オピニオン

2021年3月10日

猫の恩返し

彼岸や施餓鬼会に参加しては、多くのご先祖に塔婆供養を重ねてきたSさんは、国道45号線沿いで民宿を営んでいました。Sさんは、行き交うトラックなどに轢殺された猫の遺骸を見捨てて置けず、丁寧に葬っては当山で塔婆供養をしてきました。幾匹もです。ある冬の寒い日、来山してのこと。「お上人さん、今朝、明け方夢を見ました。私が狐の首巻きのようなものをして温もっています。でもよく見ると猫だったのです」。私はこう応えました。「鶴の恩返しならぬ、猫の恩返しですね。Sさん」。「そんなことがあるんですね」。
日蓮聖人は、「丈六の卒塔婆をたてて、其面に南無妙法蓮華経の七字を顕しておはしませば、北風吹けば南海の魚族、その風にあたりて大海の苦を離れ、東風きたれば西山の鳥鹿、その風を身に触れて畜生道を免れて都卒の内院に生まれん」(『中興入道御消息』)と、卒塔婆供養の功徳を述べておられます。

(岩手県布教師会長・三浦恵伸)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07