鬼面仏心

2019年10月10日号

■においの効力

 浜松医科大が、生まれたばかりの赤ちゃんの頭のにおいは「甘いミルクのよう」で、ストレスの軽減や虐待防止の心理的効果もあると発表した。これが製品化され全国に広まることを期待したい▼先日、NHKのテレビ番組で、仏さまはいつでも救いの発信準備をしている。お寺は改めて仏さまを求めるポイントとして機能すべきであると言っていた▼寺の働きを「動」と「静」に分けてみた。人口の多い都市ではお寺でコンサートや寺フェスなどを行って、今までお寺に来たことのない人が集まってきている(動的働き)。では人口の少ない街ではどうしたらよいのであろうか▼最近とみに墓仕舞い、散骨、手元供養などお骨を弔う方法に多様性が出てきた。諸事情もあろうがお墓が遠い。子どもに迷惑をかけたくないなどが理由のようだ。が、年に1回でもいいからお墓参りをする、自分のルーツはここにあると確認することがどれだけ自分の精神的支えになるか判らない。精神の病んでいる人もお墓参りで、症状が軽くなるという。寺の役割の1つといえる(静的働き)。その発信の仕方が求められる▼お盆にお墓で読経が済み合掌して挨拶した時、若い施主が合掌して頭を下げてくれた。今どきの若い者はといつの時代も言われるが、そんなことはない。親、先祖の墓参りということがそうさせたのだろうか。互いに拝みあうことはどんな人の心も開く力がある。合掌のにおいが全国に広がることを願うばかりである。(汲)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07