オピニオン

2021年2月20日

次の節目へ思いをつなぐ

 日蓮聖人が貞応元年(1222)2月16日、安房国長狭郡東条郷片海(現・千葉県鴨川市)の地に誕生されて、今年は800年の記念すべき年を迎えました。私たちの宗門・各寺院などはもちろんのこと、研究機関、そして聖人の教えを信奉する1人ひとりにとって、尊い節目の年であります。
 けれども、昨年(令和2年)1月中旬に、日本においても最初の新型コロナ感染者の報道がなされた以来、世界中に蔓延し、1億人を超える人たちが、この感染症に罹患しています。さらにウイルスは、日々刻々と変異し、新たな感染症を引きおこしています。
 私は、昨年6月の論説において、寺院、および教育機関に関わりをもっていることから、微力ながらも感染症の危険を冒すことのないように、と自戒の文章を書かせてもらいました。いまも、その考えに変わりないのですが、では、聖人門下の1人として、降誕800年をどのように迎えるべきかを考えています。
 ところで、はじめて日蓮聖人のご霊跡を参拝する機会を得たのは、大学進学に始まります。
 まず、上京の折には身延山へ参拝し、入学後は、立正大学が東急池上線の沿線でしたから、聖人ご入滅の大本山池上本門寺へ参詣いたしました。そして、大学1年の6月、諸先輩たちと日蓮聖人降誕の安房小湊の地を訪れることができました。そのときの記憶は鮮明です。東京の両国駅から外房線のディーゼルカーに乗車し、茂原の藻原寺、小湊誕生寺、妙蓮寺、小松原鏡忍寺、そして清澄寺なども参拝しました。昭和42年(1967)のことです。
 はからずも、聖人の聖地の参拝によって、私自身が仏門へ入った意味を考え、そして大学生活における仏教研鑽の覚悟をもったことを思い出します。
 卒業年時の昭和46年(1971)2月16日は、日蓮聖人降誕750年の記念の聖辰であります。
 いま、この年の事柄を『近代日蓮宗年表』から抽出いたしますと、2月15日から17日まで大本山小湊誕生寺で「日蓮聖人降誕七五〇年慶讃大法会」が営まれています。4月3日から27日までの約1ヵ月間は、東京日本橋浜町の明治座で、松本幸四郎翁(1910~82・初代松本白鸚)を主演とする聖人劇「日蓮」の上演です。また、身近には、立正大学仏教学会から『大崎学報』の「聖誕七五〇年記念特輯号」が刊行され、この研究誌によって、私は貴重な示唆を受けています。
 さらに、記念行事は、ご正当の年にとどまることなく、翌47年(1972)、2月22日から3月5日までにわたり、新宿三越デパートで、誕生寺の出開帳があり、「日蓮聖人ゆかりの霊宝展」が開催されています。大学院生の私は、多少の手伝いをいたしました。
 いま、これらの事跡をたどりながら、改めて日蓮聖人のご降誕の意義を考え、さらに自己自身の信仰のあり方を考えてみますと、学生時代の750年という尊い節目は、50年後の今日に連なり、さらに、今後は聖人のご入滅750年と、継続されなければならないと思うのです。
 コロナ禍によって、記念行事などが縮小、延期、さらには中止となっていると思われます。しかし、それらを乗り越え、さらなる未来へ日々、日蓮聖人の信仰世界に生き、そして未来の人びとに手渡さねばならないと思うのです。
    (論説委員・北川前肇)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07