全国の通信記事

2020年10月22日

神奈川三・本山妙純寺で宗祖依智入定750年報恩法要

神三201104 (2)【神奈川三】神奈川県第三部は十月二十二日、厚木市本山妙純寺に於いて、「宗祖日蓮大聖人依智入定七五〇年報恩法要」を厳修した。
法要は妙純寺貫首、星日龍猊下大導師のもと管内教師五十五名出仕、檀信徒六十四名が参列し、日蓮大聖人が依知の地で明星天子の星下りを体現された威徳を称え、報恩の誠を捧げた。
当初予定していた行事は昨今の新型ウイルスの感染拡大防止のため、規模を縮小して法要のみが執り行われたが、管内修法師による修法・雅楽会による奉楽・檀信徒代表による献灯・献華・献香などが行われ、荘厳な法要となった。
法要の中で星貫首は「此の依智は宗祖が九月十三日より十月十日まで、この地におわしたる霊地なり。立正安国論の冒頭に曰く『旅客来りて嘆いて曰く、近年より近日に至るまで、天変地夭、飢饉疫癘、遍く天下に満ち、 廣く地上にほとばしり』とある。現代の世相とよく符合するものあり、未法の世の自己中心的な思考が世に満ち、人類の驕りが今、宇宙法界の調和を乱し、かるが故に天変地異、飢饉疫癘の相を現出す、今こそ宗租の教えを益々繁栄させ、この流れを変えることが、最重要なり。 今、依智入定七五〇年の紀辰を迎え、神奈川第三部宗務所僧俗一にして、この諸現象に対応し、宗祖の光明が天地に充ち、一切衆生の闇を開き給わんことを祈る」と表白文を述べた。また、神奈川三部宗務所山﨑浩道所長は、「一年掛かりで綿密な計画を立て、大きな法要にする予定で進めていた矢先、新型コロナウイルスの影響により、法要も自粛を余儀なくされた。しかし、依智入定七五〇年という御正当を迎える中で、小規模でも日蓮大聖人に報恩のお題目を皆様と共に捧げられたことは有難く感謝している。神奈川県第三部唯一の本山で、より一層日蓮大聖人を身近に感じ、ご縁を結んで欲しい。」とコロナ過での自粛開催であったが、無事に報恩法要を厳修できたことへの謝辞を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07