オピニオン

2018年11月10日号

◆世界異常気象時代の到来
今年6月末から7月にかけて降った豪雨は、広島県、岡山県、愛媛県を中心に、西日本に大きな被害をもたらした。200人を超える人びとがお亡くなりになり、多くの方々が家を失った。
それに今年は早くから台風が発生し、例年の倍といわれる台風が日本に接近した。特に21号と24号の台風は日本列島を縦断して、各地に大きな被害をもたらした。
豪雨や台風による雨量は、気象庁始まって以来という記録的なものであったが、雨量だけではない。今年の夏の猛暑も今までに経験したことがなかったというほどの暑さに悩まされた。
これらの現象は日本だけではない。世界各地でも災害級の暑さに見舞われて、多くの命が奪われたという。
アメリカでは、大型ハリケーンが襲来し、多大な被害を出して多くの人びとが命を失い、家を失ったと報道されている。
世界の天災記録によると、2010年以降、異常気象による災害が急激に増えてきていることがわかる。まさに世界異常気象時代の到来といわれる所以であろう。
一方、天災とともに、また今年も大きな地変が発生した。
北海道ではマグニチュード7・5の大地震があり、インドネシアでも同じくM7・5の大地震が起きた。両地とも多大な被害や犠牲者が出たが、特にインドネシアでは津波の被害もあって、大混乱が続いている。
日本では東日本大震災、熊本地震、北海道地震と続いて大地震が起きていて、天災地変の時代に入っていることを誰しも痛感していることであろう。
ここで私たちは、『立正安国論』の問題提議である「旅客来りて嘆いて云く」の文を思い起こさざるを得ない。
◆天地は人類の明鏡
日蓮聖人は、天地は人類の生きざまの鏡であるといわれている。その鏡も単なる鏡でなく、明らかな鏡、明鏡であると言われている。つまり私たち人類の生き方がそのまま天地の鏡に写しだされてくるので、天災地夭は人類の生きざまの誤りが原因だというのである。
たしかに異常気象の原因は、地球温暖化によるものだといわれている。この温暖化は、人類が温室効果ガスの排出量をゼロにするしかないという。まさに人類の努力にかかっている。
しかしこのわく組みを決めるパリ協定から、自国第一主義の米国は離脱することを表明している。私たち人類はこの過ちをどうしても止めなければならない。地球の平安と人類の平和は、世界人類が共に背負わなければならないからだ。立正安国・世界平和運動の意義はここにある。
◆国土は浄仏国土
法華経には、「我が此の土は安穏にして天人常に充満せり。園林諸の堂閣種種の宝をもって荘厳し、宝樹花果多くして衆生の遊楽する所なり」とある。
この私たち衆生が遊び楽しむべき浄仏国土を乱しているのは誰か。それはこの国土世間に生きる私たち人類である。
あくなく戦争をくり返し、人類滅亡・国土破壊の絶対悪の核兵器を一向に廃絶しようとしないこの人類の誤った生きざまが天地の明鏡に写らない筈はない。
核兵器禁止条約が国連で採択され、核廃絶の機運が盛り上がってきた今日、米国と旧ソ連とで結んだ「中距離核戦力廃棄条約」からの離脱を米国が表明すると伝えられている。これは歴史に逆行する行為であり、仏国土の顕現を乱す過ちであることは間違いない。
立正安国・お題目結縁運動を担う私たちの責任は重い。
(論説委員 功刀貞如)

illust-ronsetsu

身延山からの帰り道。「バキバキバキッ」

身延山からの帰り道。「バキバキバキッ」高速道路を走行中、すぐ隣を走っていたトラックが車線変更をしながら私の車にぶつかってきた。目視を怠ったらしい。あと少しブレーキを踏むのが遅かったら…。急ブレーキを踏んだ時に後続車がいたら…。こちらの同乗者6人、そして向こうの運転手さんも誰1人ケガなく済んだのは奇跡だった▼その後、保険会社から過失割合〝9対1〟との連絡が来た。正直、自分は悪くないと思っていた私は、その〝1〟すらも受け入れ難かった▼しかし、あれは本当に〝避けようもない事故〟だったのか…? と、改めて自分に問いかけてみると、「体調は万全だったか? 気持ちの余裕は? 子どもたちを乗せている責任感は?」。反省点が次々に思い浮かんできた。そう、起こるべくして起きた事故だったのだ▼あの日、お山でかけていただいた「気を付けて帰ってね」の一言には、「無事を祈っていますよ」という真心が込められていたはずだ。その真心に応えられず、結果的にはその気持ちを裏切ることになってしまった▼今回、「大難は小難に」有難いご加護と一緒に仏さまからいただいたのは「もっと人の気持ちを思いやり、しっかり行動しなさい」というメッセージ。〝無事で済んだ〟で済ませてはならない、大きな気づきを頂戴することとなった。どんな事にも仏さまのメッセージがある…忘れずに生きていきたい。(蛙)

illust-kishin

合掌の心

かつて永六輔さんがラジオで問題にして論争を生んだことがありました。学校の給食で合掌して「いただきます」と唱和することへのクレームが保護者からきたことです。「給食費を払っているので食事をするのは当然の権利。公立学校に合掌という宗教行為を持ち込むのはおかしい」というのがその人の言い分。その結果、笛の合図で給食を食べ始めるようになったとか。これに違和感を持つ人も多いのではないでしょうか。肉にしても野菜にしても元は尊いいのちです。だからいのちをいただきます。いのちの問題は理科だけに正解を求めるわけにはいきません。真のいのちの理解には宗教の助けも必要なのでは。
いのちを唯物的に、あるいは損得だけで割り切ってしまう。心が伴わない報恩感謝のない教育では、悪知恵が働く賢き鬼を作り出すだけになりかねません。本当に美味しいものを美味しくいただくこともできないと思います。

(佐賀県布教師会長・辻雅英)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07