オピニオン

2018年2月20日号

葬儀について

 老後の生活をテーマにした記事や情報を読んでいて驚いた。老後のために準備したいもののなかに、葬儀費用が含まれているのだ。しかも生活費に次いで重要だとされていた。確かに葬儀は人生最後の大切な行事ではあるが、老後の準備に入れるほどの費用が必要なのだろうか。
 最近葬儀を出した一般の方々に聞いてみたことがある。すると、葬儀社との打ち合わせで業者のいうとおりにしていると300万円程度になるという。
 確かに義理の母親の葬儀を出したとき、小生が打ち合わせに臨んだにもかかわらず50万円もの費用がかかった。これでは一般の方で初めての葬儀ともなれば何も分からないで、いわれるままになってしまうことは想像に難くない。さらにこれに食事の接待が加わり、引出物がつく。
 葬儀ではこの2つ、即ち葬儀社と料理屋への支払いが最も大きな負担になっていると某新聞社が行ったアンケートに回答が来ているとかつて報じていた。
 次が寺への布施である。これは定価が決まっているわけではない。布施は、施主の財力に応じて出すものだから一概には言えないが、これも決して小さな金額ではない。それも含め葬儀費用を合計すると、国産のかなり程度の高い車が買えるくらいの金額になってしまう。それで葬儀費用が老後の蓄えの中に入っている意味がわかった。
 確かに、多くは葬儀社に支払う部分で、寺としては負い目を感じる必要はないように思える。だが、葬儀はあくまでも宗教行事である。それをどのように行えば故人に対して、より良い供養になるのかについては、僧侶が指導すべきであろう。従業員が多い葬儀社が利益を考えるのは当然だろうが、寺は檀信徒の側に立ってアドバイスをしてさし上げる必要がある。
 黙っていれば、寺に音響設備があるのにアンプやスピーカーを持ち込んだり、必要がないのにテントを張ったりしているが、これらはすべて施主の負担である。葬儀費用を少しでも減らすためのお手伝いを、寺はすべきであろう。それをしないから葬儀の費用というと全て寺に支払ったような感覚に陥る人が多くなってしまうようだ。
 踏み込んでいえば、仏教信仰を続ける中で死者への供養の持つプライオリティがどの程度であるかという点を僧侶も考える必要がある。魂魄が1つになることで生まれ変わるという儒教の思想では遺骨と墓がたいそう重要になり先祖供養が大きな目的になるが、釈尊の純粋な仏教にはそんな思想はない。
 千五百年の長きにわたって続けられて来た行事ではあるが、それが仏教では金科玉条とすべきではないとなれば、葬儀の形も変わってくるだろう。
 さらに重要なことは、誰もが望む先祖の「成仏」と、釈尊の成仏とは全く別なものであることを声を大にしてお伝えすることだ。百歩譲って同じものだと考えても、釈尊はご在世中に成仏されたのであり、死後の供養によって成仏されたのではないことを確認していただきたい。
 生きているときの自身の言動即ち、身口意三業のみが「成仏」を決めるのだということを理解していただくべきだろう。
 盛大な葬儀を僧侶が「良い供養ができました」などと発言することが、金銭の負担を助長させ、墓じまいから檀家離れへと進ませているのが現状である。
 巷では僧侶を呼ばない家族葬なるものが増えているそうだ。直葬や散骨も全て同根だろう。
 我々が生きる目的は、葬儀費用を蓄えるためではない。社会の細胞のひとつとして、それぞれの使命を果たすことだ。
(論説委員・伊藤佳通)

illust-ronsetsu

年度の変わり目、学校ではクラス替えがあり

 年度の変わり目、学校ではクラス替えがあり、職場では人事異動が気になる時期だ。A君のことが思い出される▼「本社の営業に回されました」。残念そうにいう彼。栄転かと思って聞いていたらそうではないという。日本有数のメーカーへ技術者として入社。世界一の製品造りを目標に開発の第一線で働いてきた。上役同僚とも和気あいあいで、仕事の上でも何の落ち度もない。それなのに、なぜ自分がチームから外されたのか。会社のためにももっとやれることがあったのにそれができないのが残念だという▼この世の中、やろうと志すことがどんなにいいことでも理解されず、また思い通りにはさせてもらえないことが間々ある▼日蓮聖人でさえもそうだった。法華経の教えが世に広まれば必ずや全ての人が真の幸福を得ることができると説き勧められたが、時の権力者の理解を得ることは難しく、逆に迫害を加えられさえした▼ただ聖人が凡夫と違うのは、これを自分に下された仏の予言と受け止められた点だ。聖人にとっては、理不尽な迫害も仏に認められた証であり仏の励ましの言葉であった▼私たち凡夫には納得できない事象も大所高所から見ればまったく異なった重大な意味を持つものかもしれない。A君はその後、技術に精通した営業マンとして会社にとってもクライアントにとっても、なくてはならない人材とされているそうだ。(直)

illust-kishin

伽羅のお線香

 私は伽羅のお線香が大好きである。上品な香りが空間を清め、消えた後の「残り香」が身心を癒やしてくれる。
 お線香といっても実にさまざまな種類がある。長いものもあれば短いものもある。太いものもあれば細かいものもある。香りも値段もさまざまである。
 お線香にとって一番大事なことは、一度火を点けたら途中で消えることなく、最後までしっかりと燃え尽きるということ。そして消えた後に残る香りが、そのお線香の価値を決める。
 私たちの人生も同じである。人それぞれ命の長さは違う。歩む道も皆それぞれ。しかし一番大事なことは、仏さまからいただいた命を、自ら途中で消すことなく、最後までしっかりと全うするということ。そして亡くなった後に残る香り(善徳)が、その人の価値を決めるのです。
 「ああ、いい人だったなあ」と言ってもらえるよう、日々心の修養に励んでいきたいものです。
(福井中部布教師会長・廣橋是晃)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07