オピニオン

2020年1月10日

新年の鏡餅

 新年の鏡餅。銅鏡をかたどった丸いお餅に、神さまの魂が宿るという。我が家では、昨年末も家族総出で餅つきをして、本堂の仏さまやお祖師さま、諸天善神はもちろんのこと、仏壇や床の間、井戸や台所、自動車や除雪機があるガレージなど、神さまがいらっしゃる所・守っていただきたい場所へ、大小たくさんの鏡餅をお供えした▼つきたてフカフカの真っ白い餅を手際よくちぎる母。それを張り切って丸め始めた私。でも、なかなかまん丸にはならず、どこかイビツ。「なんとか丸いお餅を作らせて下さい。まん丸になって下さい」と、仏さまとお餅にお願いし、拝む気持ちで黙々と丸め続けた。やがて、気づけば「南無妙法蓮華経…南無妙法蓮華経…」と声に出していた▼半日かかって、何10個も丸めたが、ぽってりと上手にまん丸にできたのは、最後の大小1個ずつだけだった。だが、その様子を眺めていた父が「形は少々イビツでも、お題目でこしらえた有難い鏡餅だ。功徳がいっぱい詰まっているよ」。思いがけない言葉に、救われた心地がしたと同時にお餅に魂が宿ったのを感じ、胸が熱くなった▼さて、家族で拝んで回った鏡餅。そろそろ、お雑煮やお汁粉・おかきにして、ご利益をいただこうかな。仏さま、お祖師さま、諸天善神さま。今年もみんなが幸せでありますように、どうか見守りお導き下さい。南無妙法蓮華経。(花)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07