日蓮宗新聞

2022年2月20日号

池上本門寺で節分会

節分会① 修正季節の節目となる「節分」の2月3日、東京都大田区大本山池上本門寺で節分追儺式が営まれた。例年は大堂(祖師堂)が埋まるほどの福男・福女が参列しているが、今年は新型コロナウイルスのオミクロン株の流行により、16人のみの参加となった。また昨年に引き続き、特別桟敷での豆まきは中止となったが、法要中に大堂土間に人が集まりだし、1年の無病息災にあやかることを望むように手を合わせていた。
福男・福女を前に導師の菅野日彰貫首猊下と式衆によって懇ろに読経がなされた後、修法師による祈祷が捧げられた。参加者は一心に手を合わせ、1年の無事を願った。
菅野猊下は祈願文で福男・福女をはじめとする、檀信徒や世界の人びとに向けて諸縁吉祥を願われ、また新型コロナウイルスの得度退散も祈られた。また挨拶に立たれ、「〝福はうち、鬼はそと〟といいますが、私たちの心には福より、昨年の節分からこの1年で大きく育った鬼の方が多くいます。今年の福を心に入れるためには、まず心の鬼を追い出さなければなりません。お経をお唱えして、いただくそのお力で豆まきをして鬼をそとに追い出し、今年の福をいただきましょう」と話された。
さらにはコロナについても言及され、「自分がコロナに対する用心を重ねることが、世界を守ることになります。〝自分1人だけは大丈夫〟という考えを改めることが、安穏につながっていきます」と求められた。
豆まきは参加者らが大堂の天井に向けて行った。菅野猊下が「受持法華名者 福不可量 福はうち 福はうち」と唱えられた後、「鬼はそと」の掛け声で共に豆をまいた。
年女にあたり参加したという女性の1人は「2年前のコロナ禍からイギリスに住む夫と未だに結婚生活が始められません。早く落ち着いてくれることを願いました」と語った。

illust-hitokuchi

2022年2月10日号

日蓮聖人降誕800年ハワイ慶讃法要

ハワイ① 修正米国ハワイ州ホノルル市のハワイ日蓮宗別院で1月23日に「米国ハワイ国際布教拠点記念大会・日蓮聖人降誕800年慶讃法要」が営まれた。同大会は数年前から計画され、ハワイ各島5布教拠点のメンバー(信徒)をはじめ、日本からの僧侶檀信徒の参列、北米の国際布教師の出仕などで盛大に営まれる予定だったが、新型コロナウイルスの発生や現在のオミクロン株の流行により規模が縮小され、主にオンライン配信での参列となった。また菅野日彰管長猊下を大導師とする法要は、12月23日に東京都大本山池上本門寺でこの日のために収録されたものが映像で流された。菅野猊下の渡布は叶わなかったが、現地とオンラインの参列者は時間と空間を超えて一体となり、日蓮聖人のご降誕から800年を祝った。
法要の配信開始にあたり別院の金井勝海主任がインターネットを使用した法要について説明し、「菅野管長猊下とともに世界中の人たちの平穏・安心・幸せのためにお題目を唱えましょう」と呼びかけた。続いてハワイの各布教拠点メンバーのメッセージが流れた。ホノルル妙法寺理事長のダニエル・リウ氏は「ハワイのお題目の歴史はまだ100年ほど。800年を迎えたこの機にハワイの人たちがこの教えに共感し、広がっていくことを願っています」と述べ、プウネネ教会(マウイ島)副理事長のダイアン・オオムラ氏は「一堂に集まれないことは残念ですが、この800年は聖人誕生の奇跡や偉大な曼荼羅の創造、教えを弘めたことによる法難を振り返るための大事な機会です」と800年が自分たちにとって大きな意味があることを話した。
続いて田中恵紳宗務総長が映し出され、「全世界の僧侶檀信徒の異体同心の力が祖願達成への道を照らす大灯明となります」と篤い信仰に敬意を表した。
法要では菅野猊下の入堂に合わせて、ハワイで布教活動をする金井師と山村尚正師も行列し着座。別院に集まったオアフ島のメンバー約20人とともに妙法蓮華経とお題目を唱えた。また式中には将来ハワイの布教を担う沙弥やメンバーの少年が日蓮聖人へのお祝いの華を捧げた。
菅野猊下は慶讃文で「コロナの蔓延により生老病死の苦しみがますます充満せり。800年を迎え、宗祖の誓願を受け継ぎ実現することを我らの使命とする」と読み上げられた。またご挨拶に立たれた菅野猊下は20年前のハワイ開教100年記念の法要への参加や6年前に別院で3日間、メンバーと唱題行を行った思い出から、3度目の渡布が叶わなかったことを残念がられたが、それだけに今回撮影された法要への思いが深かったことを伝えられた。そして「私たちの法華経・お題目の信仰の力によって安らぎの世界に改めていきましょう」と呼びかけられた。

