オピニオン

2020年12月20日

コロナ元年のおわりに

 この令和2年はまさしくコロナに振り回された1年でした。まだまだ先の見通しが立たないことが更なる不安を煽っています。だからといって自粛してばかりはいられません。地元での感染者が出ていないことをいいことに、私の寺では例年通り、粛々と活動してきました。結果良しとはいえ、幸いにしてコロナ禍の被害は受けておりません。よって、来年のコロナ2年度も変わらず伝道教化に勤しんでいこうと思っています。時間が取れたコロナ元年に学べたことは、深い洞察力と正しい視点を持って、歴史や過去を見直し、信仰の糧の栄養価を高めていくべきだと考えたことです。
 今年は、日本書紀が編纂されて1300年、神話に託された日本の歴史や宗教史を考察するために、先月24日、出雲の「神在月神事」を参観しました。大社側の参拝自粛の呼びかけにも関わらず、多数の参拝客で賑わっていました。旧暦の10月10日の夜、全国から八百万の神々が集まられる神事です。出雲神話に秘められた大和朝廷の成立と仏教伝来の由来とを再学習できました。
 日蓮聖人の龍ノ口法難、佐渡流罪から750年、由緒寺院への団体参拝を昨年から計画し、5月実施予定でしたが、10月に延期し、東京、鎌倉を避けて、佐渡、身延参拝を決行しました。17人の小人数での旅行になりましたが、行く先々での歓待は有難く、とくに身延山の輪番奉仕では、法主猊下をはじめ皆さまのおもてなしに一同大感激しました。「コロナのおかげでこんないい参拝ができた」と少々不謹慎な声もありましたが、行動することで得ることができる喜びを知ることになりました。
 先月25日は文豪三島由紀夫と楯の会のメンバーが市ヶ谷の自衛隊駐屯地へ乱入し、自決した事件から50年でした。青臭い同世代の若者と同様に反体制、反権力で粋がっていた自分を恥ずかしく思い出します。体制側の三島の壮絶な死に驚愕し、心情的な共感も抱きました。東大全共闘や自衛隊、戦後日本人の偽善に満ちた生き方に幻滅し、将来の日本に警鐘を鳴らした三島の「憂国の情」は青年期の脳裏に刻み込まれたのです。しかし、50年の歳月は瞬く間であり、自身の無為な人生を含めて、三島のいう自衛隊や憲法に何の変革もなく、私たちの行く末は文字通り憂国に満ちています。日蓮聖人の「立正安国」の意志を継ぐためにはこのままでいいわけがありません。
 先月17日は雲仙普賢岳が200年ぶりに噴煙を上げてから30年目でした。200年前は「島原大変、肥後迷惑」といわれ、1万5千の人命が奪われました。その歴史を受け、当時はマスコミが押しかけ大騒ぎになり、世間は能天気に噴火景気に沸いていました。そんな中、警察は200年前の大災害を想定して、遺体収容数の調査など着々と準備を進めていました。そして、半年後に大火砕流が襲ったのです。当寺は遺体検視、安置所に指定されました。派遣された市役所の職員は右往左往するばかりで役に立たず、反面、警察、自衛隊の規律ある支援活動には頭が下がりました。かねてからの想定や訓練、準備がいかに大切であるかを切実に知らされたのです。存続の危機に晒されている寺院や宗教界は将来の想定ができているのか、継承するための人材を育てているのか、正念場に立たされているのです。
 コロナ2年は日蓮聖人生誕800年に当たります。その報恩のためにも、私たちは過去と歴史に学び、国家社会に対する宗教家としての自覚とそれを実践できる人を育成し、その人材を残すことに尽力すべきでしょう。(論説委員・岩永泰賢)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07