オピニオン

2020年3月20日

新型コロナ、見えない 脅威に立ち向かう

新型コロナウイルスにより世界中で出入国の制限が始まった。日本でも中国・韓国の発効済みビザを無効とし、イタリア、イランなど諸外国からの入国制限を強化した。不要不急の外出自粛が叫ばれ、各種テーマパークは臨時休園、大規模イベントの延期や中止が続いている。多くの公的催しが延期や中止され、公立小中学校の大半が春休みまで継続して休校となった。大相撲春場所は無観客での開催、春のセンバツ高校野球は史上初めて中止となった。
政府の専門家会議は「爆発的感染拡大には進んでいない」と発表(3月9日)、感染拡大防止の具体策として「①クラスター(感染者集団)の早期発見と対応 ②イベントの自粛や学校の休校を継続 ③重症者の集中治療体制の早期確立 ④密閉空間での換気・密集を避ける・近距離会話の回避」などを提示、翌10日には、新型コロナウイルスでの「緊急事態宣言」を可能にする法案を閣議決定し、13日の成立後、14日に施行された。
その最中、イタリア北部ミラノのアレッサンドロ・ヴォルタ高校のドメニコ・スキラーチェ校長によるメッセージが注目された。新型コロナウイルスで休校中の生徒へ文豪マンゾーニの『いいなづけ』の一節を引用したものだ。この本は17世紀イタリアでペストが流行した時、外国人を危険だと思い込んだり、感染源は誰だと捜索したり、根拠のない噂話や無意味な治療法の横行、必需品を買い占める人たちの様子を描写している。
スキラーチェ校長は言う「…私は専門家でないので強制的な休校という当局の判断は評価できない。ただ、この判断を尊重しその指示を子細に観察しよう…生徒諸君、冷静さを保ち、集団パニックに巻き込まれないよう予防策を講じつつ、いつもの生活を続けよう。せっかくの休みには散歩や良質な本を読もう。体調に問題ないなら家に閉じこもる理由はありません…人びとが不安になっている時、話を聞いただけでも見た気になってしまう。今も昔も感染拡大のスピードを止める壁は存在しません。私たちには見えない敵から脅威を感じた時、仲間さえ侵略者と見なしてしまう危険があります。集団の妄想に惑わされず、冷静に判断し、予防を十分して、いつもの生活をしてください…では近いうちに学校で皆さんをまってます」(各報道から)
注目するのは「社会生活や人間関係を汚染する人たちこそ、新型コロナウイルスがもたらす最大の脅威」という指摘だ。日本でも連日ウイルス感染が広まる中、マスクが通常価格の数十倍でネット販売され、転売禁止が法整備された。「花こう岩が効く」「26~27度で死滅」「納豆や漢方薬が効く」「トイレットペーパー・ティッシュが品薄」など真偽不明の情報やデマが横行している。見えないウイルスの脅威を感じると「仲間さえ侵略者として脅威に感じる危険がある」の指摘通りだ。だとすれば、ウイルスそのものより、人間同士が敵になりかねない。今も昔も変わらぬ世相だと痛感する。
彼岸会を迎えた。迷いの此岸から悟りの彼岸を目指す六波羅蜜の修行期間だ。お題目の精神で世の中の平和のために、不足している物資を提供したり、共感の心を持とう(布施波羅蜜)、不要な外出はできるだけ控えよう(持戒波羅蜜)、みんなで我慢する心を持とう(忍辱波羅蜜)、平和への願いを貫こう(精進波羅蜜)、焦らず平常心を保とう(禅定波羅蜜)、集団的妄想や扇動的デマを見極める見識を持とう(智慧波羅蜜)。お題目信仰を背景とした六波羅蜜の実践が、安穏な社会づくり・人づくりの一助となることを願っている。(論説委員・奥田正叡)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07