オピニオン

2022年9月1日

■戦なき仏国土へ

昨年丹精込めて剪定したアジサイが、今までにない大きな花を咲かせた。苦労の甲斐があったと思ったのも束の間、無残にも鹿に折られ、葉っぱもちぎられてしまった。山が荒れて食べる物がなく、里へ出てくるようになった。毒性が強く今まで食べなかった植物まで食べている。目先の空腹に勝てないためだ▼目先の利に惑わされて後で苦しむとはなんと浅はかなと思うが、我々人間にもよくあることだ。というより他の動物には見られない愚行を繰り返すのが人間だ。戦争である。動物は同種では争っても敢えて生命まで取ろうとはしない。しかし人間は違う。戦争は互いに殺し合うことを目的とする。勝っても負けても、亡くなった人は無論家族親族、知人にまで累が及ぶ▼国と国の利害、あるいは宗教上の問題や民族間の感情など、原因は種々あろう。しかしことの是非を問う以前に、戦争は人が人を殺戮する行為であることを思えば、絶対にしてはならないものだ▼暑い夏が来ると、お盆の行事にあわせて、原爆投下・敗戦と、かつて日本を襲った悲惨な出来事が蘇ってくる▼誰もが安心して暮らし、安穏な生活ができる世の中、そんな世界「仏国土」の実現のために宗祖日蓮聖人は生涯をかけられた。後に続く私たち1人ひとりが心するとともに、国のかじ取りをする為政者にその精神をしっかり持ってもらいたい。 (直)

illust-kishin

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07