オピニオン

2020年11月1日

心で聞く声

 聞という漢字は、両開きの戸を開けて耳で話をうかがうという意味の象形文字が起源とされています。簡単に言うと耳をかたむけて話を聞くという意味になります。
 先日お寺で法事がありましたが、その日は朝からあいにくの大雨でした。ザーという雨音を聞きながら法事を終え、ちょうど法話が終わるころ、雨が上がっていました。それを見た故人の息子さんが感慨深い調子で、「あ、雨が上がってる。きっと親父が今日の法事を喜んでくれとるよ」。
 と、言うと法事に参列された人たちがうなずきあう姿に出会いました。私は、この姿に亡き人の声は聞くことはできませんが、心に澄まし傾けることで声を聞くことことができることを知りました。
 みなさんも仏壇の前で、法事の心でそっと澄まして、心の耳をかたむけてください。みなさんの心にも聞こえる声があります。
(愛媛県布教師会長・讃岐英昌)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07