鬼面仏心

2021年8月20日号

◆皆ともに

 公務員や代議士の不祥事が続く。本来は「公僕」と呼ばれるべき人たちである。それが自己の利益や特定の人の権益を優先した行動を取っていたのだ。許せることではない▼公僕としての存在意義は、公衆のために尽くすということに尽きる。それを犯したのだから、自らその存在を否定したに等しい▼人は独りで生きることはできない。換言すれば、人は社会の一員として、社会とともに生きていくことを求められている。それ故に自分の言動が社会にどう影響するか、また逆に社会の動きが自分にどんな影響を及ぼすものかを、把握していなければならない。極端なことをいえば、社会が崩壊すれば自分の存在も消失してしまうのである。それ故に、自分勝手な行動は許されず、社会のため、他のすべての人のために尽くすことが求められるのである▼つまり自身が存続するためには、他のため社会のために尽くさなければ、自身が消滅してしまうのだ。件の公務員たちの汚職も、国同士が殺戮を繰り返す戦争も、ともに社会を崩壊させる元凶に他ならない▼現実の社会は必ずしもきれいなものではない。しかし法華経では、現実社会の泥沼にこそ清らかな蓮の花を咲かせることができるのだと説く。「汝等皆行菩薩道 当得作仏」と但行礼拝を続けた常不軽菩薩を模範として、互いに他のために尽くす、そんな社会の実現を希求する。(直)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07