ひとくち説法

2021年7月20日号

コロナよりこわい人間の心?

 お彼岸のお経周りの最中、あるお寺の掲示板に「コロナよりこわい人間の心」と書かれているのを見てドキッ! としました。
 私が所属している日蓮宗人権擁護委員会では、各委員が市区町村で人権に対する啓発活動やさまざまな相談に対応しています。最近では、自分や家族に対する誹謗中傷や差別的な取り扱いで苦しんでいる人など、新型コロナウイルス感染症関連の相談が多くみられます。ある相談者は「感染症になって苦しかったが、それより今になっても続く差別はもっと苦しい」と話してくださいました。
 お釈迦さまは「自分がされたくないことは、あなたも人にしてはいけないよ」と思いやりを説かれています。「もし自分が感染症になって悪口や差別を受けたら嫌ですよね。だからあなたも人に悪口や差別をしてはいけないよ」ということです。 私たちが、新型コロナウイルスよりこわい存在にならないようにお互いに気をつけましょう。
(神奈川県第2部布教師会長・植坂泰雄)

illust-hitokuchi

2021年7月1日号

お題目で心の消毒

 昔の歌に、手や顔の汚れは常に洗えども、心の垢を洗う暇なしというのがあります。この1年半、手指の消毒がすっかり日常化されてきました。私たちは鏡を見て、髪形の乱れをなおしたり、手や顔の汚れはいつも洗っていますが、心の垢を洗い清めるということはなかなかできないものです。
 私たちの心には、慈悲深い仏さまのような心もある一方で、怒り、貪り、愚か(三毒)も持っています。心をきれいにすることは難しいですが、その三毒を消せるのがお題目です。本来、眠っている仏さまの種を目醒めさせてくれるからです。本来ある尊い姿を見せてくれる、己が仏性を開花させるということが、本尊の意義の1つにあります。コロナ禍、自分を見失う人が多くなっているようです。お題目で仏性を喚び起こしていくことが大切です。来年、令和4年7月8日は、佐渡始顕本尊開顕から750年になります。今一度、己が心を観てみましょう。
(神奈川県第1部布教師会長・鈴木浄元)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07