全国の通信記事

2022年3月3日

神奈川2 第46回京浜教区教化研究会議

神二220322③【神奈川2】令和4年3月3日(木)に第46回京浜教区(茂田井教洵教区長)教化研究会議が神奈川県第2部(楠山泰道宗務所長)を担当管区に、横須賀市・横須賀メルキュールホテルで開催された。

現代宗教研究所の赤堀正明所長、茂田井教洵京浜教区長をはじめ、各管区の宗務所長など会場28名、オンライン48名合わせて76名が出席した。

テーマは「LGBTQ―多様化する現代社会に於いて僧侶にもとめられるものとは―」。

最初に杉山文野先生(NPO法人東京レインボープライド共同代表理事)より「はじめてのLGBT~性の多様性と人権~」と題し講演が行われた。LGBTQの基本的な説明から自身の性同一性障害として歩まれた経験や日常生活(トイレや風呂等)での課題を紹介した。さらに国内の同性パートナーシップ条例やレインボーパレードなどについて話をした。最後に自分は性的少数派であるが他の面では多数派でもある。誰しも同じ人はいない中では少数派の問題に取り組むことは優しい社会を作る事ではないかと話をした。

続いて河﨑俊宏先生(石川県七尾市本延寺住職)より「LGBT~人権的視野からの理解と注意点~」と題し講演が行われた。

SDGsの理念に沿う活動として宗門教師のおてらおやつクラブの支援活動や東アジアでの井戸掘り活動の紹介をした。また、SDGsに向き合う方法の一つとして、平和の為に宗門が長年取り組んできた宗門運動を紹介し、これからも運動を継続していくことが大切だと話をした。

LDBTQについては人権の意識をもち、差別や偏見をもたず正しい理解と対応をする必要があると話をした。そして、LDBTQの方の葬儀や法号について自身の見解を紹介した。また、宗門としてLDBTQの方に対する法号についてはまだ見解は出ていないとの話をした。

現代宗教研究所の赤堀正明所長より講評があり、閉会式では次回開催担当管区の沖真弘東京都東部宗務所長の閉会の辞をもって散会となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07