オピニオン

2021年9月20日号

■少欲と知足

 コロナのために1年延期になり、開催も危ぶまれたオリンピック、パラリンピック。無観客という厳戒態勢の中、多くの感動と勇気を残し、無事に終了した。一方コロナ感染の輪はさらに拡大。先の見えない不安と焦りが広がっている▼宇宙飛行士の野口聡一さん。5ヵ月間狭い宇宙船で過ごし無事帰還。コロナ禍に苛立つ私たちに語った言葉が印象的だ。「宇宙は究極の隔離生活。その中で生きるには〈ないものはねだらない〉こと。逆に今ある〈もの〉や〈こと〉を大切にするのが宇宙での生活を楽しく過ごす秘訣。同時に幸せの秘訣なのでは」と。あれが食べたいこれが欲しいといっても宇宙では無理。無理なことを望むから苦しむ。そんな〈ないものねだり〉より大事なのが、宇宙にいる今を大切にし、その今を楽しむことが幸せの秘訣だと▼法華経には「少欲知足」という教えがある。「少欲」とはないものを欲しがらない心であり、「知足」とは今ある物や状況に満足し感謝する心のこと▼コロナは人から人へ感染する。宇宙船地球号の乗員の私たち。全員が幸せに生きるには、1人ひとりがないものをねだりを「少欲」の心と、不自由はるが生きている「今」に感謝する「知足」の心で生きることが大事。コロナと共存して生きなくてはならないこれからの私たち。「少欲知足」は幸せのための智慧ある生き方では。(義)

illust-kishin

コロナ禍における社会変化

 筆者がこの原稿を書いている時点(8月25日)で、新型コロナウイルス新規感染者数は全国で2万4千人を超え、8月27日から緊急事態宣言(21都道府県)、まん延防止等重点措置地域(12県)が拡大されることになった。「いつまで続くのか」という諦めと不安の日々が続いている。他方、私たちが注視しなければならいのは、コロナ禍にあって、日本の伝統的な祭の文化、伝統行事、伝統芸道、食文化、そして仏教儀礼、精神文化が存続の危機に晒されているということである。
 京都の「祇園祭」、青森の「ねぶた」、浅草の「三社祭」などは2年連続で中止、あるいは神事のみが行われている。その地域で育まれた祭の文化、祭の担い手、伝承する人たちは何処へ行ってしまうのだろうか。夏の風物詩である「花火大会」「盆踊り」も見ることができなくなってしまった。「花火大会」や「盆踊り」は仏教の精神文化が大いに関わっている。「花火大会」は元々お盆の精霊送り、送り火の意味合いがあり、「盆踊り」は逝った人と今ある人、死者と生者との「感応道交」の世界で踊りを演じなければならない。生者が御霊を鎮めるため踊りである。お盆に由来する大切な行事が今行われないでいる。
 日本伝統の3大芸道である茶道・華道・香道。これらの芸道は、「密」を避けるため、さまざまな工夫をして稽古を続けているという。しかし、正式なお点前や習いが滞り、師弟間の心の絆が失われつつあるという。東京の老舗飲食店の店じまいも相次いでいる。葛飾区柴又「川甚」(創業230年)、中央区銀座「弁松」(創業170年)、台東区浅草「ちん屋」(創業140年)などなど。それぞれの歴史と伝統の味を有した名店がコロナ感染拡大のなかで閉じてしまった。この現象は東京に限ったことではない。
 仏教界あるいは日蓮宗を取り巻く環境も大変厳しい現状にある。春秋の彼岸会、盆施餓鬼、お会式、大祭、法事などの法要は形式の変更を余儀なくされ、リモートで行う寺も出現している。お墓参りも減少している。拙寺では、盆棚経や寺子屋を2年続けて中止し、種々の行事を簡素化、身延山をはじめ霊跡団体参拝も中止せざる得なくなった。
 東京の葬儀の風景も変わってしまっている。ある葬儀社に尋ねると、最近では、1日葬、お通夜のない葬儀が東京では6割を占めているという。先日、近くにある町屋斎場へお通夜に行ったが、閑散とした情景にまず驚いてしまった。聞けば、12会場あるうち9件が、お通夜無し葬儀のみであるという。この状況が全国に波及するのも時間の問題であろう。
 彼岸、お盆、葬儀などの仏教儀礼が変容し、定着してしまうかも知れない。仏教の良き精神文化と行事を護持するために、私たちは何をすればよいのか。
 かつて、疫病やはやり病が起こった時、人びとは神社仏閣に詣で平癒を願った。「祇園祭」の由来は、疫病退散を祈って始められたという。日本各地に残る祭の多くが「病」を起源として興ったという。今一度、この祈りの原点を私たちは忘れてはならない。
 『立正安国論』の冒頭には、日蓮聖人ご在世当時の様相が綴られている。鎌倉期の天地の異変は、正しきを立てるための啓示であると受けとられ、「現世安穏」の世実現のため、法華経の祈りによらなければならないと訴えられた。今、コロナ禍にあって、私たちは祈りがある精神文化を改めて問わなければならない。
(論説委員・浜島典彦)

illust-ronsetsu

必要なもの

 薬王菩薩本事品という法華経の23番目のお経に、「如病得医 如暗得灯(病に医を得たるが如く、暗に灯を得たるが如く)」という一節があります。私たちは、暗い所では灯りが必要であって、病気の時にはお医者さんが必要になります。その灯りが法華経ですよという教えです。
 私たちは普段の生活の中で、その場やその時に必要なものを手にして生活をしています。
 身近なことで言えば、お腹が減れば食べ物が必要であり、喉が渇けば水が必要であって、その食べ物が法華経であり、水が法華経なのです。
 これと同じようにご先祖も、ご命日・年回忌・お盆・お彼岸などの節目には、供養が必要であり、感謝の気持ちで南無妙法蓮華経とお唱えしてあげることが大切なのです。
 私たちに必要なものがあるように、ご先祖さまにも必要なものがあるということを心掛けて生活しましょう。
(千葉県北部布教師会長・瀬川観常)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07