日蓮宗新聞

2020年9月20日号

4703万9136遍の祈りのお題目捧げる

◆池上本門寺で第2期コロナ収束百万遍唱題修行結願法要

東京都大田区大本山池上本門寺は、新型コロナウイルスの収束を願う第2期百万遍唱題修行を9月8日に成満し、結願法要を営んだ。
池上本門寺は、ウイルスが日本や世界中に広がりつつあった2月21日から5月30日までを第1期として同修行を開始。その最終日辺りには非常事態宣言も解除され、日本では少しの落ち着きを取り戻していたが、気の引き締めとさらなる収束を願い6月1日から第2期をスタートさせた。
池上本門寺内では1日1万遍、100日で100万遍のお題目を目標に、朝・昼・夕の勤行のみならずほかの時間も祈りの唱題を捧げ、当日の成満を迎えた。また同寺外の人たちにも収束へのお題目を唱えてもらうことを募ったところ、全国の569人の有志から前回の3509万8037遍を大幅に上回る4703万9136遍の唱題の報告が寄せられた。
法要後、菅野日彰貫首猊下は収束にはまだまだ遠いと1億遍の唱題を目指し第3期を始めることを宣言され、「コロナを憎むのは、仏教の教えにありません。得度(仏の世界に入らしめる)をさせるのが私たちの務めです。恐ろしいのは私たちの心に病魔がかかること。本来日本人がもっていたあたたかい心、いたわりの心、思いやりの心を失ってはいけません。逆にコロナを仏縁として、その心を取り戻すきっかけにしてほしい」とご教示された。
池上本門寺では第3期の祈りのお題目を呼びかけている。唱えたお題目の数を池上本門寺参拝部へファックス(03・6410・5001)で報告すれば集計される。

illust-hitokuchi

2020年9月1日号

千鳥ヶ淵戦没者墓苑にお題目響く

千鳥ヶ淵75回目の終戦記念日を迎えた8月15日、日蓮宗は「千鳥ヶ淵戦没者追善供養並世界立正平和祈願法要」を、東京・千代田区の千鳥ヶ淵戦没者墓苑で営んだ。
中川法政宗務総長名代の生駒雅幸総務局長を導師に、修法導師を嶋田教要東京西部修法師会長が務め、戦没者の遺骨が納められている六角堂内に大曼荼羅ご本尊を奉安し、戦没者への慰霊と平和への祈りを捧げた。式中、檀信徒など約150人が焼香し、尊い命を犠牲にした戦没者の冥福を祈るとともに、2度と戦争を起こさぬよう祈りを込めて合掌した。
法要終了後、生駒師が代読した中川総長の挨拶文では、人類が共に手を取り合って心を1つにした世界平和を願い、この法要がすべての命とその希望を未来に繋げる縁となることを切望した。
千鳥ヶ淵の法要は昭和34年に同戦没者墓苑が創建されてから毎年この日に日蓮宗が営んでおり、今年が62回目となる。今回は新型コロナウイルスの感染拡大予防を徹底させての開催となった。出仕僧侶を減らし、参列者の座席の間隔を広く取り、参列への呼びかけも縮小した。最後まで参列するか迷ったという男性は「小学校3年で終戦を迎えた。体力が続く限り参列したい。戦争の時代を生きた者にとっては今日は特別な日。参列を断念した仲間の分までお題目を唱えようと思って来ました」と話した。

illust-hitokuchi

鎌倉布教拠点建設案まとまる

鎌倉模型日蓮宗が所有する神奈川県鎌倉市小町の日蓮聖人辻説法跡地の隣接地(以下=鎌倉布教拠点)を活用するための基本設計案が、6月26日に東京都大田区宗務院で開かれた鎌倉布教拠点建設検討委員会で承認され、本格的な建設に向け動き始めた。
鎌倉布教拠点(375・2㎡)は平成21年の第98臨時宗会で取得が決定された。しかし、23年に発生した未曾有の災害・東日本大震災への緊急対応などで、建設計画に待ったをかけざるを得なくなっていた。震災から7年を経た平成30年に中川法政宗務総長が、計画を再始動させるために同委員会を初開催。地元管区の楠山泰道神奈川県第2部宗務所長を委員長に検討を重ねてきた。建設されるのは、日蓮聖人像を奉安する六角堂と展示ホールで令和3年10月の落慶を目指す。完成後は、檀信徒・未信徒を問わず広く法華経や日蓮聖人の教えを伝える施設になる。鎌倉布教拠点は鎌倉駅から徒歩5分。

山梨県総本山身延山久遠寺で鎌倉布教拠点に建設される予定の六角堂に奉安される日蓮聖人像の鑿入式が、7月29日に持田日勇身延山総務を導師に営まれた。ご宝前には尊像の材木となる身延山の「楠」が安置され、出席した内野日総法主猊下・中川法政宗務総長らが同地に棲まう日蓮聖人の御霊へ祈りを込め鑿入の儀を行った。のみ入れ
同尊像は、身延山大学仏教学部の柳本伊左雄特任教授が手掛ける。日蓮聖人(1222―82)は年表によると建長6年(1254)33歳で鎌倉の辻に立たれ説法をされたといわれることから、立教開宗後の若き聖人の姿が刻まれる。高さは約1・8㍍となる予定で、尊像が六角堂に奉安されると、時を超えてあたかもそこに往時の聖人がいらっしゃることを感じられるようになる。
中川総長は、「鎌倉は聖人が命を賭して法華経の教えを説かれたため、御声が染み込んでいる地。完成した暁にはぜひ獅子吼される聖人に会いにきていただき、大きなエネルギーを感じることで困難な世の中を切り開く自らのエネルギーに変えてほしい」と願った。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07