鬼面仏心

2020年1月20日号

我慢・偏執の心

 希望と期待で迎えた令和元年。しかし振り返れば、実に多くの災害に見舞われた1年だった。被災された人たちの悲しい映像を見るにつけ、天災の前で人間はいかに無力かを痛感させられる。それだけに、令和2年は天下静謐にと祈らずにはいられない▼またこの1年、夫婦親子といった親族、同じ地域や職場の親しい人の間のいさかいや犯罪。加えてあおり運転や通り魔のような犯罪がとても多くなった気がする。天災は無理としても、そんな人による災い、つまり人災はなくしたい▼日蓮聖人は「仏になる道には、我慢・偏執の心なく南無妙法蓮華経と唱えたてまつるべきもの」と『法華初心成仏鈔』に述べている。「仏になる道」はお題目を唱える「唱題」だ。しかし聖人はその「唱題」に「我慢・偏執の心なく」という条件を付けられた。「我慢」とは7つの慢心の1つで、貪り・怒り・愚かに続く4つの根本煩悩の1つ。今風にいうと〝自己チュウ〟な心だ。「偏執」とは偏った執着心。自分の意見や考えに固執し、他を顧みない心だ▼現代は、世界中が我慢と偏執に覆われているように思えてならない。人と人はもちろん、国と国も、それぞれの我慢と偏執で対立し傷つけあうという、実に貧しい心の時代だ。AIや科学の進歩に惑わされず、我慢・偏執の心に気を付け「仏になる道」をしっかりと歩んでほしい。(義)

illust-kishin

2020年1月10日号

新年の鏡餅

 新年の鏡餅。銅鏡をかたどった丸いお餅に、神さまの魂が宿るという。我が家では、昨年末も家族総出で餅つきをして、本堂の仏さまやお祖師さま、諸天善神はもちろんのこと、仏壇や床の間、井戸や台所、自動車や除雪機があるガレージなど、神さまがいらっしゃる所・守っていただきたい場所へ、大小たくさんの鏡餅をお供えした▼つきたてフカフカの真っ白い餅を手際よくちぎる母。それを張り切って丸め始めた私。でも、なかなかまん丸にはならず、どこかイビツ。「なんとか丸いお餅を作らせて下さい。まん丸になって下さい」と、仏さまとお餅にお願いし、拝む気持ちで黙々と丸め続けた。やがて、気づけば「南無妙法蓮華経…南無妙法蓮華経…」と声に出していた▼半日かかって、何10個も丸めたが、ぽってりと上手にまん丸にできたのは、最後の大小1個ずつだけだった。だが、その様子を眺めていた父が「形は少々イビツでも、お題目でこしらえた有難い鏡餅だ。功徳がいっぱい詰まっているよ」。思いがけない言葉に、救われた心地がしたと同時にお餅に魂が宿ったのを感じ、胸が熱くなった▼さて、家族で拝んで回った鏡餅。そろそろ、お雑煮やお汁粉・おかきにして、ご利益をいただこうかな。仏さま、お祖師さま、諸天善神さま。今年もみんなが幸せでありますように、どうか見守りお導き下さい。南無妙法蓮華経。(花)

illust-kishin

2020年1月1日号

かかりつけの坊さん

 十二支で表すと、今年は子年である。「子」という字を解字すると「了」+「一」となり、物事の終わりの了と、始まりの一という2つの意味を持ち合わせる。今回は終わりと始まりの話をしたい▼新年から恐縮ではあるが、人生の終わり「枕経」の話である。悲しみに直面している遺族の中に僧侶が入っていくと、それまで固まっていた事態が、急に動き出す感覚を何度か経験している▼40代のご主人を癌で亡くし、1年経たないうちに息子を事故で失った檀家さんの話である。枕経は遺族は元より親族からも泣き声すら出ない悲しみの中の極限の放心状態で、僧侶と葬儀社、近所で葬儀の流れを作った。七日経はもちろん、近くを通る時には立ち寄り話をした。49日の法事の後、「かかりつけの坊さんがいてもいいなぁ」という遺族の言葉が胸に響いた。実は別の檀家で「婆ちゃんは安心して逝きました。かかりつけのお医者さんのお蔭で…」という言葉を聞いていたからだ。かかりつけの医師で「ホームドクター」という制度があるならば、かかりつけの僧侶で「ホーム坊さん」制度があっていい▼日蓮宗は守護神信仰の系譜を持つ。檀家以外の信徒も抱えている。個人の研修だけでなく宗門の制度として整備してはどうか。日蓮聖人には「蘇生の御曼荼羅」がある。終わりから始まるものを、大切にされたに違いないと考えたからである。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07