日蓮宗新聞

2021年8月20日号

小湊誕生寺で海施餓鬼法要

誕生寺流灯会日蓮聖人降誕800年を今年迎えた生誕の聖地・千葉県鴨川市大本山小湊誕生寺で海施餓鬼会法要が8月10日に営まれた。台風10号の影響で高波が発生したため、恒例の妙の浦洋上での灯篭流しは24日に延期となったが、石川日貫首を導師に法要は懇ろに営まれた。
同寺の海施餓鬼は元禄16年(1703)に房総一円を襲った大地震による津波で犠牲となった約400人の御霊を弔うために始まった。戦後は、太平洋戦争での戦没者への慰霊もかねられ、妙の浦で流灯会が行われるようになった。今では夏の小湊の風物詩となっており、花火もあわせて打ち上げられるため、当日には多くの見物客が訪れる。また個人での供養も受け付けられており、今年は大灯篭約40基、灯篭約500基の申し込みがあった。「前年より灯篭の申し込みが増えた。コロナ禍でいろいろ思いが募っているのでは」と担当の僧侶は語る。
法要は出仕者を少なくして営まれたが、例年と変わらない供養が捧げられた。最後に石川貫首は「法要に参加し、供養していただきありがとうございました。ともにお題目を育て、全国の人たちにお題目を弘めるお手伝いをお願いします」と謝辞で述べた。
24日(火)に計540基の灯篭が小湊の夜の洋上を照らす予定。

illust-hitokuchi

2021年8月1日号

北海道教区大会開く

北海道教区大会①北海道教区(穗坂孝史教区長)主催の日蓮聖人降誕800年教区記念大会(室伏見秀大会長)が8月24日、明治8年に屯田兵によって開創された札幌市でも最も古い寺院の1つの日登寺で開催された。新型コロナウイルス感染防止対策のため出仕僧侶、参列者を最低限にとどめたが、大会はインターネット中継でリアルタイム配信され、北海道礼文島出身の菅野日彰管長猊下ご親修の大法要の感動と感謝を北海道全土で共有した。
開会にあたり参列した中川法政宗務総長が祝辞に立ち、「北海道の大地を踏みしめた時、この地で唱えられるお題目は開拓による血と汗と涙の結晶がこもった魂の叫びであると確信しました」と述べ、先師先人への思いを馳せ報恩感謝を示した。次に行われた唱題行では、伊藤美妙師とともにお題目が何遍も唱えられた。伊藤師が「唱題の法悦を感じるとともに、この功徳を世界の平和への祈りに変えましょう」と呼びかけた後、次世代のお題目・法華経流布を担う北海道教区の宗門子弟が僧風林で修行する様子が動画で紹介された。
法要は和讃大法要と銘打たれ、菅野猊下や式衆の入堂時に和讃が僧侶6人によって唱えられた。コロナのまん延がなければ、大きなホールを借り切っての大会となり、参列者全員がこの日のために練習してきた降誕800年を慶讃するオリジナル和讃を同じ空間で唱える予定だったが、人数制限での開催のため叶わなかった。ただし、この大会はリアルタイム配信されたため、同時に唱えることが可能となり、視聴参列者とも一体となる法要となった。
ご宝前を清める修法や読経・唱題で異体同心となって報恩感謝を捧げた後、菅野猊下が慶讃文で日蓮聖人のご降誕や教えを紐解かれ、「生老病死の苦しみますます充満せり。立正安国のご遺命に応えんことを誓願する」と覚悟を示された。再び和讃で「幾年の時を経て今、北の地は音声高らかに伝え繋げし」と唱えられるなか、式衆がご宝前を行列しながら散華を舞わせ降誕を寿いだ。
菅野猊下は御経頂戴とご親教を述べられた後、北海道礼文島出身の1人の僧侶の身として改めて挨拶に立たれ、僧侶であった父と祖父が早くに遷化し、祖父が建立したお寺を出なけれならなかったことや、その後に中学生で母の元を離れ1人小樽のお寺で修行したことなどを回顧された。「お寺を出されたとき、〝せっかくお寺を建てたのに菅野さんのところにご利益なかったね〟と心ないことを言う人もいました。しかし、私はこうやって今、北海道の地で降誕800年の導師を務めております。私は母の祈りやお題目に護られています」と語ると、参列者は菅野猊下のご苦労を偲ぶとともに、お題目の守護に感謝の涙を浮かべた。
最後に室伏大会長が謝辞に立ち、「コロナ禍でありますが、人間を救うのは人間。決してモノでは救われない。人間性に目覚めて初めて人間になる。今がその時です」と語り、大会テーマ「いのちに合掌・敬う姿でつながる世界 未来へ伝える宗祖の心」の意義を説いた。

illust-hitokuchi

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07