日蓮宗新聞

2020年7月20日号

身延山久遠寺第747回開闢会

開闢会①山梨県総本山身延山久遠寺で第747回となる開闢会の御草庵法要が6月17日に営まれた。例年、同じ日に行われる賑やかなご入山行列は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となったが、同法要は少ない参列者のなか、粛然に開催された。
日蓮聖人(1222―82)は流罪地となった佐渡から鎌倉にお戻りになられた文永11年(1274)、幕府に対して3回目となる諫暁をされるも用いられなかったため、「三度国を諫めても用いられなければ山林に交われ」という故事に倣われ、身延山に隠棲された。以後、身延の地を気に入られ、晩年の9ヵ年を弟子の育成や信徒に寄り添われる生活をお過ごしになられた。「開闢」とは、信仰の地として山を開いたり、寺院を建立することの意味で、身延山久遠寺の始まりとなった出来事を記念して「開闢会」は開かれている。
身延山の緑深い御廟所域にある御草庵跡に雅楽の音が響き渡ると、僧侶が入堂。唱えられる妙法蓮華経とお題目、持田日勇総務が読み上げる『身延山御書』は、750年前と変わらない枝の擦れ合う音や川のせせらぎと混じり合い、静かに消えていった。最後に内野日総法主猊下はご回向を申し上げ日蓮聖人への報恩の誠を捧げられた。
3年後の令和5年に迎えるご入山から750年の節目を目途に身延山では「共生共栄運動」を開始しており、「輪番のアップグレード」や「法華信仰の根本道場としての確立」などを目指している。法要後、内野猊下はコロナ禍においての日蓮宗徒の心構えとして「お釈迦さま、法華経、お題目、日蓮聖人のおかげをいただいて生きている私たちは、今こそ信じぬかなければならないときであり、そして世界の人びととの共生共栄を目指し、力を合わせるときです」と述べられた。
また身延山久遠寺では緊急事態宣言下、解除後を想定して3密を防ぐ取り組みに集中してきた。内野猊下は「皆さまの身延山へ参拝を待っております」と笑顔で語られた。

illust-hitokuchi

熊本県芦北町實照寺の本堂倒壊

實照寺被害令和2年7月豪雨により、熊本県人吉市林鹿寺の檀信徒1人が犠牲となり、同県芦北町實照寺では裏山が崩れ、土石流によって本堂と稲荷堂の2棟が全壊した。塩田義道住職と寺族は無事だった。また同2ヵ寺の檀信徒宅のほとんどが浸水被害を受けるなど、九州各地を中心に檀信徒宅で被害があった。
實照寺の2棟全壊は、4日朝6時から塩田住職が朝勤を行っていたところ、雨の激しさに危険を感じたため、6時半過ぎに庫裡に避難した後、「ドン」という轟音とともに本堂が土石流で倒壊したという。豪雨はその後も続き、逃れた庫裡も床下浸水の被害を受けた。
水が引き出してすぐに、塩田住職は安否確認のため檀信徒宅を訪ね歩いたところ、檀信徒の人的被害は見つからなかったが、水害は町全体に及び、川沿いにある同寺の総代が経営する旅館は1階部分がほぼ冠水という無残な状態だったという。また、ほぼ全部の檀信徒の家屋が水浸しになっており、1階建ての住宅は居住不能となってしまい、避難所や親戚の家などに避難しているほか、2階建ての住居はなんとか2階で身をひそめている状況が今も続いていると檀信徒を心配した。(7月6日現在)
林鹿寺では、檀徒宅約80件が床上浸水の被害を受けた。同寺は無事だった。安永弁裕住職によると檀信徒には商店街の人が多いといい、全国ニュースで同市商店街の1階部分がすべて水で浸かる様子が映し出されていた。
また福岡県管区の2ヵ寺で土砂崩れ、1ヵ寺で床下浸水があったが、堂宇・庫裡に被害はなかった。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07