庭の支援に使わせてもらうことになった。
「静岡県母子寡婦福祉連絡会」は県社会福祉協議会が管轄する団体で母子と寡婦の生活支援をしている。そこに、ラオスで124校目の校舎を建てるための資金の中から400万円を寄贈したところ、それを会員である290家族への支援に使ってもらえた。
後に届いた200通以上の礼状にはその人たちの困難な生活ぶりが浮かび上がっていた。
「食べ盛りの2人の男の子に米を買ってあげたい」「7㌢も身長が伸びた長男に新しい服を買います」「欲しかった参考書を買いたい」「これで欲しかった部活の道具が手に入ります」などなど。
支援したのは母子家庭に1万円の商品券と5千円の図書券、寡婦家庭には商品券のみだったが、どれほど役に立ったかが痛いほど分かる。
支援元の「仏教救援センター」という会の名称から、多くの人たちが「仏教」による支援を身に滲みて感じているはずだ。うれしかったのは、この活動を紹介した地方新聞を読んだ人たちが連絡会に寄付を送ってくれるようになったことだ。なかには10万円、30万円という金額を送ってくれる人もいるという。
日本人が本来持つ優しさに皆が気づき始めた。今回、火を付けたのが仏教であることも自慢したい。誰もが辛い時だから、誰もが幸せになるための行動が求められている。
生きている人たちがつくる社会が幸せになって初めて、祖先の成仏も叶うというものだろう。(論説委員・伊藤佳通)

illust-ronsetsu

■自分の十界を見る

知り合いがコロナに感染し、入院となった。話によると熱が出たら解熱剤、咳が出れば咳止めなどが処方され、自らの体力を基にした闘いだったという。買い出しはあるが、飲み会や食事会は当然せず、自粛しながらの感染だった▼退院した当人曰く、「忙しく、体力が落ちていた時期で免疫力が下がっていたのかな」と推測する。コロナの闘病は体力勝負のようだ。確かに専門家が言うように日頃から生活リズムを整え、疲れを溜めないことが免疫力を高めることに繋がるのか▼子ども時代、夜9時には必ず寝かしつけられていた。今では9時より遅くに親が子どもを連れての買い物姿をよく見かける。食べ物にも恵まれ、人は健康になったように見えるが、どうだろう。多くは必要がない内容を深夜まで垂れ流すテレビ。インターネットに繋げば動画やメッセージ、ニュースの氾濫。数年、数十年前はこれら幾つかはなかったが、楽しく生きていた。かといってそれらを全て排除した世の中を求めることもナンセンスだ▼コロナを乗り越えるためには自省による自制、つまりコロナ禍の混乱だからこそ、自らの貪瞋痴や仏心などを見つめ、自分のどういう行動が収束に寄与するのかを考えられる機会になっていると思う。コロナ渦中、コロナ後。社会の仕組みの変化だけを言うのではなく、心を変えていかなければ繰り返すだろう。(緑)

illust-kishin

あたりまえにありがとう

新型コロナウイルスが蔓延して1年。良いところが1つもないと言われるこの疫病ですが、日蓮聖人は「逆境は先生である。こんな時こそ多くのことを学び、気付かせてくれる」とお遺しです。当たり前のように思える日常の何気ないやりとり。この「普通に生きている」ことがいかに有り難いことか改めて気付かされた1年でもありました。
先日、小学生のある作文に出会いました。
~『あたりまえにありがとう』 食べられること、眠れること、学校に行けること、友だちと遊ぶこと、家族で話せること、大人が仕事をすること、健康で安心なこと、それはあたり前だった、それが幸せに変わった~
まさにそう思えるその心こそ「生きる意味」においてとても大切なことだと気付かせてくれました。あたりまえが、どれだけありがたいことか。いつも心に留めて、今こそ、ひとつ心にお題目を唱え、この疫病難を皆で乗り越えて参りましょう。(宮鹿沖布教師会長・吉田憲由)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07