オピニオン

2017年5月1日号

教育の質を見透かすのは心の目

「おのづからよこしまに降る雨はあらじ 風こそ夜の窓をうつらめ」(『三沢御房御返事』)
日蓮聖人が詠まれた和歌に曲をつけた歌が、「おのずから」という曲目で仏教讃歌集にある。当幼稚園の保護者が集う会に、強制的ではないが皆で合唱することにしている。地面に向けて真っ直ぐ降るはずの雨が、横降りに夜の窓を打つのは、風が吹いているからである。これは、今ここに見えている状況や姿には、さまざまな要因が関係していることを説いている歌と解釈している。例えば、子どもが泣いている姿には不安などの理由があることや、怒りや憎しみに満ちた姿の裏に悲しみがあるのかもしれない。受容しながら本質を見抜き、解決の道筋を探ろうという子育てにおいて大切な大人の姿勢を、歌いながら保護者自身が気付いてくれることを祈っているからである。
昭和18年の初版以来200以上の国と地域の言葉に翻訳されている不朽の名作『星の王子さま』の冒頭に子ども(王子さま)が描いた帽子が描かれているが、大人はこれを見たままの帽子でそれ以外の何でもないと言って取り合ってくれない。しかし、実は、うわばみ(大蛇)がぞうを飲み込んだ姿ということを子どもが明かす章では、大人の思い込みを風刺的に捉え、「目に見えないものの本質を、心の目で見ることが大切である」と私たちに語りかける。ともすると大人は表面の体裁を価値観の最優先に挙げ、それを評価してしまう嫌いがあることを胸に留めなければならない。だとしたら、毅然とし統括のとれた子どもの姿の裏に、抑圧された子どもの心は潜んではいないだろうか? と問い直したい。
森友学園の問題が、ニュースなどの報道で取り上げられたのは2月初旬であった。幼稚園、学校生活の中で、積み重ねてきた1年という節があり、この時期は卒園、入園を意識する頃である。私立学校であることから入学、入園の選択は、ほとんどの保護者に委ねられるとはいえ、報道されるなか当事者たちの心もちはいかばかりであったかと察する。
教育勅語や運動会に政治的な発言を、子どもにさせる幼稚園が存在していたことを、長く幼児教育の現場にいた私は、初めて知ることとなった。これは、自分自身が無知であったことへの反省も含めて、驚愕した事件である。教育勅語は明治23年、『大日本帝国憲法』が施行された年に発布された。親孝行など臣民が守るべき徳目を列挙する一方で、「万一危急の大事が起こったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身をささげて皇室国家のためにつくせ」と記される。忠君と国家への奉仕を求めるこれは、昭和23年排除と失効の確認が決議されている。
森友学園サイドは、その後さまざまな世論を受けてであろうか経営者が変わり、教育方針と内容の見直しが伝えられている。しかし、政治的な背景も含め今後もその動向は着目すべきである。教育基本法には、教育の目的として第1条に「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに、健康な国民の育成を期しておこなわれなければならない」とある。森友学園が報道されるまでの在園期間は、首相夫人や関係する多くの政治家に好評価された園という満足感を抱いていたであろう大人たちが、当時の子どもの姿をしっかり見つめ、うわばみがゾウを飲み込んでいる様子を見透かすような心の目を持っていたならば、弱者である子ども達が、傷つくことなく幼児期を過ごせたのにと非常に残念でならない。
(論説委員・早﨑淳晃)

