オピニオン

2017年2月20日号

山に入って竹を切り取ってくる。ただそれだけ

山に入って竹を切り取ってくる。ただそれだけのことなのだが、翌日に手や足の筋肉に変調を感じる。指の関節や腕の筋肉痛はノコギリを使ったためで、足腰の痛みは、山の中を歩き回ったためのものだろう。日頃の怠惰な生活ぶりが悔やまれるが、やはり歳には勝てないということなのか▼年寄りの冷や水とか、分相応などという言葉が頭をよぎる。これは自らの力を知って、過信や高望みをしないようにとの警句にもなっている。できもしないことを背伸びしてやっても、却って失敗したり他人に迷惑をかけてしまうということは間々ある▼車に乗り始めたある雪の日、歩いて行きますからと断っている人を、どうせ同じ方向だからどうぞと無理矢理車に乗せたところ、脱輪して倍の時間をかけてしまった苦い経験がある。分をわきまえるということは、大切な人生訓の一つとして今も脳裏にある▼しかしこれとは逆に、持てる者が力に応じて社会貢献することも大切なことである。できることを社会に生かすということは、社会の進歩発展に寄与することであり、社会人としての努めでもある。一切衆生の救済を願う仏の説き給う法華経の精神もまさにここにある▼国際政治の場において、他国の世話まで何故しなくてはならないのか、などの発言が力を持てる国から出てくる現状は、世界の将来を大いに危惧させるものと言わざるを得ない。 (直)

illust-kishin

自分を通してみるいのち

江戸時代、ある修行僧が教えを受けようと高僧を訪ねた。折悪しく高僧は風邪をひいていた。「いま隣から薬をもらって来るので、飲んだ後にでも話をしよう」と、外に出ていった。修行僧は、「風邪をひいたくらいで隣まで薬をもらいに行くとは、いのち根性の汚いことだこと」と、帰ってしまった。戻ってきた高僧は「やれやれ、残念じゃのう」と、紙に何かを書いて小僧に持たせ後を追わせた。追いついた小僧は手紙を渡すとそれには、
〽浜までは海女も蓑着る時雨かな(俳人滝瓢水)とあった。今すぐにこの身は海中に潜ってしまうが、それまでは我が身を愛おしむもの。己れの命を大事にせぬものが、どうして他人さまの命を救う仏の教えを理解することができようか、との教えをこの句に込めたのです。
お祖師さまが龍ノ口の首の座から極寒の佐渡にあって、私たちを救わんと、消えかかるご自身のいのちを見つめられていたことが偲ばれます。

illust-hitokuchi

宗教は人を幸せにするためにある

永年、タイガーマスクを名乗って経済的に困難な家庭の子どもたちにランドセルを送り続けていた河村正剛さん(43)が実名で名乗り出た。
本物のタイガーマスクが出場するレスリングのリング上に立った河村さんは「子どもたちはいじめられるために生まれてきたのではありません。抱きしめられるために生まれてきたのです」という素晴らしい言葉を私たちに向けて発信した。最近まれに見る感激する場面だった。親が子どもを虐待したり、死に至るような酷いいじめが友人同士だけでなく教員によって行われたり、という報道が続く中で涙が出るほど嬉しかった。
自身が主宰するNGOが、長い間の外国での活動から国内に目を向け始めたのも、そうした世相が看過できなくなったからである。昨年秋には活動の手始めに静岡大学管弦楽団の学生50人の協力を得て孤児院を訪れ、慰問演奏会を開催したのだが、そこで生活していたのは孤児ではなく、家庭内暴力から避難してきた子どもたちだと知った。
そこには、まだ5歳にもならない幼児もいた。学生たちの配慮で選曲されたディズニー音楽に大喜びしていたが、その幼児を膝に載せていたのは同じ境遇にある年長の少女たちだ。優しい母親の腕の中で聞いていたならもっと幸せだっただろう。
こんなにかわいい幼児たちまでもが家庭内暴力の犠牲になっているのが日本の現実だ。それを知った学生たちにとっては、意義深い活動だったに違いない。彼らの多くが教育学部の学生で教員を目指しているからだ。
河村さんは、活動をこれからも続けると仰っていた。この報道をきっかけに全国で第2、第3のタイガーマスクが出現するに違いない。心が晴れる思いだ。
このランドセルについては本紙の「鬼面仏心」欄にも書かせていただいたが、高価な革製のものにする理由が分からない。満開の桜の下を真新しいランドセルを背負って学校に通う新入生の姿はもはや定番ではない。貧富の差が拡大した今、推定25%の家庭にとっては大きな負担になっているはずだ。新しいランドセルが買えないために入学式に出たくないという新入生もいると聞いた。簡単なリュックサックのようなものですますこともできるはずだ。
服装も負担が大きい。すべての小中学生が制服を着用するようになれば、兄や姉が着たものでも使える。ファッションを競い合うこともない。毎日同じ服を着ているといじめられることもなくなる。商業の活性化による経済成長が大切なのは分かるが、子どもたちを犠牲にしていいとは思えない。
寺の門前を、登校時刻ぎりぎりになって学校に向かう小学生がいることに気づいた。頭を下げ、暗い表情のまま通り過ぎようとしているのが気になって「おはよう」と声をかけた。すると、下を向いていた彼がハッとした表情で顔を上げ、大きな声で返事をしたのだ。彼の目は輝いていた。学校で嫌なことでもあるのだろうが、その一瞬はきっと幸せなのだろうと思い、会うたびに声をかけることにしている。これを道行く人々が皆で始めたらどうだろうか。世の中は良い人たちばかりなのだと安心するに違いない。
宗教は人を幸せにするためにこそあるべきだ。そのために金品はいらない。全ての大人が子どもたちを優しく見守ってあげられる社会こそが仏国土ではないのか。空題目ではいけない。
(論説委員・伊藤佳通)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07