全国の通信記事

2022年6月3日

静岡西 金原明善翁の墓碑に参拝

静西220608①【静岡西】令和4年6月3日 全国日蓮宗保護司会総会参加の僧侶ら30名が、第2日目の日程として浜松市東区天龍川町の妙恩寺(山澤英伸住職)を訪れ、金原明善翁の墓碑に参拝し遺徳を顕彰。保護司会会長で東京都常円寺住職の古河良皓師が墓前回向の導師を務めた。

金原明善翁は、天保3年(1832)生まれ、大正12年(1923)に他界するまで明治開国期の実業家として静岡県西部地域の大河川で「暴れ川」と有名であった天竜川流域の治山・治水などの公共事業家として、私財を投じて静岡西部地域の産業発展、災害に強い社会整備のため植林事業や利水事業に多大な貢献をしただけでなく、教育者として、さらには更生保護事業の創始者として地元では現代でも広く知られている。来年は明善翁没後100年を迎えることから、地元静岡県浜松市の「広報はままつ」誌では今月の記事で明善翁の特集記事が掲載されるなど、生涯を通じて社会のために尽力した明善翁の生きざまにあらためて注目が集まっている。

明善翁は近代的な更生保護思想の源流をつくったとも言われている。明治21年に金原明善ら慈善篤志家の有志が,監獄教誨と免囚保護を目的として、静岡県出獄人保護会社を設立した。静岡県にある日本初の更生保護施設設立の契機となったことから、今回の参拝が行われることとなった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07