ひとくち説法

2020年7月20日号

姫路の姫の話

 私の寺は姫路城のすぐ東にあります。この姫路城と法華経の縁は深いのです。徳川家康の時代に姫路城初代城主となった池田輝政の娘・茶々姫は、京都宮津の京極家に嫁ぎます。京極家、池田家は禅宗ですが、茶々姫は熱心な法華経の信者でした。身延山久遠寺の日蓮聖人の御廟所の隣に篤信者の墓として納められています。また、姫路城最後の城主酒井忠邦公の正室鏐子さまも熱心な法華経の信者でした。久遠寺御草庵の石垣・清兮寺などを寄進しています。明治になって日蓮宗と公認されて初代管長新居日薩上人とも深いご縁があり、廃仏毀釈を憂う各宗派合同会議に日蓮宗代表として参加した日薩僧正に同行して、会館の外で太鼓を叩きながらお題目を熱心にお唱えしたと伝えられています。酒井家の墓は谷中霊園にありますが、法華経の篤信者鏐子さまの墓地は日薩上人が当時住職をしていた東京文京区にある日蓮宗の蓮久寺に安置されています。
(兵庫県西部布教師会長・森勝亮)

illust-hitokuchi

2020年7月1日号

立正安国

 災害や疫病があると、日蓮聖人の当時と同じだと説かれ、「立正安国」を示します。では、
 立正とは?
 安国とは?
具体的な姿は、どのようなものなのでしょうか?
 日蓮聖人は『立正安国論』で、正しい信仰、振舞をしなければ、さまざまな争いが起こると示されました。実は、その争いは人間の振舞なので、人間が止めることができます。
 つまり「立正安国」とは、人間1人ひとりの振舞が問われているのです。災害の中の人災を減らす! ウイルスは人が運んでいる自覚を持つ! あなたの振舞が、多くの「いのち」を救うのです。
 混迷のときこそ原点回帰が大切です。そこで提案です。立正安国の姿を探すために『立正安国論』に接してみませんか?
 日蓮宗新聞社に、お電話して下されば、最適なテキストを紹介してくれますよ。
(和歌山県布教師会長・村田龍学)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07