全国の通信記事

2021年9月12日

神奈川2 龍口法難751年

DSC_1241【神奈川2】九月十二日(日)神奈川県藤沢市片瀬、霊跡本山龍口寺(本間日恩貫首)では、七五一年目の龍口法難会が朝より深夜一時すぎまで執り行われた。

残念ながらコロナウイルスによって昨年の七五〇年の節目に続き縮小での行事となった。龍口寺周辺を賑わす出店や夜の万燈・纏奉納も中止となった。

ここ数日間、全国的に感染者数は激減しており七月八月に比べ数字的には、改善の方向にむいていると思いますが、いまだ医療機関は逼迫な状況であることには間違いなく、油断できない状況下であり、医療従事者方々には敬意と感謝である。医療従事者を助けるためにも今一度私たちができることは、感染を広げないことが唯一できることではないでしょうか。

さて龍口寺付近は日中、一時的に小雨が降る中でも、感染予防を行いながら朝より開帳祈願や参拝に熱心な方々が来られ、お堂の中で手を合せている姿を見かけられた。また参拝者が少ない時間帯でも龍口寺の僧侶は、常に供養と感謝と祈願を思いながらお経をお堂内に響きわたらせていた。

夜の纏奉納は中止であるなか、人が集まらないよう告知無しで、午後三時ごろ、地元「龍ノ口片瀬睦会」により僅かの時間、十五分と決めた時間で、各々がコロナに負けないよう間隔を開け、太鼓を打ち、一心に纏を振った。感染予防より掛け声と笛は中止としたが境内には、太鼓の音色が響き渡った。

また、例年通り執り行われた夕刻六時と二十四時の大法要には、限られた僧侶が営み、例年通りの参拝者ではなかったもののお堂の中には、熱心に合掌をする参拝者を見かけることができました。

例年であれば各法要後、お堂内の高台より難除けの牡丹餅が振る舞われていましたが、今年は、今一度我慢の年として中止し、参拝者には報恩感謝の念と祈願としてお焼香を行っていただいていた。

深夜境内にでてみると雨もあがっており清々しい空気を感じた、あたりは真っ暗であり日曜日の夜にも関わらず静まりかえっていた、ふと時計の針をみると午前二時であった。七五一年前に日蓮聖人が土牢から引き出され敷皮石の上で斬首刑になりそうになった丑の刻であった。私もいろんな方々のご縁をいただきこの場にいられたことに一言では表せないが感謝を申し述べその場をあとにした。誰もが来年七五二年法難会が賑やかに執り行われること祈っておりました。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07