書評

2014年10月30日

童話 『テドゥウ物語』

item-2062童話 『テドゥウ物語』が発行された。著者は京都市大慚寺住職・石井見秀師、絵は北海道妙純寺住職・田古寿延師。平成21年日蓮宗新聞の小説大賞を受賞し、同新聞に平成22年8月から24年6月まで連載された。その後、同小説は長崎・熊本教化センター発行の『あんのん』で連載されていた。
「テドゥウ」って一体なに? 「ふだんは目に見えないのです。子どもが好きで、いつも子どもの近くにいます。もし離れた所にいても、子どもがこまったり悲しんだり苦しんだりしていると、その体や心の〝痛み〟に気づいてすぐそばに来てくれるのです。また、よくないことを考えたりしたりすると、止めに来ます…〝テドゥウ〟の姿や性格はどんなものかというと、少しリスに似ていて…それは、物語の中で少しずつ紹介していきましょう」(本文より)。
ちょっとヒント。かわいい妖怪らしい。あとは物語を読んでのお楽しみ。
(B5判 教化センター九州発行 定価540円・税込)

ご購入はこちら

2014年10月1日

御降誕800年記念ロゴマークピンバッジ

item-5008宗務院は、平成33年に迎える日蓮聖人の御降誕800年記念ロゴマーク入りのピンバッジを製作しました。ロゴマークは横にすれば洋数字の「800」、縦にすれば漢数字の「八〇〇」というように、800年という象徴的な数字を太陽のように輝くオレンジ色で表現しています。
ピンパッジも同様に縦横に使用することができ、また印象的なオレンジ色も七宝風の加工なので鮮やかに浮かびあがっています。洋服やカバンなどお好きなところに着けてください。サイズは2・6㌢×1・2㌢、真鍮製、ケース入りです。
ロゴには「我れ日本の柱とならむ。我れ日本の眼目とならむ。我れ日本の大船とならむ」の日蓮聖人の三大誓願のメッセージや、ロゴの向きによって合掌や大船が海に浮かぶ様子、水面に浮かぶ朝日などのメッセージも込められています。
平成19年にスタートし、4期にわたって展開される宗門運動「立正安国・お題目結縁運動」は平成33年に迎える日蓮聖人御降誕800年を最終目的としています。バッジを付け、みんなで立正安国という祖願達成に向け異体同心で、運動を盛り上げましょう。
(1個500円税込み)

ご購入はこちら

2014年9月1日

シリーズ日蓮第2巻近現代の法華運動と在家教団

item-2061近代化を急ぐ日本において、日蓮仏教は時代に呼応した「日蓮主義」として蘇生を果たし、「法華の時代」を創出していった。「シリーズ日蓮」の第2回配本となる本書は、日蓮と日本の近現代をテーマに、日蓮主義と在家教団の法華運動の様相を再検証しつつ、日蓮仏教の再歴史化(現代化)をめざした意欲的な論考集である。
「再歴史化」とは本書の編者の造語だが、日蓮思想が時代を的確に捉え活性化する段階(歴史化)から、時代に合わなくなる期間(脱歴史化)を経て、再び時代をリードする思想となる(再歴史化)ことを指している。つまり日蓮仏教を今に活かすことだ。
本書は、Ⅴ部十八章で構成されているが、まずⅠ部の「総論」から読めば、近現代の日蓮思想の全貌を掴むことができる。第1章では敗戦までの日蓮主義の歴史が国体=近代天皇制との関連から辿られ、第2章では「敗戦後の『立正安国論』運動」として戦後の在家教団の戦略的展開が述べられている。Ⅱ部の「近代との出会い」から各論となるが、まず明治・大正期の日蓮主義が検証されている。Ⅲ部の「戦時下での受難と対応」では、戦争の時代に応答する日蓮思想の諸相が描かれ、Ⅳ部の「在家教団の勃興と法華仏教の再歴史化」では、戦後の新宗教の動向から最新のネットワーク運動までが論じられている。また、Ⅴ部では「現代の海外布教」をテーマとして、日本山妙法寺をはじめ在家教団、伝統教団それぞれの布教現況が紹介されている。
現在、日蓮仏教の現代化や活性化を求める声は多い。しかし、そのためには日本近代という激動の中で時代に呼応し広がっていった日蓮仏教の全貌を、現代の文脈に置きながら徹底的に再考する必要があるだろう。そのための必読本である。
(記・澁澤光紀)
(春秋社刊 A5判 401頁 4000円+税)

ご購入はこちら

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

2014年

2013年

2012年

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07