ひとくち説法

2021年5月20日号

長い目を持つこと

 長い人生には、いろいろなことが起こると思います。一時は悲しいこと、つらいこと、泣きたいこともあります。ところがあとになって考えると、かえって良かったと思われることもあります。
 中国の故事で「塞翁が馬」という言葉があります。中国の北の要塞近くに住む老人(塞翁)が、馬を飼っていたが、逃げられてしまった。老人は嘆かなかった。数ヵ月後、逃げた馬が、良い馬を連れて帰ってきた。老人は喜びもしなかった。老人の子は乗馬を好んだ。ところが落馬して足を折ってしまった。1年後、戦争が起き、たくさんの若者が命を失ったが、老人の子は足が悪かったため、戦争には行かずに生き残ることができた。
 この話は、人生において、何が幸いするかわからないというたとえです。コロナ禍の中で、どんなことがあっても立ち上がれる人、どんな不幸があってもじっと耐えられる人。そうなるには「長い目」をもつことが必要かもしれません……。
(東京都東部布教師会長・鈴木貫元)

illust-hitokuchi

2021年5月10日号

親に申し訳ない

 昨春、私は自分の身体の一部とお別れをした。17年前に医師から「胆石がある」と言われていたが、強い痛みがないためそのままにしていた。否、そのままではない。手術での胆嚢切除を嫌い、「効く」というお茶や生薬を飲んだりもした。しかし、自分の意志に反し、石はどんどん成長した。
 覚悟して専門医を訪ねると、「単孔式腹腔鏡下手術で胆嚢を取るので日帰りでも可能」とのこと。医療の進歩に驚嘆し、長年の不安は吹き飛んだ。
 〝胆嚢〟と過ごす最後の夜、彼に好物を振る舞い、60年余の労に「今までありがとう」と深謝。ささやかなお通夜、否、お別れ会を独りで営んだ。手術当日入院、翌朝退院。経過は良好である。ただ「父母に申し訳ない」と、今になって思う。親が身を削り、生み育てた〝この身体〟だから…。
 コロナ禍の中、お祖師さまの「我が頭は父母の頭、我が足は父母の足」の金言が心に響き、命の継承を痛いほど感じた。そんな出来事であった。
(北海道北部布教師会長・中村啓承)

illust-hitokuchi

2021年5月1日号

なろう、なった、その次は

 「信頼される僧侶になろう」「尊敬される僧侶になろう」「人の心の痛みのわかる僧侶になろう」「社会から必要とされる僧侶になろう」。これは私が身延山で信行道場という、日蓮宗僧侶の資格を得るための修行の折に、主任先生から賜った言葉です。以来、座右の銘としています。
 「僧侶」の部分にそれぞれの立場「人」「親」「子ども」「孫」「姉」「弟」「夫」「妻」「先生」などに置き換えるといかがでしょうか。できている人もいれば、難しい人もいるかと思います。
 ここでは「なる」のではなく、この「なろう」と精進し続ける心持ちが求められています。「なろう」と心を奮い立たせるのですが、これがなかなか。そして最近ふと「なった」後はどうなるのかと素直な疑問が芽生えました。
 「なっても」「なり続ける」という厳しい次があることに気づかされました。皆さまと一緒に善き心を受け持ち続けてまいりたいのもです。
(千葉県西部布教師会長・木村順誠)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07