日蓮宗新聞

2019年11月20日号

日蓮宗加行所始まる

加行所千葉県市川市大本山中山法華経寺に日蓮宗加行所(新井日湛貫首=伝主・吉澤順将伝師)が11月1日に開設され、入行会が営まれた。秘法である修法を相伝するため、僧侶120人が厳しい修行に自ら身を投じた。
入行会前、境内にはしばしの別れを決意する修行僧と無事を祈る寺族・檀信徒の姿があった。三回目の修行に臨む髙橋法靖師(栃木県妙光寺)は、数日前まで台風19号での河川の氾濫による地元被害の復旧に追われていたという。「入行中、犠牲となった方への供養もしたい」と話した。また再行僧を見送りに来たある総代は「厳しい修行の大変さを、今日、来られなかった檀信徒にもしっかりと伝えたい」と述べ、僧侶檀信徒それぞれの役割を胸に秘めていた。
入行会では修行僧全員での迫力ある読経、そして初となる伝師部と再行以上の僧侶約80人がご宝前修法を行うとともに、改定された「行堂清規」額が開眼された。
中川法政宗務総長は修行僧に向けて「覚悟なき祈りのなかに覚醒はない」と断言し、「お題目・法華経を唱えきり、自らが仏に近づき、人を仏の道へと導いて救うという強い覚悟の先に、生まれかわった自分がいる。みなさんの法華経の行者たらんとする信念が日蓮宗や全仏教徒、全世界を救うエネルギーとなる」と激励。吉澤伝師は「新しくなった行堂清規のもと、三宝給仕、読経三昧に精進し、自覚と誇りをもって成満となる来年2月10日を迎えることを」と訓辞を述べた。
入行会後、修行僧の行列が行われ、多くの檀信徒や家族が見守るなか、百日間、わずかな食事と睡眠で読経・水行三昧を行う厳しい修行の場との結界である「瑞門」をくぐっていった。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07