オピニオン

2020年11月20日

核禁止条約の発効と立正安国・お題目結縁運動

核禁止条約の発効
 平成29年(2017)7月7日、国連122ヵ国の賛成で採択された「核兵器禁止条約」の批准国が50ヵ国に達したので、来年1月22日に発効することになった。
 核のない世界に向かっての道が開かれることになる。世界人類の平和のために、この上ない悦びである。
 この条約では、「核兵器のいかなる使用も国際人道法に違法し人道の諸原則・公共の良心に反する」としている。その禁止事項には、核兵器の開発、実験、生産、製造、取得、保有、貯蔵などが挙げられている。つまり核兵器に関する全面的な完全な禁止条約である。
 この条約の成立にあたって、核兵器廃絶運動を推進している国際的連合体(ICAN)の活動が大きな役割を果たしたとしてノーベル平和賞を受賞した。
 世界人類平和のための市民運動が、いかに大きな成果をあげることができるかを私たちに示してくれた。
 しかし残念なことに、この条約には世界で唯一の被爆国である日本が棄権して加入していない。

不戦の誓願を世界へ
 このたびの核禁条約には、核保有国であるアメリカ、フランス、イギリス、ロシア、中国の5大国は入っていない。核の傘の下にあるドイツ、韓国も日本と同様に加入していない。
 核を保有しているといわれるインドもパキスタンもイスラエルも、さらに開発を進めているという北朝鮮も入っていない。
 いまや世界には核弾頭が15万発保有されているといわれ、その新型化、小型化が進められているともいう。
 こういう世界状況の中で、核廃絶を進めていくには、今後大変な努力が求められてくるのではなかろうか。
 筆者も核兵器廃絶を祈る唱題運動を推進している中で、核廃絶のためには、核が要らない世界を目指すことだと思っている。それには核を必要としない不戦の世界・戦争をしない平和な世界をつくることだ。
 第1次世界大戦の昭和3年(1928)に、世界不戦条約が49ヵ国が加入して、パリで調印されている。その時、日本も加入し翌年批准が決議された。その後、日本は満州事変、日中戦争へと突入し、第2次世界大戦へと進んだことは明らかだ。
 かつて人類が実現した不戦条約が、今日ほど要請されている時はない。この不戦条約の体験が日本の憲法9条の戦争の放棄につながっているともいわれている。戦争の放棄は日本だけではできない。世界がこぞってこれに向かっていく時が来ている。

立正安国・お題目結縁運動
 第1次世界大戦後の大正10年(1921)、軍備拡大競争が各国で起きている時、軍縮のための「ワシントン会議」が開かれた。その時、我らが先師・石橋湛山先生は、太平洋問題研究会を設立し、世界平和実現のための絶好の機会だと言われて、6項目の勧告をなされた。その1つに「軍備は撤廃の方針を取るべし」とある。
 軍備を全廃することは不戦を誓うことだ。不戦を誓わなければ軍備の全廃もないし、平和もないとうことだ。
 立正安国・お題目結縁運動は、ご本仏の魂であるお題目を唱えることによって、遍一仏土の平和な仏国土・本門の戒壇の事相を顕現することを目的としている。
 日蓮聖人がこの世に出現された意義はここにある。戦争のない平和な世界、核兵器などはいらない不戦の平和な人類世界を目指して唱題していこう。
(論説委員・功刀貞如)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07