日蓮宗新聞

2021年12月20日号

「鎌倉 日蓮堂」完成

鎌倉日蓮堂①日蓮宗が神奈川県鎌倉市小町の日蓮聖人辻説法跡地の隣接地(=鎌倉布教拠点、377・79㎡)で建設を進めていた「鎌倉日蓮堂」が完成し、12月9日に落慶法要が営まれた。堂内には身延山大学が彫像した30歳代前半を想定した日蓮聖人像が安置され、苦しみが多い鎌倉時代において庶民が幸せに暮らせる世の中を目指し、布教に励まれる若きお姿が、平成21年の土地取得から12年を経た聖人降誕800年の記念の年に蘇った。

敷地には壁や門が設けられておらず、鉄筋コンクリートの建物はガラス張りで午後9時まで堂内がライトで照らされるため、いつでも日蓮聖人像に相対することができる施設となっている。高さ約1・8㍍の聖人像や台座も低く作られていることから、視線が近いことも特徴。また聖人像を手掛けた身延山大学の柳本伊左雄特任教授は、「当初は柔らかい表情を想定していましたが、進めていくうちに辻説法のお姿は力強かったに違いないと思い直し、今回の表情となりました。また口の中には、心にいつもお持ちであったであろう思い〝立正安国〟という文字を彫りました」と制作に込めた思いを話した。さらに建物奥には一枚板に彫られた一遍首題が壁にかけられており、聖人像の背中越しに南無妙法蓮華経のお題目が見えるようになっている。
法要では開眼修法が行われた後、導師を務めた中川法政宗務総長が日蓮聖人へ完成を奉告するとともに、嘉納していただくことを念願した。祝辞では、隣の辻説法跡地を所有・管理する国柱会の田中壮谷賽主が「今回のお堂の完成により、辻説法跡地がより日蓮聖人に関係している場所だと知ってもらうことができるようになりました。私たちの本分である一天四海皆帰妙法に向けてともに協力していけることを願います」と期待した。
中川総長の謝辞では、「想像していたよりもお痩せになられた日蓮聖人像を拝した時、鎌倉時代に聖人が玄題旗を掲げて立たれ、杖木石つぶて雨嵐の中でお題目、法華経を説くそのお姿が、お窶れでないはずはなく、この地での真のお姿はまさしくこのお姿だと思い知りました。日に日に、聖人の魂魄がお像に宿り、世界に向けてのお題目・法華経の発信地となることを確信しております」と力を込めた。

illust-hitokuchi

2021年12月10日号

京浜教区記念大会開く

京浜教区大会京浜教区(茂田井教洵教区長=大会長)は11月27日、日蓮聖人降誕800年慶讃の教区記念大会として、菅野日彰管長猊下を大導師に迎え記念法要を東京都大本山池上本門寺(貫首=菅野猊下)で営んだ。記念大会は、昨年9月に迎えた龍口法難750年に合わせて開かれる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け延期となったほか、準備期間中にさらに感染が広がっていたため、大会内容の変更も余儀なくされた。最終的には、インターネットでのリアルタイム配信となり、僧侶は教区内本山貫首や宗会議員代表者らのみ、檀信徒は池上幸保全国檀信徒協議会長(池上本門寺総代)のみの参列となった。

茂田井教区長が開会にあたり今大会の経緯を説明し、「私たちの願いは日蓮聖人に報恩の誠を捧げることにあります」と開催が叶ったことに謝意を表した。続いて参列した中川法政宗務総長は「お題目での人びとの救済は、日蓮聖人のご降誕によってその火が灯されました。精神を受け継ぐ我々が世界にその灯火を広げていかなければなりません」と挨拶した。
法要は橘・池上両雅楽会による調べが鳴り響くなか菅野猊下や副導師の神奈川県第1部選出宗会議員の柳下俊明宗会議長、教区内7管区の宗務所長らが入堂し、開始。声明を捧げた後、菅野猊下も散華供養され、ご降誕を寿ぐとともに報恩を示された。自我偈の読経中には、得度・度牒した教区内の宗門子弟がご宝前に献華し、日蓮聖人のように立正安国を目指す僧侶の道を歩むことを誓った。
菅野猊下は慶讃文で、ご降誕の瞬間を克明に描写され、800年前に思いを馳せられた。また御経頂戴で参列者とともに法華経受持を誓われた後、「この度、お迎えした800年は単なるお誕生日のお祝いではありません。世の人びとを法華経の教えで救いたいという日蓮聖人の誓願を、僧侶檀信徒1人ひとりが自らの誓いであると受け止め、世界規模の災害や戦争などをはじめとする人びとの心の乱れを安らぎの心に生まれ変わらせる決意と実行を覚悟する時なのです」と日蓮宗徒の目的・目標の再認識を促された。
東京南部宗務所長の長亮行実行委員長の謝辞に続き、池上会長が「コロナ禍という大変なときでも、お題目の教えは心を正しい方向に導いてくれます。次世代にもこの教えを必ず伝えていかなければなりません」と挨拶で締めくくった。

