全国の通信記事

2020年2月24日

千葉西 市原市・行光寺開創五百年記念慶讃法要

千西200306 (1)【千葉西】市原市・行光寺(出口幸祥住職)では、二月二十四日(月)に「宗祖降誕八百年 行光寺開創五百年記念慶讃法要」が執り行われ、檀信徒・僧侶合わせて百名が参列した。
ここ二年の間、行光寺では、本堂什物修復、二之門の新築、歴代廟整備、境内整備と続き、この慶讃法要に合わせて、山門が新築された。
午前十時より、去る二月十日、大荒行堂第五行成満、伝師相承の印可を授与された木村順誠師(木更津市・成就寺住職)を修法導師に修法師七名が出仕し、山門落慶法要が執り行われた。
落慶法要後、山門より本堂へ移動する際には、茂原市「和太鼓 昇鼓團」の演奏が披露され、響きわたる力強い太鼓の音に大きな歓声が上がった。
十一時より本堂にて、出口住職を導師、畠山義浄師(茂原市・實相寺住職)を修法導師に国祷会が執り行われた。式中、慶讃事業の施工を担った、市原市・宮崎住建(棟梁 宮崎英夫氏)はじめ、六社に出口住職より感謝状が贈られた。
「総代・護持会役員、檀信徒の皆様の心温まるご協力を頂き、本日を迎えることが出来ました。これからも一新した行光寺で、一生懸命丹精して参りたいと思います。頑張って参りますので今後とも何卒よろしくお願い致します。」と出口住職より謝辞が述べられ、法要を閉式した。閉式後、歴代廟を参拝し、歴代先師に無事慶讃法要が成された事が報告され、報恩閣にて祝宴が開かれた。
祝宴に先立ち、鴇田房暉(ときたふさあき)筆頭総代より「本日は皆さん誠にありがとうございました。特に宮崎住建さんは夜遅くまで作業をして頂きました。ありがとうございました。
本日、住職より感謝状が贈呈されましたが、私は住職に感謝状をお出ししたい。」と挨拶し、大きな拍手がおこった。大野政吉(おおのまさよし)護持会会長の乾杯の発声により祝宴がはじまり、三味線奏者の演奏が流れる中、皆行光寺の歩みを振り返りながら、笑顔で祝杯を挙げた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07