オピニオン

2017年3月20日号

コケコッコー

子ども独りで食事をする「孤独食」。朝食を抜く「欠食」。家族が一緒に食卓についても個々人の食事内容がバラバラである「個別食」。毎食ともに同じメニューである「固定食」。これらの頭文字をとって食育では『コケコッコー』といい、成長過程にある子どもにとって情操教育、あるいは家庭環境的にも注意が必要な食卓の姿だとされる。
岩村暢子著『普通の家族がいちばん怖い~徹底調査!破壊する日本の食卓』(新潮社刊)は、正月やクリスマスなど家族イベントと呼ばれる日の食卓を長年にわたり調査研究した本である。
76枚の写真と720人の主婦たちの証言から浮きあがる家庭の姿が記されている。著者は、223世帯の食卓調査を通し子どもたちの目線で見た母親の言葉と行動の違和感を指摘し、子どもが「自らの立ち位置や判断基準も見失ってしまうような気がする」と危惧の念を記していた。実はこの書籍は今から10年前に出版された本である。
かつてのような大家族や隣近所との親密な人間関係が崩壊した現代社会。1つの家に居住していても家族1人ひとりが別々の部屋を持ち、声掛けするのもメールやラインで呼び合い会話のない「個族」や「孤族」と称される形態も決して珍しい家族の姿ではなく、いかに孤立化が進んでいるかを知る。
孤立によって起こる社会問題に家族内殺人や心中、親子間の悲惨な事件を挙げることができる。読売新聞の調査では、平成25年以降、介護殺人が全国で少なくとも179件発生し、189人が死亡。ほぼ1週間に1件のペースで事件が起こり、とりわけ70歳以上の夫婦間で起きたケースが4割を占めていると報じている。(平成28年12月5日付)
在宅介護の壮絶な現実については毎日新聞大阪社会部取材班による『介護殺人~追いつめられた家族の告白』(新潮社刊)が出版されている。事件の取材と介護家族アンケートから見える家族と支援の限界などが綴られている。他方、虐待による児童の死亡事件数は、平成25年で69人。前年度は90人。前々年度は99人(厚生労働省)である。しかし、日本小児科学会では、実数を3~5倍の約350人と推計しているという。
石井光太著『「鬼畜」の家~わが子を殺す親たち』(新潮社刊)は、ネグレクト(育児放棄)や暴力の末、子どもを手にかけた親を中心に見た家庭という密室で起こった事件を取り上げている。
前記の読売新聞では、戦後70年余りで進んだ核家族化や非婚化、都市化により、家族や地域の支え合いが崩れ、介護殺人だけでなく児童虐待や家庭内暴力につながっていると指摘し、殺人事件のうち親族間で起きた割合は52%で10年前より8ポイント上昇したと伝えている。
今日の社会はプライバシーという壁があり、各家庭に関与することは難しいが、痛ましい事件の一因が家族の孤立や絶望であると知るとき、行政の支援や制度を問うだけでは加害者をつくらず、被害者の生命を救うことはできない。
寺には今も信頼と習慣が残る。お経まわりで家に上がる事も可能であり、親子家族での寺参りを促す工夫もできる。こども食堂やおやつクラブ、フードバンクなどの活動を通し地域とのつながりの場をつくる事もできよう。
安穏なる社会づくり、人づくりは、生きとし生けるものの「笑顔づくり」である。
(論説委員・村井惇匡)

illust-ronsetsu

心の持ち方次第で

昨年亡くなられた渡辺和子さんの講演を聴き、大変印象に残ったエピソードがあります。
彼女は20代後半、アメリカの修道院に入りました。その時、与えられた仕事は100人以上いる修道女のために食堂の食器を置くだけの単純作業でした。彼女は「なんで私がこんな仕事を」と思いながら食器を置いていました。そこに、修練長がやってきて「ワタナベ。何を考えてやっているの?」と聞くので、「何も考えていません」と答えたところ、修道長は「あなた。時間を無駄にしているわよ。みんなの幸せを祈りながらやってみては?」と言われたのです。そこで渡辺さんは「お幸せに」と祈りを捧げながら置くようにしてみたところ、心の持ちようが変わったそうです。日蓮聖人も「夫れ浄土と云うも地獄と云うも外には候はず。ただわれらが胸の間にあり」と仰っています。私たちも心の持ち方ひとつで地獄にも仏にもなります。お題目を唱え、いつも仏心を持ちたいものです。

(東京都西部布教師会長・吉田教理)

illust-hitokuchi

東日本大震災、第7回忌迎える

IMG_4285東日本大震災から6年。大地震が発生した3月11日には、大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県だけでなく、全国各地の日蓮宗寺院・教会・結社で殉難者への鎮魂のお題目と祈りが捧げられた。
檀信徒164人が犠牲になった岩手県大槌町蓮乗寺(木藤養顕住職)では、東日本大震災殉難之霊第7回忌慰霊法要が営まれ、檀信徒ら約120人が参列した。法要後には、多くの檀信徒らが隣接する墓地を詣で、香華を手向け合掌した。
犠牲になった親の墓参に来た40代の女性は、「前向きになれたような、なりきれてないような感じ。震災後はずっと【あの地震がなければ…】といった思考回路から離れられなかった。いつの日か【あの地震があったけど…】と話せる日が来るといいのですけど」と話す。
IMG_4376 大槌町ではかさ上げと整地がすみ、建築許可がおりつつあるが、建築が進んでいる状況にはない。墓地の高台の斜面から町を見下ろせば、そこには厳しい現実が広がっているのも事実だ。「震災で後継者を亡くし、家を建て替える気力をなくした人。経済的な理由であきらめた人などさまざま。まだまだ時間がかかりそう。生活再建がなったとしても、震災で人生が狂わされてことは確か。この震災に終わりはないのだと実感します。手を合わせて唱題することで、1日1日を大切にすることの気づきになってくれればと思います」と木藤住職は話す。
地震発生の午後2時46分には、本堂前で木藤住職を導師に和讃講の会員が読経と唱題を行った。法要後も寺に居残った檀信徒はそれぞれの墓前でこの時を迎え、海の方角に向かい手を合わせていた。
また午後6時からは、大槌町と釜石市では地元仏教会がすべての犠牲者の名前を記したものを含め約2千5百基の灯籠を海と川に流して、回向を行った。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07