日蓮宗新聞

2021年10月20日号

「立正安国・お題目結縁運動」結願法要営む

宗門運動結願法要①宗門運動「立正安国・お題目結縁運動」が来年の令和4年(2022)3月31日に運動期間を終えることを受け、山梨県総本山身延山久遠寺で9月30日に菅野日彰管長猊下(東京都大本山池上本門寺貫首)を大導師に、結願大法要(宗門法要)が営まれた。
同運動は平成19年(2007)4月1日にスタート。運動期間15年を「播種」「育成」「開花」「結実」と4期に分け、それぞれのテーマに沿った活動を展開してきた。その間、『立正安国論』奏進750年記念や今年迎えた日蓮聖人降誕800年の慶讃事業などとともに「いのちに合掌」をスローガン、「敬いの心で安穏な社会づくり、人づくり」を運動目標に、僧侶檀信徒が一丸となり、誰もが敬い合う社会の実現に向けて「合掌」とその「心」の普及・浸透に努めてきた。宗門運動の「合掌」は法華経に24字で説かれる不軽菩薩の礼拝行に由来しており、日蓮聖人が24字とお題目が同じとされていることから、「合掌」の結縁はつまりお題目との結縁となる。

illust-hitokuchi

2021年10月10日号

山梨県立博物館で 「日蓮聖人と法華文化」展始まる

山梨県立博物館山梨県立博物館(山梨県笛吹市)で企画展「日蓮聖人と法華文化」の開催が10月2日から始まった。同展は日蓮聖人ゆかりの山梨県と新潟県に遺る聖人のお曼荼羅、ご遺文を中心に、続く弟子・信徒の信仰遺品を通して法華文化を紐解こうという内容。同博物館で日蓮聖人を題材に扱うのは初という。
初日には総本山身延山久遠寺の内野日総法主猊下がご来館され、中尾堯立正大学名誉教授の解説を受けられながら、熱心に拝観された。内野猊下は「日蓮聖人のお曼荼羅やご遺文から伝わるそのお人柄や御心が、弟子信徒を通して、現在の私たちが励むお題目修行につながっていることを再認識しました。非常に興味深い内容にありがたさを感じました」と述べられた。
同館学芸員の海老沼真治さんは「日蓮聖人が佐渡で培われた信仰の奥深さを実践する場が身延だったと考えています。その足跡を改めて見つめ直していただけることや阿仏房に代表される信徒の新潟と山梨の交流にも注目してほしい」と語っている。11月23日(火)まで開催。

illust-hitokuchi

2021年10月1日号

日蓮聖人降誕800年東北教区大会開く

東北教区大会⑩ 東北教区(日野教恵教区長)は9月5日、日蓮聖人降誕800年慶讃東北教区記念大会(日野教区長=大会委員長、秋田堯瑛実行委員長)を青森県青森市蓮華寺で「ひろげよう つなげよう ささえよう」をテーマに開催した。新型コロナウイルス感染拡大の観点から無参列となったが、コロナ以前から東北教区では参加できない人たちとも大会を共有したいと準備を進めてきたため、リアルタイムでインターネット配信された同大会の様子をさらに編集したものを、教区内の全寺院教会結社に配布する予定だ。出仕者らは降誕の慶びを分かち合うため法要の大導師・菅野日彰管長猊下(東京都大本山池上本門寺貫首)とともにさらに思いを込めた大会を務めた。
日野師が「降誕をお祝いするとともに立正安国の実現に向けて世界全体の平和を心からお祈りします」と述べ開会宣言。菅野猊下と出仕者が入堂した後、「不退転 妙法伝えて八百年、ご降誕を祝う嬉しさ」と田端義宏師替詞の『八百年慶讃和讃』が僧侶9人によって奉唱された。菅野猊下の慶讃文では、日蓮聖人のご降誕を寿ぎ、衆生救済のために立教開宗されたことへの感謝を表され、「東日本大震災を乗り越え、東北教区大会を開催。我ら異体同心の誠を示し、立正安国・皆帰妙法のご遺命に応える」と誓われた。また工藤堯幸師を修法導師にし、その意志を示すような力強いご宝前修法に続き、再び「八百年祝いて進め皆帰妙法」と和讃が唱えられ、祖願達成への誓いを強固なものにした。
回向で懇ろに震災犠牲者への供養をされた菅野猊下は、ご親教に立たれ、「降誕800年は単なるお祝いではありません。私たち僧侶檀信徒1人ひとりが日蓮聖人の誓願を自らの誓いと受け止め、法華経・お題目の信仰の力によって人びとの心の乱れを改めていく時なのです」と日蓮宗徒の使命を語られた。
法要後は田端師が導師の唱題行、教区の檀信徒を代表して青森県檀信徒協議会の秋庭敏範会長が誓いの言葉の読み上げを行った。
最後に秋田師がライブ配信による唱題行で世界の人びととお題目を唱えた功徳の意義などを説き、「法要・唱題行の祈りは私たち僧侶檀信徒にとどまらず、世界中へと広がり、降誕900年に向けてつながっていく祈り」と閉会宣言で述べた。

illust-hitokuchi

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07