illust-hitokuchi

2021年12月1日号

伝教大師1200遠忌に報恩捧げる

1200遠忌法要①日蓮宗は11月19日、伝教大師(最澄)1200大遠忌報恩法要を菅野日彰管長猊下(東京都大本山池上本門寺貫首)を大導師に天台宗総本山比叡山延暦寺(滋賀県)の大講堂で営んだ。
日蓮聖人は21歳から12年の間、叡山でご遊学された。今年述作750年を迎えたご遺文『開目抄』には「たった一人伝教大師だけが法華経を正確に理解している」と書かれ、日本天台宗の祖・伝教大師を法華経の行者とされている。法要は、数年前に天台宗側から遠忌を迎えるにあたり、祖師が比叡山出身である各宗派に提案されていが、新型コロナウイルスの蔓延によりすべて中止となっていた。日蓮宗は、日蓮聖人と伝教大師のつながりが強いと考えていることから、今回の法要は日蓮宗側からの報恩参拝という形で実現した。
法要前、天台宗と日蓮宗のご挨拶の儀が執り行われた。天台宗からは、森川宏映座主猊下名代の叡南覺範探題大僧正、阿部昌宏宗務総長、水尾寂芳比叡山執行、日蓮宗からは菅野猊下、中川法政宗務総長、橋本一妙近畿教区長らが席についた。菅野猊下は法要の記念として叡南大僧正に自らご揮毫された曼荼羅ご本尊を贈られた後、「日蓮聖人が佐渡で大曼荼羅ご本尊を顕された時、きっと伝教大師にご奉告なされていたと思います。伝教大師の遠忌の節目に日蓮聖人降誕800年を同時に迎えたことを仏縁とし、日蓮聖人に代わってご本尊をお納めさせていただきました」とお伝えになられた。叡南大僧正は「伝教大師は国宝的な人材を養成したいというお心でした。その想いが日蓮聖人にも受け継がれ、今も日蓮宗の人たちにつながれていると思います。ともに国、世界のために努力していきましょう」と述べられた。
法要は阿部総長・中川総長らが参列するなか、大曼荼羅を掲げ、大講堂に祀られている日蓮聖人像をご宝前に安置して営まれた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、少人数の出仕者との声明・読経に続き菅野猊下が敬白文でご宝前に立たれ、「日蓮聖人は叡山に登り、根本伝教大師の深意を洞観して法華経こそ如来出世の本懐、末法救護の直道なりと感得せらる。〝天台沙門〟として『立正安国論』を論じ、〝根本大師門人〟として五字の玄額を掲げ給うこれなり。伝教大師の同帰一乗、日蓮聖人の皆帰妙法を継承し、世界平和人類共生を誓願す」と報恩感謝された。
挨拶では阿部総長が「日蓮聖人は、飢饉や災害が続き混乱を極めた時代のなかにあって法華経によって国を立て直し、多くの民衆を救うために努力されました。伝教大師もまたすべての人びとを救うことに一生を捧げられました。この尊いお志が現代に生きる私たちに教えをつなげてくれています。本日の法要はまさに伝教大師・立正大師(日蓮聖人のこと)が目指された浄仏国土の願いを社会に強く伝える両大師のお志の具現です」と話し、遠忌と降誕800年の節目に絆を深め合いたいとした。
中川総長は「国家の安寧、一切衆生の救済を心から願った伝教大師の意志は日蓮聖人を通し、確かに我々日蓮宗僧侶にも受け継がれています」と確信し、「両祖の心願たる浄仏国土を顕現すべく、ともに手を取り合って精進していくことを切に願います」と応えた。
法要後は、日蓮聖人が勉学に励まれ、院主ともなられた横川定光院(宗門史跡)を菅野猊下や中川総長らが参拝した。菅野猊下が法味を捧げられた後、同院護持の歴代へ謝意を表され「定光院から比叡山根本中堂への道は、日蓮聖人求道・求法への道でもあります。私たちはこの史跡を大事に守っていかなければなりません」とお言葉を述べられた。また全日程を終えた中川総長は、「1200年は私たちにとっても大事なこと。仏教の聖地で慈愛に包まれた法要であったように感じました。仏教界を発展させるためにもこの絆を大事にしていきたい」と感慨を深めた。
◇     ◇
伝教大師(767―822)=諱は最澄。日本天台宗の開祖。根本大師などと称される。780年に出家。85年に東大寺戒壇で具足戒を受け国家公認の僧になるが、南都の仏教を避けて比叡山に登り、多くの天台典籍を学んだ。804年に桓武天皇の天台振興により還学生として入唐。天台教学を学び、大乗菩薩戒を授かった。05年に帰国。翌年に南都六宗に加えて天台法華宗にも年分度者2人を請願し勅許が下った。この日を日本天台宗の開宗としている。伝教大師が比叡山に建立した庵が、後の比叡山延暦寺となる。後に日蓮聖人が比叡山で12ヵ年にわたり勉学されたのは、伝教大師が確立しようとした叡山12ヵ年の修行制度によるという。

illust-hitokuchi

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07