オピニオン

2019年11月10日

「奇跡のリンゴ」

あまたの病害虫と戦うリンゴ栽培で、絶対不可能と言われてきた自然栽培。だが、木村秋則さんは農薬どころか有機肥料も一切使わない▼家族の健康被害から無農薬に舵を切ったというが、無残にも木は病害虫に負け枯れてゆき、何年も無収穫(無収入)。周囲からの誹謗中傷。万策尽き、死んでお詫びをと山に分け入った。しかし、そこにこそ答えがあった。朽ちた落ち葉や枯れ枝を微生物が分解して土を作る自然界。小さな命それぞれが密に活動していた。本来、無意味な命、邪魔な命などなく、あらゆる命は互いに生かされて生きている▼木村さんは畑の下草刈りをやめた。すると、土中が適温になり、バクテリアや草根に菌類が集って養分を蓄えた。木はそこに根を巡らせ元気になってゆき、虫喰い葉・病葉もリンゴ自身が落として防御。葉ダニがいても、それを食べるダニもいて、更にそれを食べる虫、虫を食べるカエル、イタチやウサギも…。自然の絶妙なバランスが築かれるまで試行錯誤の11年。無数の命が調和して実らすリンゴは腐らなかった▼木村さんは言う「人間も一生物に過ぎません。木も動物も花も虫たちも皆兄弟です。互いに生き物として自然の中で共生している。人間はもっと謙虚であるべきだと思います」▼今年も真っ赤なリンゴをいただいた。仏さまにお供えせずにはいられない、心から手を合わせた。(花)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07