全国の通信記事

2021年2月16日号

奈良 宗祖降誕800年慶讃国祷会を

奈良210217①【奈良】二月十六日、宗務所(木村泰存所長)と修法師会(米虫是恭会長)は大和高田市の奈良県産業会館で宗祖降誕800年慶讃国祷会を開催し、約70名が参加した。
木村所長は「厳しい状況が続いているが来年は盛大に管区大会を開催し、皆様と一緒に大聖人の御霊跡参拝も行いたいと思っています」と挨拶した。
法要後には青年会を中心に唱題行が行われ会場いっぱいに大きなお題目が響き渡った。

千葉南 遠藤了義師の記念書籍

千南210520【千葉南】いすみ市大栄寺住職の遠藤了義師が法話集『続・山の聲』を、令和3年2月16日の宗祖降誕800年の御聖日を発行日に定め発刊した。これは宗祖降誕800年と常秀山大栄寺開山700年、遠藤師自身の住職歴50年を記念した書で、平成5年に師父・遠藤寛格日祥上人の第7回忌法要に合わせて刊行した『山の聲』の続編となる。大栄寺の寺報『常秀山の声』の法話部分を中心としてまとめられていて、他にも自身が行った講話や祖父遠藤英哲日寛上人の誌上講話が掲載されている。本書は縁のある寺院、檀信徒や知人等を中心に配られたものだが、希望すれば購入も出来る。残りがごく僅かなため、早めに大栄寺まで連絡をとのこと。問い合わせは大栄寺:0470-87-2735。

愛知名古屋・修法師会が宗祖降誕800年「疫病退散 開運祈願会」

名古屋210301 (2)【愛知県名古屋市】宗祖御降誕800年にあたる2月16日、名古屋修法師会(藤浩一会長)は会長の自坊である東区浄蓮寺において、宗祖御降誕800年慶讃「疫病退散 開運祈願会」を修法師会会員出仕のもと開催した。
例年2月16日には日蓮宗大荒行堂成満僧を迎え「日蓮宗大祈祷会」を開催し、朝早くから檀信徒の参拝が途絶えることがない。
しかし本年は、コロナ禍による大荒行堂の閉鎖や檀信徒を集めて行う行事でのクラスターの懸念から、例年とは形を変え無参拝で行われた。出仕した会員もマスク着用・アルコール消毒・堂内換気等の感染対策を徹底した。
午前中の寒空の下、開式とともに有志会員約20名による水行の声がこだまし、堂内では読経が始まった。
水行及び読誦行の後、午後から本堂において宗祖御降誕800年慶讃「疫病退散 開運祈願会」が厳修され、堂内には一日中読経の声が響き渡り、御降誕800年の大聖人への報恩感謝も捧げられた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07