ひとくち説法

2021年2月20日号

畜生すらかくのごとし

ノラあがりの同居猫の話をしよう。彼女は狩りが得意で、小動物を捕らえてはギョッとされるが、それ以上に驚くのは、その獲物を決まってお内仏(仏壇)前に「供える」行為に対してだ。
彼女はそこで、寺族の勤行唱題する姿を見ている。単に褒めてもらいたい心理なのか真相は不明だが、何か特別の思いを汲み取りたくもなる。
同列に語れないことを承知の上で。私はアイヌのイヨマンテを想起してしまう。熊送りと称されるそれは、殺した熊を、感謝と祈りの中で神へ送る崇高な儀式だ。大地自然と一体となったアイヌに受け継がれる精神性を端的に示すものだ。
妙法に照らされた世界も本来、そうだったのではないか。あるいは、今日この世界の病を治癒する何かも、そこの見い出せるのではないか。
話が少々大きくなった。彼女は自由を満喫しているに過ぎない。が、「いわんや人倫」が病む今、畜生の野趣から学びたい思いも抑え難い。
(宮城県布教師会長・梅森寛誠)

illust-hitokuchi

畜生すらかくのごとし

 ノラあがりの同居猫の話をしよう。彼女は狩りが得意で、小動物を捕らえてはギョッとされるが、それ以上に驚くのは、その獲物を決まってお内仏(仏壇)前に「供える」行為に対してだ。
 彼女はそこで、寺族の勤行唱題する姿を見ている。単に褒めてもらいたい心理なのか真相は不明だが、何か特別の思いを汲み取りたくもなる。
 同列に語れないことを承知の上で。私はアイヌのイヨマンテを想起してしまう。熊送りと称されるそれは、殺した熊を、感謝と祈りの中で神へ送る崇高な儀式だ。大地自然と一体となったアイヌに受け継がれる精神性を端的に示すものだ。
 妙法に照らされた世界も本来、そうだったのではないか。あるいは、今日この世界の病を治癒する何かも、そこの見い出せるのではないか。
 話が少々大きくなった。彼女は自由を満喫しているに過ぎない。が、「いわんや人倫」が病む今、畜生の野趣から学びたい思いも抑え難い。
(宮城県布教師会長・梅森寛誠)

illust-hitokuchi

2021年2月1日号

あたりまえにありがとう

新型コロナウイルスが蔓延して1年。良いところが1つもないと言われるこの疫病ですが、日蓮聖人は「逆境は先生である。こんな時こそ多くのことを学び、気付かせてくれる」とお遺しです。当たり前のように思える日常の何気ないやりとり。この「普通に生きている」ことがいかに有り難いことか改めて気付かされた1年でもありました。
先日、小学生のある作文に出会いました。
~『あたりまえにありがとう』 食べられること、眠れること、学校に行けること、友だちと遊ぶこと、家族で話せること、大人が仕事をすること、健康で安心なこと、それはあたり前だった、それが幸せに変わった~
まさにそう思えるその心こそ「生きる意味」においてとても大切なことだと気付かせてくれました。あたりまえが、どれだけありがたいことか。いつも心に留めて、今こそ、ひとつ心にお題目を唱え、この疫病難を皆で乗り越えて参りましょう。(宮鹿沖布教師会長・吉田憲由)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07