illust-hitokuchi

2022年2月1日号

総本山身延山 久遠寺御年頭会

お年頭会① 修正令和4年の初めての日蓮聖人月命日にあたる1月13日、山梨県総本山身延山久遠寺で伝統の御年頭会が営まれた。内野日総法主猊下を大導師に六老門跡の貫首や田中恵紳宗務総長をはじめとする全国からの僧侶、檀信徒が参列し、日蓮聖人の御魂に新年の賀を献じるとともに、一天四海皆帰妙法の実現を誓った。
御年頭会は、日蓮聖人が身延山にご入山された翌年となる建治元年(1275)の正月、ご草庵に直弟子や久遠寺開基檀越の波木井実長公らが訪れ、年頭の賀を申し上げたといういわれによる。そして日蓮聖人は波木井邸に招かれ、実長公の先祖供養をされた後、新年の祝賀を楽しまれたと伝わる。以来、日蓮聖人がご入滅された後も御年頭会は伝統として受け継がれ、現在は身延町指定の無形民俗文化財となっている。例年は棲神閣(祖師堂)で営まれているが、昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、密を避けるために本堂で営まれ、また祝賀式も中止となった。
法要は日蓮聖人の随身として幼少の頃から給仕を続けたといわれる熊王丸の子孫・熊王章夫氏(70)がお膳を用意。入堂された内野猊下がお膳とともにお酒を日蓮聖人へ献供された後、参列者と全員で懇ろに読経と唱題を行い、忍難慈勝(難を忍び慈悲すぐれる)のご高徳を偲ばれ、また報恩感謝を捧げられた。
内野猊下は新年のご挨拶で世界平和を祈られた後、参列者とともに新年を迎えられたことをお喜びになられた。また今年の干支「壬寅」の意味を紐解かれ、「冬が厳しいほど、春に草花が力強く芽吹く生命力あふれる年」と希望をお与えになられた。その上で「渦中にいる今だからこそ、油断をせず、万全の対策を施し、アフターコロナを見据えなければいけません」と示唆された。そして「個々は僅かな力でも多くの人びととの縁を多く結ぶほど、大きな成就を得ることができます」と話された。
続いて昨年12月に就任したばかりの田中総長が新年の祝辞で、身延山を中心にお題目の輪を拡げ、安穏なる社会の実現を目指すことを改めて誓った。
また六老門跡を代表して静岡県本山妙法華寺の小池日恩貫首が来年迎える身延山開闢750年に大きな期待を寄せ、檀信徒を代表して富士急行株式会社社長の堀内光一郎氏が「身延山が提唱する共生共栄の精神がコロナ禍を乗り越える大きな力となることを信じます」と述べた。
最後に謝辞に立った持田日勇総務は開闢750年に向けて制作されたオペラ「日蓮の宇宙~曼荼羅世界」を8月31日、9月1日に東京の新国立劇場で上演することや、10月7、8日に全日本仏教徒会議山梨身延山大会の招致を発表。さらなる1千年に向かって「共に生き共に栄える」身延山であるよう精進したいと語った。
法要終了後、古式に則って行われた曳馬式ではニンジンを与えられる馬を内野猊下が慈愛の眼差しで見守られた。

illust-hitokuchi

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07