オピニオン

2020年5月20日

慈(父性)と悲(母性)

 昔、怖いものの代表は「地震・雷・火事・親父」だった。現代は「交通事故・地震・火事・感染症・ガン・雷・病気・核」だという。交通事故や感染症やガン・核が加わったことに時代性を感じる。今なら新型ウィルスも入るのでは▼ところで地震・雷・火事が健在なのに親父はというと、なんとランク外に転落。替わりに「妻」が17位、特に30代男性では6位だという。「優しいパパ」に「怖いママ」という現代の家族像が分かる▼ところで仏教では、抱きしめる優しい愛を悲=母性といい、突き放す厳しい愛を慈=父性と呼ぶ。子どもは慈と悲の2つの愛に包まれて、優しく逞しく育つという。父性や母性とは単なる父親や母親のことではない。2つの違った愛情のことだ。そういえば最近の男児に逞しさや進取の気が少なくなってきたのは、怖いものが妻や母に移り、家庭の父性が希薄になってきたからか▼父性の欠如は家庭や教育界だけでなく、社会全体に見られる現象だ。「優しさ」という名の「甘え」をベースに「自己中」が蔓延し、父性が嫌われる母性社会。それが現代日本だ▼この世は縁で結ばれ、人は支え合って生きている。私たちが願う「常寂光の世界」とは、この縁の世を、優しさと厳しさの「慈悲」という血液で結ぶ世界なのでは。家庭や社会の、そして何よりも私たち自身の父性を取り戻さなくては、と思う(義)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07