オピニオン

2020年5月1日

ハグより合掌

 台風被害の時、電気や水道などが止まり、日常生活に破綻を来したことがある。精神的にも肉体的にも辛いものだった。今回のコロナ禍では、ライフラインは正常であるが、精神的圧迫を受ける毎日となった。目に見えないウイルスが相手である。その影響で、春彼岸会が中止や無参列になったお寺も多いと聞く。宗教者は祈ることしかできないのか?▼日蓮聖人は天変地異、飢饉疫病などのひろがりを、信仰のあり方と深く関わらせながら解釈している。しかし、現代においてはどうなのか? 苦悶している時、ヒントをくれた人がいた。102歳の檀家さんだ▼「来年まで命があるかどうかわからん。ご先祖さまの供養だけはさせてくれまいか」。彼女の彼岸会参列を必死で断った。法要後、付け届けをしてくれた人には直接に、そうでない人には郵送したものがある。かつてインフルエンザを「流感(流行性感冒)と呼ばれた時の御札「感冒除守」を表に、裏にマスクを添えて「精神世界の感冒除守と、現実世界のマスクで、表裏一体となってお寺は皆さまの安穏を祈ります」とメッセージ付きで配った▼102歳のお宅に持参すると「お寺さんは祈ってくれたらそれで良い。形があって、もっと良い」と拝んでくれた。「コロナの時はハグより合掌だよ。直接触れずとも、心でつながればね」と拝み返した。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07