オピニオン

2020年1月20日

痛みがないことはいいことなのか

 私たちの住むこの社会は、できるだけ痛みを遠ざけようとしている社会である。
 身体的な痛みについては鎮痛薬が開発され、歯の痛み、関節の痛み、腰痛、頭痛、どのような痛みに対しても飲み薬や湿布、注射などでかなりの部分対応が可能になっている。手術や痛みを伴う検査も、麻酔薬などで痛みを感じることなく済ませることができる。無痛分娩も一般に普及している。がんによる痛みに対しても、副作用や薬剤依存への対策を考慮した上で、モルヒネなどの経口薬や貼り薬による対処法が進歩している。
 心の痛みに対しても、精神的な苦痛を和らげる薬剤が開発されたり、カウンセリングや精神療法などで対応する方法が進歩してきている。
 現代社会ではさらに一歩進めて、痛みが出てから対応するのではなく、痛みが出る前に痛みが出ないようにあらかじめ予防する技術が進んでいる。予防接種などがそれである。
 感染症にかかって苦しまないように予防する、がんや心臓病や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病になって苦しまないように予防すると言えば、健康長寿は誰でも望むことであり、問題があると思う人はいないだろう。
 私自身も、自分の痛みはできるだけ取り除きたいし、苦しみを味わうことのない生活をしたい思う。周囲の人たちに対しても痛みや苦しみを取り除くべく努力を傾けている。
 それでは、痛みを経験することのない、物質的、精神的な苦しみのない、心も体も快適な社会が本当に私たちが願うべき社会なのだろうかと考えると、そこに留まっていてはいけないのではないかと思う。表層的な痛みや苦しみを取り除いて満足することでよしとしていたのでは真の幸福には程遠いのではないかと思うが、往々にして私たちはそこで満足しがちである。
 森岡正博氏は「苦しみを遠ざける仕組みが張り巡らされ、快に満ち溢れた」現代社会を「無痛社会」と名付け、その根底にある人間の欲望を見つめなおす必要があることを指摘している。
 「欲望から憂いが生じ、欲望から恐れが生じる。欲望を離れたならば、憂いは存在しない。どうして恐れることがあろうか」(ダンマパダ)
 痛みを取り除き、飢えを遠ざけ、できるならばおいしいものを食べ、寒さや暑さや災害でつらい思いをすることなく快適な生活をしたい。病気をすることなく、健康で長寿を満喫したい、といった欲望は、追及すると際限がないことを私たちはよく知っている。その欲望そのものに対する自省がないところに、真の幸福は訪れない。
 痛みや苦しみの内容には、身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛、霊的苦痛があると言われているが、身体的苦痛、精神的苦痛については前述のように対処法がずいぶん進歩してきたと言ってよいし、社会的苦痛に対してもさまざまな対処が可能であろう。しかし、最後の霊的苦痛の除去に至らなければ真の幸福は得られない。
 苦しみを経験し、その原因を探り、その原因に思い至ったならば、それを取り除く道を歩むことによって初めて苦しみを乗り越えることができる。その苦しみを乗り越える道こそが仏の教えであると釈尊は教えている。お題目こそがその道であると日蓮聖人は教えてくれている。
 表面的な痛みが取り除かれることで満足している社会に警鐘を鳴らすべき役割を私たちは担っているのだという自覚が問われている。決して「痛みがないことはいいこと」ではない。
(論説委員・柴田寛彦)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07