全国の通信記事

2021年6月29日

宮城・本山孝勝寺 釈迦堂上棟式

宮城HP用【宮城】6月29日、仙台市本山孝勝寺(谷川日清貫首)で市登録文化財・釈迦堂の上棟式が行われた。昨今のコロナの影響で出席者は総代、工事関係者のみに縮小された。法要は谷川貫首導師のもと山務員6名で厳修され、堂内は力強い読経が響いた。その後、宮大工が屋根に上がり棟木を打ち納める「槌打の儀」など、宮大工の伝統儀式「工匠の儀」を行い、完工を祈った。

孝勝寺境内にある釈迦堂は、伊達騒動に巻き込まれた仙台藩4代伊達綱村公が、母・三沢初子の冥福を祈って建立した御堂である。その釈迦堂には、孝勝寺の寺宝、一寸八分の釈尊像が祀られてきた。その釈尊像は、熱烈な法華経信仰をしていた三沢初子の御持仏で、伊達騒動のとき綱村公を守るため、一心に法華経、お題目を唱え祈願した釈尊像である。釈尊像が安置してあった釈迦堂は、移築を繰り返し老朽かが進んでいたため、このたび、320年ぶりに全面修復が執り行われている。創建当初から使われたとみられる14の本の柱や屋根、壁面の装飾はできるだけ生かして、元禄時代の建築様式を再現し、外観は年末までに完成する予定である。

上棟式に参列していた元仙台市博物館長・東海林恒英氏は「今年は伊達騒動の出来事で有名な刃傷事件が起きて350年の節目であり、仙台にとって重要な史跡が再現されることは意義深い」と述べられた。またほかの参列者も「綱村公が御報恩感謝の誠を捧げる釈迦堂が修復されて、とてもうれしいです。私もお題目を唱えていきたい」と話していた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07