illust-ronsetsu

境内で騒ぐ子たちがいる。

境内で騒ぐ子たちがいる。あまり騒がしいので窘めるために外に出た。「お前たちはどこの子だ?」すると「仏の子だよ」と切り返された。見れば毎月のお経にいった時に「ウチは保育園じゃないって言っているんですがね。いつも娘が孫を預けていくんですよ」と嘆き節が入る檀家の孫だ。「そうは言ってもお孫さんは可愛いでしょう。仏の子ですからね」と答える私の話を聞いていたに違いない▼昨年12月、スイスのバーゼル大学などが、孫や他人の世話をする高齢者は長生きすると発表した。祖父母を、孫の世話をする・しないのグループに分け、更に孫がいなくても他人の世話をしたグループを加え、調査研究した結果だ▼良好な対人関係が築かれて時に分泌される「オキシトシン」というホルモンをご存知だろうか? 今評判の「幸せホルモン」の一種だという。このホルモンは、ストレスを緩和し、幸せな気分をもたらす。孫を抱く時、ペットに触れる時、この幸せホルモンが出て元気になるのだ。スキンシップで心のバランスを整え、無意識に自分自身の心のケアをしていると考えてもいいだろう▼今年の寒修行に、この檀家さんも参加した。訪れたお宅で20歳も若く見られて喜んでいた。「お題目修行のお陰ね」と聞かれて、私は「そうだ」と答えた。仏の子である孫の世話をすることで、幸せホルモンが出て若返ったのだと私は信じている。(雅)

illust-kishin

2017年4月20日号

立教開宗会と立正安国・お題目結縁運動

■立教開宗会
日蓮聖人は建長5年4月28日、清澄山頂に立たれて、太平洋から昇る太陽に向かって、お題目を始唱されて、天下に立教開宗を宣言された。今年は765年目の立教開宗を迎える。上行菩薩の御使の自覚を持って、この娑婆世界を平和な仏国土と化していこうというご本仏の悲願を実現していくために立たれたのが日蓮聖人である。
日月が世の中を明るく照らしているように、南無妙法蓮華経のご本仏の光明で、この人類社会を明るい平和な、安穏な社会にしていこうという大誓願を持って立教開宗された。法華経のご本仏の心そのものを南無妙法蓮華経のお題目に包含し、それを弘める使命に身命を賭すことを決意された。立教開宗に当たって日蓮と自ら名乗られたのも、法華経と1つになって法華経のみ心を体現しようという誓願を表したものである。
この日蓮聖人の立教開宗会は聖人のご降誕の意義に還るものであり、ご降誕八百年を前にして、この立教開宗会を私たちは改めて心の深いところで受け止めていきたいものである。
■日本の仏法
日本の時代が到来するだろうと言われてきている。世界中から、いろいろな面で日本の良さが見直されている。美しい自然の中で実る豊かな恵み、キレイな水、安心・安全の食文化などに世界の人びとが注目するようになっている。それに長い歴史に育まれた文化、東西文化を融合した生活環境、更にそれらを支える精神や倫理などは、外国の人びとが目を見張るものがあろう。またノーベル賞受賞者も多くなってきて、日本の教育、技術の水準も向上していることを物語っている。
日本を訪れる観光客も年々増加し続けていて、日本の人気は高い。これらの自然、文化、教育、経済、産業などの状況から見ても日本の時代へと進んでいっているのではないかと思われる。これは戦後72年、平和日本の建設を目指して、日本国民が営々と努力してきた結果であろう。更にこの平和を確固たるものにするために、立正安国のお題目・日本の仏法が要請されて然るべきである。日蓮聖人自らが命名した「日本の仏法」、立正安国のお題目の結縁運動を更に盛り上げていくのは今である。
■立正安国・お題目結縁運動
日蓮聖人のご降誕八百年を4年後に迎える。宗門を始め各寺院でもそれぞれ記念事業が計画されたり、実施されたりしている。いろいろな形で宗祖のご降誕が慶祝されることは、本当に尊いことである。私たちはそれぞれの立場で協力していこう。宗門はこのご降誕八百年に向かって、立正安国・お題目結縁運動を展開しているその1番の実施目標は、日z本の仏法・お題目の唱題運動であろう。
日蓮聖人は、法華経のお題目を弘めるために、この日本国にお生まれになり、清澄山で立教開宗なさった。
「(日蓮の)弟子檀那とならん人々は、宿縁ふかしと思うて、日蓮と同じく法華経を弘むべきなり」と言われている。
また「法華経を二人、三人、十人、百千万億人、唱え伝うるほどならば、妙覚の須弥山ともなり、大涅槃の大海ともなるべし」とも言われている。
全国津々浦々に、また世界に、撃鼓唱題の音声が響き渡る大唱題運動が盛り上がっていけば、宗祖はさぞかしお悦びになるであろう。それがご降誕八百年の宗祖への何よりの賜り物である。  (論説委員・●刀貞如)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07