オピニオン

2020年9月10日

有名な野良猫

 2ヵ月前まで、ニャン子は近所で有名な野良猫だった。ゴミ集積所を荒らし、家々からも食料を泥棒。畑を掘り返しては糞尿被害。しっぽが根元からねじれたキジトラで、警戒心が強く、激しい気性、まったく人に懐かない。危険な「ニャン子」と呼ばれ、見かければ追い払われた▼だが一方で、無責任な餌やりをする人たちもいて、彼女は毎年出産すると子育てのために泥棒を重ね、子猫も共に畑を荒らした。もしかしたら、彼女自身もそうした悲しい生まれの猫だったのかもしれない。そんな彼女が6月に再び出産。「とても大きなお腹だった。今年の子猫は多いに違いない」。彼女の存在が地域の揉めごとに発展しかけていた▼授乳期の彼女はすっかり痩せ細り、いつも以上に餌を探し回って3時間おきに見かけたほど。深夜、どしゃ降りの雨にずぶ濡れで餌を探す彼女は、わが子のために必死な母親の顔をしていた。私は思わず「みんなを連れてお寺においで」と語りかけた▼数日後、なんと、境内の子安鬼子母神堂の前に、7匹の子猫を連れた彼女の姿があった。私が扉を開けると、堂内へ入り、子猫にもみくちゃにされながらお乳を与え、潤んだ目で鬼子母神さまを見上げていた。鬼子母神さまに救っていただいた彼女は、そのまま住み着いて、避妊手術を受けた今では室内飼育の寺猫修行中。里親募集中の子猫と穏やかに過ごしている。(花)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07