オピニオン

2020年6月20日

決断の指標は「生命の尊重」

 今年の1、2月頃より新型コロナウイルスの感染症が報道され、今日までのささやかな体験によって、従来の感染症とは異なる病気であることを知りました。たしかに、私たちはインフルエンザやノロウイルスの感染症については、日々の手洗いや、身の回りの清潔感が保たれることによって、ある程度は予防できることを学習してきたように思われます。
 長く大学に籍を置いた私は、教員の義務として、毎年健康診断を受け、とくに感染性の強い結核菌蔓延予防のためのレントゲン検診が重要な意味をもつことを経験してきました。
 けれども、第二次世界大戦後の生まれで、日本国内の生活しか経験のない私にとって、今回のコロナウイルスに対する予防をどのようにすべきか、テレビやラジオなどによる報道に注目しても、容易に理解できないというのが、現実でありました。
 ところで、今日も短期大学という教育機関に関わりをもっている私にとって、3月の卒業式という式典は、学生の皆さんだけでなく、保護者にとっても、晴れの式典でありました。さらに、2年間という短期間とはいえ、入学以来、クラス担当、ゼミナール担当という制度のもと、学生たちに微細なまでにゆきとどいた教育に当たられている先生方にとって、晴れの式典は、教育者としての自己完結の儀式としての意味をもっていることがうかがえたのです。
 しかし、今回蔓延しているウイルスは、人と人との直接的関係性をもつことによって、感染が拡大化するというものであります。
 私たちが集合する聖なる空間は、外部の日常性を遮断するために荘厳化され、機密性が保たれています。そのために開放的な側面よりも、閉鎖的な側面をもっていることが知られます。つまり、寺院の本堂や学校の講堂などは、密閉空間ということに意味をもつのです。
 すなわち、その空間に御本尊が安置されている聖なる場であったとしても、密閉された空間であり、多くの人びとを招き入れて儀式を執行することに意味を有しているのです。
 そして、1年に1度の卒業式という式典は、学校にとっての名誉ある来賓をお迎えし、卒業生、在校生、そしてご父母、教職員が一堂に会する密集を意味しています。
 さらに、晴れの儀式は、全身で喜びを表現し、手をとり、抱き合ってその歓喜を表現する場にほかなりません。
 これまで、晴れの儀式に参加してきた私にとって、一生に1度しかない卒業式という式典を、挙行すべきか、否かの決断がせまられたのです。凡人の私にとって、あまりにも、その荷が重いことを感じたのです。
 しかし、その決断の指標となったのが、大学の建学の精神である「生命の尊重」でありました。さらに日蓮聖人がお示し下さっている、私たちの生命は、三千大千世界の重宝にもすぐれていることでありました。
 1つの決断に対して、いくつもの意見が想起されます。その中にあって、責任ある人の不可欠な態度は、いかなる批判にも耐える精神であり、自己の生命に替えても守るべきものがあることの尊さを認識することである、ということを知ったのです。
 鎌倉時代の日蓮聖人が飢饉や疫病の国難、さらに外国から攻められるという危機の時代にどのように生命をまっとうされたのかを考えるとき、凡人としての自己の生き方に大灯明があることをあらためて知ることができたのです。
(論説委員・北川前肇)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07